パスワードを忘れた? アカウント作成

Tellur52さんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

13495485 journal
日記

Tellur52の日記: 映画「カンフー・ヨガ」

日記 by Tellur52

手間のかかったバカ映画だけど、楽しいので正月映画としては良し。

秘宝の鍵となる、インドのとある王朝の行方不明になった軍隊が運んでいた
宝石飾りをめぐって、亡国の王子の末裔との争奪戦で、
崑崙山脈からドバイ、さらにインド某所へとどったんばったんの騒ぎが続く。
クライマックスがカンフーてんこもりで、なぜか締めはインドの集団ダンス。
あれ、騒動のしがらみがダンスでうやむやになったような。

この映画、映像は非常に綺麗で、崑崙山脈上部の氷雪地帯の美しくも
寒そうな景色(実はアイスランドらしい)や、インドの壮麗な寺院群、
豪華なドバイの風景、マハラジャの豪邸とおぼしき室内や、
現代建築的な中国の大学の風景などなど、
今のアジアの力をばかすか詰め込んできている。
遺跡を探す探検物なので、インディー・ジョーンズシリーズや、
トゥームレイダーシリーズでありそうなネタのギャグもちらほら。

序盤に出てきた、兵馬俑などの遺物に特殊な溶液を撒布して、
二次元に光学スキャン・分光分析して、古代の顔料の分布を計測する
技術なんて、顔料の痕跡がそれ以上消えないのなら、考古学者が夢見る
技術だろう。

それはさておき、途中でてきたライオンとハイエナはかわいかった。

13493528 journal
日記

Tellur52の日記: 最近読んだラノベ?

日記 by Tellur52

今回は、文庫化しているのから印象に残っているのを。
■無敵の殿様―天下御免の小大名 (上級者向け★★☆☆☆)
ISBN: 978-4774729961
ええと、時代劇です。時代物は江戸期を中心として、ファンタジー系ラノベとは
比べ物にならない位出版され、団塊の世代以上が夢中になっているらしい
世界なんで、まああまり手をだしていないのですが、
いい加減ネタ切れでおかしな方に進んでいるのではと期待しつつ、
偶然手に取ったのがこれです。
サブタイトルに小大名とありますが、主人公はよりにもよって、
武家ではあるものの幕藩体制から一歩ずれたところにいる、
喜連川藩の御隠居。さらにずれた行動をして、全体的にぐでぐでな
感じで話が転がっていくのが、上級者向けですな。

■皇女の騎士 壊れた世界と姫君の楽園 (中級者向け★★★☆☆)
ISBN: 978-4-04-734903-2
普通に落ち武者が素性不明の少女と出会ってという話で、
ファンタジー系で良くある話だったはず。
読後、果たしてこれはファンタジーだったのだろうか?
と首をかしげてしまう話。
おかしいなあ、ただなりゆきで宿屋を始めて、
旅館経営ものに行くはずじゃなかったの?あれれ?

13493522 journal
日記

Tellur52の日記: あけましておめでとうございます。

日記 by Tellur52

今年もよろしくお願いします。

月並みな挨拶はともかく、年末の紅白は実にぐだぐだだったなあ。
やっぱり、腕のある芸能人を拾ったり育てたりするのを疎かにして、
胡散臭い歌手のようなものばっかりちやほやして、数十年経つと、
歌番組も腐り果ててしまって。

でも、祝祭と言う意味ではPerfumeだけすごかった。
渋谷の街を囲んでライトアップして、セロリ塔の上で四畳半ダンスを
やりやがったんだから、大きさではラスボス幸子を超えている。

13491995 journal
日記

Tellur52の日記: 中世ってなんぞや

日記 by Tellur52

ラノベで出てくる「中世のような世界」ほど、コンセンサスを得るのが難しい
概念もない。

・中世の定義は地域によってぶれる
 ・日本だと室町時代のどの辺が中世の終わりなのか?
 ・イタリアの中世はルネサンス期に終わってるようだが、他の欧州の地域では?
・中世らしい意匠の定義も曖昧
 ・欧州風の建物や部屋の描写がロココ調だけど、それって近世
 ・外国で認識されるSamuraiのイメージは大体江戸期
・中世より古代の物質文明が進んでいたことによる文明の残存のミスマッチ
 ・銭湯もシャワーもローマ帝国ならできた
   (古代の地中海はまだ湿潤だった環境上の影響もある)
 ・ベネチアの建物の地盤の沈下を防ぐノウハウは、古代から中世を経て維持されている
 ・機械式の自動販売機とか蒸気を利用したからくりとか、ギリシャ世界では当たり前だった
などなど。

