パスワードを忘れた? アカウント作成
9912115 submission
マイクロソフト

山形県、オープンソースからMicrosoftに逆移行

タレコミ by maruto!
maruto! 曰く、
先日徳島県庁、OpenOfficeからLibreOfficeに移行。一太郎やExcelからも決別へというタレコミがあったばかりだが、今度はそれに逆行する事例が現れた。

日本マイクロソフト株式会社は9月4日、山形県が、2014年度中にMicrosoft Officeを全庁へ導入すると発表した。
プレスリリースITmedia、クラウドWatch

山形県では2002年に、職員1人1台のPCを導入した際、Windows XPとOffice XPを採用していたが、2011年のOffice XPのサポート終了を契機にOpenOffice.orgに全面移行、Microsoft Officeの使用を一部共用端末に止める運用に切り替えていた。

ところが、2年近い運用の中で民間や国、ほかの自治体などから送付されるMicrosoft OfficeのファイルをOpenOffice.orgで見る際に、書式やレイアウトなどが崩れる事象が頻発。Microsoft Officeの入った共用PCの利用率が急増するという問題が発生していた。

そこで山形県は2012年にMicrosoft Officeの導入を再検討。結果、

(1)Microsoft Office 2007以降では、PDFやxml、OpenDocumentなどの形式でファイルを保存することが可能になり、永続的な活用に向けて進化していること。
(2)オープンソースのコミュニティを母体とした開発と異なり、マイクロソフトの製品・サービスは、数年単位で開発のロードマップが提示されていること。
(3)メジャーバージョンアップだけでなく、サービスパックの配布を通じてサポートが受けられること。

という再評価がなされたため、結果2014年度中の再導入が決定した。

なお山形県では、クライアントOSのアップグレードも並行して進行しており、2013年中には、県庁職員ならびに高校教員が使用するPCのOSがWindows 7に移行する予定。

情報元へのリンク
この議論は、 ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...