パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、stmoreさんのユーザページですよ。 過去1週間(やそれより前)のストーリは、ストーリアーカイブで確認できますよ。

13812453 comment

stmoreのコメント: Re:物理的入れ替えで良い (スコア 1) 87

無線より1線式シリアルでやるのが比較的簡単そう。
固有の値をひたすら吐き続けるチップをキートップの裏に埋めておき、スイッチとの嵌めあい機構に電極2個組み込んで、誰が刺さっているかを消費電流の大小もしくは有無でキーボード本体に伝送するとか。
壊れやすいかな…

13763083 comment

stmoreのコメント: Re:海賊版対策の件なら、論点がちょっと違う (スコア 1) 113

>こう言った状況において、法治国家としてまず踏み出す一歩としては、被害者の保護にあるべきです。

それを言いますと、何をおいても民主国家が守るべきものは基本的人権(とその一部をなす通信の秘密)であって、私人所有の金銭ごときのためにそれを捨ててはダメなんじゃないでしょうか。
やっぱり物的損失と人身危害とでは重みが違います。

13762562 comment

stmoreのコメント: Re:海賊版対策の件なら、論点がちょっと違う (スコア 1) 113

法律に詳しい方面の人ほど強い抵抗感を示すのはなぜか。

法律をつくるというのは、何かを制限して何かを得ることだといえます。
身体的自由に対する侵害を防ぐために精神的自由を制限するのなら得失の釣り合いが取れるのですが、金銭的損害を防ぐために精神的自由を制限するのは割に合わないよね、というのが根幹にあるからだと思います。
(基本的人権は日本国民の生命そのものであり、カネは所詮カネである、という前提でね)
でも、もし被害額が莫大で業界が崩壊して多くの人が路頭に迷い電車に飛び込む者まで出るレベルの危機にあるとしたら、それは精神的自由の制限に手を付けてでもブロッキング法制化を進める価値が出てきます。
だから被害額を正確に算定することはとても重要で、その内容次第で基本的人権の一部を切り崩すかどうかを判断したいところなのです。そこで不正確な(盛ったと疑われかねない)被害額が出てくるのは相当に許しがたいことでしょう。

一方、推進派の考え方は個人的に理解しきれていないのですが、ネットワーク技術で損害が生じるのなら、それをネットワーク技術で防くのが最善手だとシンプルに考えているのかなと思います。
(現実問題としてお金こそ人を幸せにできる存在であり、その流失を防ぐのは重要な課題ともいえます)
法制化というのはブロッキング技術を普及させるための後ろ盾程度に捉えていて、民間企業にサービスを売り込むノリで盛り盛りの数字でプレゼン資料作っちゃった的なところが見え隠れするのがなんとも残念に思いました。

13747901 comment

stmoreのコメント: Re:そのため反対派は報告書の取りまとめを拒否、って (スコア 1) 120

両論併記すると、事実上の容認宣言になるからです。
推進派の意見が取り入れられつつ反対派の意見も聞いたという証拠になるので、推進派の意見だけ書かれた報告書より強力なゴーサインにすらなり得ます。
政府がこの会合を開く目的ってのは「各方面から幅広く意見を聞いた」という証拠作りがしたいだけで、基本的には推進ありきです。法制化するかやめようか判断する材料にしようという段階はとうに過ぎていました。

推進派も反対派もそこをよく承知しているので、最終防衛ラインを「報告書をまとめるか否か」に据えて火花を散らしていたのです。

13744216 comment

stmoreのコメント: 面接してないけど期待を込めて星4つです (スコア 1) 115

Amazonの技術者とAIを投入しておいて、アウトプットは
>Amazonのレビューと同様に星5つで履歴書をランキングする
たったこれだけなのか…

13743236 comment

stmoreのコメント: Re:資格 (スコア 2) 146

まず、電力会社を出て一般家庭に入る電気配線から見ると、この物体は
100V商用交流を絶縁降圧して小型シール鉛蓄電池を充電する機器で、コンセントにプラグを差し込んで使用するもの
ということになります。
コンセントの向こう側で電子工作する分には余程のことがない限り電気工事士の資格はいりません。作って誰かに譲り渡す気があれば電安法(PSE)の規制を受けることになります。

