パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、mkrさんのユーザページですよ。

13709175 journal
日記

mkrの日記: 厨二的には

日記 by mkr

洋画で出てくる、壁面にでかい紙を貼って押しピンと糸、切り抜きを組み合わせたマインドマップのようなものをたまにはやって見たい気がする。

シャーロックホームズのゲームを少しやったら出てきたが、当時からあったのか?

13701848 journal
日記

mkrの日記: 最近のKindle Unlimited 3

日記 by mkr

雑誌中心に見てる。一部雑誌の埋め草的記事は玉石混交なところがありたまに面白い。よほどでないと買わない雑誌もKindle Unlimitedのお陰で随分と助かっている。

サイゾー9月号:右も左も煽っていくスタイル。誰が読んでも少し不快になれる。上品なブブカで下品なSPAといったポジション。今号は「日本豪雨災害の裏にある宅地開発の闇とその歴史」を読んだ。危険な場所が宅地開発された結果の災害被害増加をなぜ止められないか的な話。

ポリスマガジン9月号:民間有志による警察官専門雑誌。専門雑誌あるあるで、読んでると閉じた世界だなって。ぽろっと出て来た、「警察官の子息が警察官になることを、世間では『選ばれし人たち』という。」が大いにウケる。この雑誌がどこまで警察官世間の真実なのかわからないが、こぼれ落ちる意識が面白い。編集後記やコラムも最終的な結論は変えられないがために支離滅裂でつじつまの合わなさがたまにある。ほぼ唯一の広告に東京物語が入る。

実話系雑誌いろいろ。なぜか最近Kindle Unlimitedで増量された分野。

13694878 journal
日記

mkrの日記: 岳温泉行った

日記 by mkr

安達太良に行って見たが、登山予定日だけ雨、モチベーションがだだ落ちし岳温泉に沈没。
岳温泉は良い。酸性湯は好み。
秋になったらもう少しましな日程で行ってみたい。

13694534 journal
日記

mkrの日記: 挑発炎上戦法はリスクを引き受けているとみなす?

日記 by mkr

橋下氏、有田氏を訴えた名誉毀損訴訟で敗訴…初適用の「危険の引き受けの法理」とは?|弁護士ドットコムニュース | https://www.bengo4.com/internet/n_8426/
「このような経緯を受けて、大阪地裁は「橋下氏はインターネットで、有田氏を非難するにあたり、蔑み、感情的または挑発的な言辞を数年間にわたって繰り返し用いてきたというものというほかはないから、一定の限度で、有田氏から名誉を棄損されるような表現で反論される危険性を引き受けていたものといわねばならない」とした。」
挑発炎上して相手が反応したら揚げ足取り戦法に歯止めがかかるか?

13691855 journal
日記

mkrの日記: ペンギンハイウェイ見た

日記 by mkr

原作未読。
「少し不思議で、一生忘れない、あの夏が始まる。」
少しどころではない。ボーイミーツガール、そして憧れのお姉さんは去るわけだが、かなりSF風味。ウチダくんがいつ第三の恋のヒロインとして割って入るのかわくわくしていたがそんなことはなかった。
アオヤマくん主人公の映画は、ストーリー的続編ではなくても次作があったら見たい。

13687712 journal
日記

mkrの日記: 未来のミライ見た

日記 by mkr

あまりに評判が悪いので地雷を踏みに行った。のでかなり評価は甘い。

ストーリーは無視した方が良い。整合性なんて無い。不思議の国のアリスが時々家に帰ってご飯食べてる程度の理解で十分だと思う。むしろそれ以上考えてはいけない。SAN値が削られる。

私は体験したことないが、酒を呑みすぎて前後不覚になるとか体験したことないが違法薬物をキメるとかそういう類のドラッグムービーだ。時折日常に戻るのが良くない。いっそアリスのように最後まで戻らない方が安心できる。落差でバッドトリップしそうだ。そこでストーリーに意識を向けると気持ち悪くなるから、再びトリップするまで瞑想すると良いかも。過去にディズニーがドラッグムービーと言われるようなものを作ったらしいがそれかも知れない。監督は一体何をキメたのか。

主人公の感情が臨界突破して制御不能になるとトリップが始まり、終わると賢者タイムである。

13684704 journal
日記

mkrの日記: 旗の上下

日記 by mkr

レインボーフラッグ逆さまに振ってる!ニワカか工作員か何かがやってる!当事者じゃないだろう!からのすったもんだ。からの旗の発案者の「There is no "right-side up" for this flag. It may be flown either red up or purple up. 」の記述発見に至るまで。
その後の「でも、発案者はそれとして今は上下があるはずだから!」な一部の反論。

旗には上下があるという強固な思い込みが落とし穴か。議論最中に、「上下がない旗」の可能性に両者気づいてなかった模様。主張としては上下は気にする事ではない、まで(実際、気にしてない当事者は多い)

さらに旗を振っていたのは当事者だった。

議論を精査すると何か面白そうな時間つぶしになりそうだが、ここにメモするだけにする。夏休み自由研究にでもご自由に。

typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...