パスワードを忘れた? アカウント作成

Tellur52さんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 スラドのRSSを取り込んでみよう。

13263377 journal
日記

Tellur52の日記: Neonのバッドノウハウ

日記 by Tellur52

EclipseのNeonをインストーラで入れると、
ユーザーのホームディレクトリに.p2というディレクトリを勝手に掘る。

Windows環境でしょーもない理由によりこのディレクトリを別の場所に引っ越したい、
と作業しようとしたら、すごく変なことになった。

まず、eclipse.iniの -vmargs以降に、-Duser.home=なんちゃら、と指定して、
#あああ、これってマルチユーザーで使えなくなるダメな対処だけど、まあいいか

eclipse.iniの中の別の行に、.p2の元のパスが「絶対パス」で入っているところを直して、
configuration/config.ini に.p2の元のパスが「絶対パス」で入っているところを直して、
artifacts.xmlは何だかあちこちのディレクトリにあるみたいだけど、めんどくさいから放置して、
bundles.infoを探したらconfigurationの奥の方にあったけど、エディタで開いて、
各行に.p2の元のパスが「絶対パス」で入っているのをまとめて置換して。。。

なんかねえ、equinox作った人、リロケータブルな設定ファイルになるように
設計してない時点で、センス悪そうとか、
インストーラ作ったやつ馬鹿だろうとか、
色々言いたいけど、どっから何処宛に突っ込んだらいいのかよーわからんから、
動けば正義ということで、ダメな対処方法のメモだけ残す。

13249277 journal
日記

Tellur52の日記: 西之島目覚める

日記 by Tellur52

噴火して溶岩も流しているそうで。
各社の写真を見比べてみると、産経の記事のが、
溶岩の方向を良く捉えています。

・・・あああ、危うし旧島!

13233110 journal
日記

Tellur52の日記: ひるね姫

日記 by Tellur52

舞台は児島・坂出ルートの児島(現在は倉敷市らしい)あたりとのこと。

まあ、一種のファンタジーで、夢の中の出来事のせいでより一層ファンタジーに
見えてしまうけど、荒唐無稽な夢があんな風に生成されて、おっとネタバレ。

父親が広範な技術力を持ったエンジニアというのがかっこいいですね。
途中、あれ、これってスーパーマリオねた?とか思ったのは内緒。

自分探しの要素もある爽やかな小品という感じでした。

13229366 journal
日記

Tellur52の日記: 頭がおかしくなる詩集、あるいはトートロジー

日記 by Tellur52

講談社から出版されてしまった、例のあたりまえポエム(ISBN-13: 978-4062205375)。
そこそこ写真とか綺麗なのに、書いてあるのはトートロジーばかりなので、
世の中の恋に恋する方々が、この本から一歩ずれた書物に心をときめかせる、
とか考えると、結構頭がくらくら来ます。

まあ、同値関係を探すのは科学の重要な根幹の一つをなすところから考えても、
かような詩作に至るプロセスは、やや侮れない所がありますが、
結果がすべてナンセンスか重言というのが、まあ何というか。

誰でも、ページを開けばどこかのページでお茶を噴くのではないかと。

#初めて買った詩集ではなかった、だいぶ前に神曲を買ってた。ちょっと救われた。

13227993 journal
日記

Tellur52の日記: United Airlinesは「強盗航空」に改名すれば?

日記 by Tellur52

まあ、特定の客を指名して脅迫して、
空港の保安員を騙して、
客から携帯や手荷物を取り上げて、
通路を引きずって機外に放り出す
(しかもチケット代として金も奪ってる)って、
どうみても「追剥ぎ」ですよねー。

いやー怖いわー、コードシェアでも乗りたくないわー。

13213048 journal
日記

Tellur52の日記: 「春山登山講習会」

日記 by Tellur52

普通、春山と言ったら、所々雪渓が残るけど雪のないところも多い感じなんだろうと、
思う所ですが、がっつり雪まみれのスキー場の上からさらに山奥を、
「春山」と偽って称した所から、色々齟齬が生じて、
冬山としてすべき準備がごっそり抜けてしまったのではないかなーと。

プログラミングにしても自然に向き合うにしても、
人間のやることですから、「名前付け」は非常に大事だと思うのです。

・・・

ややずれますが、「青い山脈」で歌われる情景まで行って、
ようやく春山と言えるのかなと思いました。

13191340 journal
日記

Tellur52の日記: Unicode 10にようやく変体仮名が入るか

日記 by Tellur52

とうとう、「Unicode 10、変体仮名と縦書きレイアウト導入へ」なんだそうだ。
変体仮名は普段は蕎麦屋の看板などでしかお目にかからないが、
江戸時代までは草子なども変体仮名で書かれて出版されるのが当たり前だったので、
文字コードとして電子化されやすくなるかと。
(もっとも、怪奇小説の割合が高かったりしてね)

縦書きレイアウト導入(UAX #50)の方は、各文字に縦書き時にグリフをどう変えるか(回転しないか、右90度回転するか、別のグリフに差し替えるか(フォールバックあり))の属性をつけるということらしい。

13177489 journal
日記

Tellur52の日記: 愛の戦士たち

日記 by Tellur52

荒野の死神の行列でもなく、霓男でもなく、ヤマトの2202な方の一話。

・夕凪の艦長、絶対に「首おいてけ」と呟きながら狩りをしてた。
・今度の敵の宇宙の病原体感がすさまじい。
・事あるごとに、記憶が無いことを強調するのも、場合によりけり。
・週刊エセックス級のノリで、やばい砲を積んだ艦を量産してる…

13176900 journal
日記

Tellur52の日記: とよす

日記 by Tellur52

まあ、例の会見は何かの興行みたいなものだから、置いといて。

豊洲の問題は、地下水汚染にかかるリスクについて、
適切に分析して対策をとり、それを記録として適切に残したかどうか。
プロセスがまともなら、誰もが合理的にそのリスク判断を評価できるけど、
現状だと黒塗りの資料しかないから、なんともねえ。

地下水が動くと残存した汚染物質が攪拌されて出てくるとして、
気になるのは以下の点。
・建物の地下のピットの床面の高さは、満潮時の海水面に比べて、
 適切な高さを確保したか。
 …ピットが常時有効な対策となるには、床面と隔離するための
  層が乾燥していることが大事だと考えられるけど、
  あのびちゃびちゃな池は何故にそうなったのか。
・揮発のリスクがある、ベンゼン類、シアン、水銀などについて、
 現状の地下水での濃度が基準を超えた地点とその周囲で、
 地表付近(特に室内)での大気の濃度はどうなるか。(現状と将来の予測)
 …芳香族はたとえ人体に影響がないレベルであっても、
  匂えば市場としての利用価値を毀損することを考えないと。
 …シアンは、地下水が弱アルカリ性~強アルカリ性なら揮発しないだろう。
 …水銀は、本来盛り土やピットが適切に設計されているなら、
  地下水からの影響を遮断できるはずだけど?
・地下水中の濃度を下げる技術的な手段があるかどうか?
 …継続的に地下水を浄化すれば、環境基準以下の状態を維持できるか。
  すでに建物はあるけど、対策の効果が不明だとしたらみんな困るよね。
  本来は、建物運用開始後も継続する地下水の浄化対策を
  「すでに実施中で効果も測定できている」状況にしてないといけない。

まあ、現時点でリスク管理観点の評価をしようがないことから、
豊洲を市場として使用するのに確信をもって是とする訳には行かないかな。

typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...