充電を完了してコンセントを抜くと、電池を電源とする可搬式の装置になります。
電気工作物と接続されないし発電機でもないので、これまた電気工事士の資格はいりません。

13362763 comment

stmoreのコメント: Re:人感センサー対応だったらうれしい (スコア 2) 63

by stmore (#3253269) ネタ元: 東芝もLED電球を5年保証に

ON/OFFの繰り返しは、やっぱり負担になるといえそうです。
でもそういう使い方をして耐えてくれそうな省電力照明はLEDしか選択肢がないですよね。
白熱電球は電気食うし、蛍光灯だと点灯が遅くて寿命も縮むし。
LED照明設計で一番重要かつ難しいのは、故障を減らしていくことだったりします。

以前、寿命4万時間を謳うシャープのLED電球を24時間連続点灯状態で使ったことがあります。
4.3Wでシャンデリアなどに使ったらよさそうな形状のものです。
自然光の入らない玄関で常夜灯として点けていたもので、清掃や電気工事の時以外は点けっぱなし。
5年経っても点いてましたので、一応4万時間超えは達成。
ただ、中のレンズが濁ったようなぼやけた色になり、明るさも(実用にはなるけど)暗くなっているのが明らかにわかるレベルになったので交換しました。

連続だから長持ちしたのかもしれません。

13345973 comment

stmoreのコメント: 電圧と思っておくのが妥当、あと持続時間 (スコア 1) 64

正確にはエネルギーの大きさ、言い換えれば電力量(電力×時間)ですね。
感電していた時間も重要といえば、なんとなく実感と一致すると思います。

危険な電気エネルギーの目安としては20J(1ジュール=1ワット秒)と記憶しています。
日常生活であちこちに蓄えられる静電気はエネルギーが小さいので、ごく短時間しか電力を維持できません。だから致命的なことにはならないんですよね。

よく
>感電した際に致命傷を負わせるのは大きな電流だ
っていう人がいますが、電流ってのは人体に電気を流してみて初めて測定可能なものであって、感電を未然に防ぎたい人には何の教訓も与えてくれません。感電しても死なないようにするためには電流制限が有効なので、そういう意味で電流の大小と人体へのダメージを論ずるのは意味があるんですけどね…

電気が人間に害を与える実用的尺度としては、電圧の高さを参考にします。

なぜなら電圧ってのは、人体などの抵抗体に電流を押し込む力だからです。人体抵抗が極端に低くなっている場合を除き、電圧が低いのに大電流が流れることってないんですよ。
それに加えて電圧が高くなれば人体抵抗は小さくなるため、電圧が高ければ高いほど人体を通り抜ける電流は(オームの法則を超えて)急激に増えていくことになります。
それでますます「人体に有害な電流を流すためには高い電圧が必要」って話になるのです。

電圧は人体に接触することなく安全に測定できますし。

13344559 comment

stmoreのコメント: Re:いまいちわからん (スコア 1) 53

電力会社としては柱上変圧器や各家庭のメーターを維持管理する面倒を減らせます。
請求先も数十世帯分を一箇所にまとめられますし。
実は多数の個人客に対する請求と回収の管理は多大なリソースを食う仕事で、これを一括でどこかに丸投げできたらかなり助かるのです。一括受電と縁のない家庭にもクレジットカードで支払うと特典があるとか、携帯電話代などと請求を一本化したら割引適用とか勧めてきますよね。あれと似たような理由。

電気だけじゃなくて水道でもありますよね。集合住宅の大家が各戸の検針と請求を担うと、ささやかながら収入になる制度。

13134954 comment

stmoreのコメント: Re:逮捕の線引はどこに? (スコア 2) 62

化粧品については製造業、製造販売業という区分があって、それぞれに許可が必要です。
製造業はその字の通り製造する行為をする業者で、OEMとして他者へ供給する行為も含みます。
尚、バルクで他者から購入してきた商品を包装して表示を貼り付けるのも製造行為にあたります。これは雑貨に魂を書き入れて化粧品に変身させる行為だと思っておけばよいでしょう。

製造販売業は総発売元として市場に送り出す業者であり品質に対する責任を負うのが仕事。他者からOEM供給を受けて自社ブランドで売るとき必要になる許可です。
場合によっては製造業より厳しく監視指導される立場でもあります。

自社工場で製造して自社ブランドで発売する場合、またはバルクで仕入or輸入した商品を日本語表示の箱に詰め替えて発売する場合、製造業と製造販売業の両方の許可を取っておく必要があります。

>OEM元からOEM先へ販売するのには許可必要ないのかな
製造業者間、または製造業者と製造販売業者の間に立ち、バルクを左から右へ流すだけの場合は不要です。
医療機器や医薬品だと卸売りに許可や届けが必要な場合が出てきますが、化粧品だったら問題にならないと記憶しています。

typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...