結局、中世というのは、都市の公衆衛生(上下水道から始まって色々)が維持できず、
継続的な文明文化の高度化が期待できない状態が続いた時代なわけで、
そう考えると多くのラノベの異世界はそこから外れている。
むしろ北斗の拳のような終末的世紀末的世界物の方が中世に近いだろう。

13448133 journal
日記

Tellur52の日記: 小田急と京王の果てしなき戦い 2

日記 by Tellur52

小田急と京王は、多摩センター~新宿間で競合している。
これまでは多摩線から新宿方面の直通が少ないために、京王の
方が便利だったとみられるが、2018年3月には両者ともに勝負に出てくる。

・小田急「代々木上原~登戸間の「複々線化」により小田急の通勤が変わる! 2018年3月、新ダイヤでの運行開始
・京王「相模原線に設定している加算運賃の引下げを実施します

これにより状況がどうかわるかというと、列車の速度については、
最速列車で逆転が発生する。
・朝の多摩センター発は、通勤急行7:28発8:08着 vs 急行7:28発8:17新線新宿着
・夕方の新宿発は、快速急行18:02発18:38着 vs 特急18:12発18:50着

しかし、運賃はこれまで少しの差だったのが、絶望的に広がる。
・PASMO利用だと、370円 vs 339→319円
・一か月定期で、12,940円 vs 12,680→11,930円

以上の結果により、両社の乗客数にどんな変動が発生するのか?
向ケ丘遊園~登戸間の引き上げ線からの取り回しと下り単線のやりくりで、
小田急は遅れを極力減らすオペレーションができるかどうかがポイント。

13442757 journal
日記

Tellur52の日記: 『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち第三章「純愛編」』

日記 by Tellur52

第二章に引き続き岩を振り回す戦艦。
ボルガ博士お許しください。
という感じだけど、精神操作する虫とか、突然彼方の星から
幻覚を見せられるとか、演出によっては宇宙的恐怖全開になる所ですな。宇宙だけど。

しかし、エンジンを壊されて為す術もなく立ち往生して
餓死を待つだけの何百万隻もの艦隊って、実に頭悪い。
将来有望な鉱山になってしまいそう。爆発しなければ。

他、土方さん「友の船」とか言ってちょっぴりハーロック成分入ってる。

13411298 journal
日記

Tellur52の日記: 映画「Diamond is unbreakable」(やや違う

日記 by Tellur52

いや、ホラー映画は苦手なんですけど、これならまだ見れるかなあ、と。

ジョジョ第4部はあまり真面目に漫画版を見ていなかったけど、
映画はちょっとジョジョ立ち成分が少ないのは置いといて、
ジョジョのエッセンスを相当再現している。
おしゃれ成分はロケ地の選定で補ったのかな。
あの登場人物だと、あまりポーズでのかっこつけはしない印象だしなあ。

クレイジー・ダイヤモンドとザ・ハンドのバトルは見応えあり。
第4部の始めである形兆のエピソードを丁寧に映像化していて、
前評判がぱっとしないから見ないのは損している感じ。

「誰だってそーする、俺もそーする」の名言あり。

しかし、レッド・ホット・チリペッパーの姿がなんだかタルカス
に似ていたのには吹いた。

13410487 journal
日記

Tellur52の日記: 映画銀魂

日記 by Tellur52

初っ端から破調の映画。
小栗旬の歌う謎のテーマ曲がかなり危険。
隊長の再現性が高い。
他局のネタがぶっ込まれてるのもかなり際どい。
涙流しながら笑いっぱなしの映画でした。

13407994 journal
日記

Tellur52の日記: コンビニは増殖する摂理に従って

日記 by Tellur52

家から徒歩6~7分の圏内には、ファミマが4軒、セブンイレブンが3軒、ローソンが1軒
すでにあるけど、今度は近所の駅の再開発でタクシー乗り場ができそうな区画の
至近にセブンイレブンが増殖する模様。
このへんだと、酒屋がコンビニになるケースが結構ある。

13403713 journal
日記

Tellur52の日記: ふじりゅー版の銀英伝 2

日記 by Tellur52

もう原作が終わってから20年近くたつけど、今頃漫画にするのはどうなんだろうと、
評判とか良く知らないままに、ふと思い立って1巻目を買ってみたら、
予想外にも圧倒されてしまった。

ページを開いたとたん、どこもかしこも色彩の疾風怒濤。全頁白黒なのに。
どのページを見ても緩みなんて感じられない。
押し寄せる外連味のなか、先々の宿命を知らない孺子たちが躍っている。

いや、ほとんどすべてを絵だけで語りつくす漫画家の恐ろしさを久々に味わった。
ラノベ初級者向け★★★★☆以上つけてもいいかな。

typodupeerror

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

読み込み中...