パスワードを忘れた? アカウント作成
14090407 story
テクノロジー

東芝や東北大、量子暗号通信で500GBのデータ送受信に成功 28

ストーリー by hylom
そこまでのセキュリティが必要な用途は 部門より

東芝や東北大の研究者らが、量子暗号通信を用いて約500GBのデータを約7km離れた場所に伝送することに成功したと発表した(ITmediaプレスリリース)。この技術を使った量子暗号通信システムの実用化も目指すという。

暗号に使用する「共通鍵」を伝送する経路には光ファイバーを、暗号化されたデータの伝送経路には数Gbpsの一般的な専用回線を使用。東芝が開発していた既存の量子暗号通信の伝送速度は約10Mbpsだったが、今回のシステムでは10Mbps超の伝送速度を実現できたという。

量子暗号では伝送距離を増やすほど伝送速度が落ちるため、今後はより長い距離を速度を落とさずに伝送するのが課題のようだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2020年01月17日 0時03分 (#3746438)

    量子暗号で実際のデータを送る必要はない。
    ワンタイムパッドの鍵を延々と送り続ければいい。
    だから回線が空いて、暗号鍵のバッファが一定容量を下回っている場合は、常に鍵を送り続ければ十分。
    実際に情報を転送したくなった時は高速の別回線で暗号化したデータを送ればいい。

    というわけでピーク速度じゃなくて、一定期間に通信したい総容量で考えれば良くて、10Mbpsは結構速い。
    現時点でも官公庁とかでは使えそうな気がする。
    手錠付きケース入りのmicroSDを毎日送るってのでも良い気はするけど。

    • by Anonymous Coward

      ワンタイムパッドの鍵って元のデータ長なんですがそれは

    • by Anonymous Coward

      そもそも量子暗号ってワンタイムパッド生成技術のような

  • by Anonymous Coward on 2020年01月17日 8時10分 (#3746486)

    「光子はある波長の光の最小単位で、それ以上分割できない。このため、経路の途中で傍受すると本来の受信者に鍵データが届かなくなり、盗聴が発覚する。」

    つまり、途中にスプリッタを入れたら、わかりますよ、という程度のこと。

    なんかなあ。

    • by Anonymous Coward

      それなら1回ダウンロードしたらファイルが消えるランダムURLでいいやん的な?

      • by Anonymous Coward

        通信経路上の一点でパケットキャプチャしたり中間者になってパケットキャプチャして、
        量子コンピュータでじっくり暗号化を解除するって攻撃想定してるんだから無意味。

    • by Anonymous Coward

      スプリットする(できない)。
      スプリットせずに、光子を途中で勝手に受信してバレないように内容を読み取る(できない。読み取ると光子の状態が変わってバレる)。
      読みとったのと全く同じ状態の光子を作り出して正しい受信者へ再送信して、盗み見たことがバレないようにする(できない。コピペ不可能)。

      の、それぞれのできない理由が量子力学から来てる。

    • by Anonymous Coward

      科学はさっぱりなんだが、
      盗聴されたら壊れるっていうのはわかったけど、
      なら盗聴され続けたらいつまで経っても届かないのでは?
      意図的に情報の遮断が可能になる?

      • おっしゃる通り
        盗聴されるぐらいなら通信できないほうが良い そんな用途向け

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        量子暗号通信に限らずDoS攻撃を防ぐのは結構大変

      • by Anonymous Coward

        無線LANもそこはある程度諦めてる。妨害電波を出し続けられるとどうにもならない。効果的な妨害電波(1個偽のパケットを投げつけると数秒間通信が止まる)みたいなのは対策されてるけど。

        あとまあ、有線通信にしても、「こそっと信号線を分岐させて情報を盗み取ってやれ」というところまで接近できるなら、通信を邪魔するだけなら線を切ったら一発。

        • by Anonymous Coward

          市販の無線APでもジャミングできるしね

    • by Anonymous Coward

      うろ覚えだけど量子暗号って量子力学的に観測するまで不定なビットを、
      送信者自身と受信者に向けて送るとかだった気がする。
      どんな値になるか制御できないので、
      中間者が一度受け取って再送信とかも防げるが、
      逆に任意のデータを送れないのでワンタイムパッド生成しかできない。

      起こす現象がしょっぱいけど十分量子力学してると思う。
      # 本ストーリーのがこれ系かどうかは知らない。

    • by Anonymous Coward

      それは極論だよ
      物理を全く理解していない証拠w

      光子1個が情報の最小単位ではない
      もう少し君にわかりやすく言うと1bit=1光子でない

      そんな技術的テクノロジーがあれば
      そもそも電波通信でも盗聴防止になるよ
      しかし現実世界では電波を盗聴しても受信側では情報は失われない

typodupeerror

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

読み込み中...