パスワードを忘れた? アカウント作成

Takahiro_Chouさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

13430954 journal
グラフィック

Takahiro_Chouの日記: 自作フォント更新(明朝体)

日記 by Takahiro_Chou

自作の明朝体フォントに、仮名を、明朝體​フォント むつきの仮名を細線化したものに置き換えた「元陽明朝Tsukiji」と「せつな明朝Tsukiji」を追加しました
(横書きよりも縦書き向き&かなり古風な仮名なので、使い道は限られるかもです)

ダウンロードはこちらのGenYoMinchoフォルダおよびSetunaフォルダより
どちらも20171014版が最新版です 元陽明朝Classicを縦書きに使った時に仮名の横位置が微妙におかしかったので微調整した20171015版を作成しました。せつな明朝は20171014版が最新版、元陽明朝は20171015版が最新版です。

なお、サンプルはこちら

なお、フォント名の「Tsukiji」は、仮名の元になった「明朝體​フォント むつき」が築地活版製造所の活字体由来だからです

13429898 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 【映画】アウトレイジ 最終章

日記 by Takahiro_Chou

自分より格上のヤクザに3000万円持って詫びに行く→
3000万円上乗せされて返される→
今度は1億円持って行く→
3000万円だけ引かれて、「お持ち帰り下さい。私達はヤクザじゃないので」

と云う、1銭も損してないのに非常に胃が痛くなる展開が、妙にリアルだったんだけど、何か元ネタが有るんだろうか??

# 白竜さん演じる怖い兄さんに「私達はヤクザじゃないので」と言われても……

13424335 journal
グラフィック

Takahiro_Chouの日記: 自作フォント更新(玄洋ゴシック)

日記 by Takahiro_Chou

platex+dvipdfmxによるフォント埋め込み(それも縦書きの場合のみ)と云う非常に限定されたケース用に作成した、源ノ角ゴシックの派生フォントである源真ゴシックのそのまた派生フォントである「玄洋ゴシック」を更新しました。

今回の更新では、一部のグリフがJIS90例字体準拠になっている玄洋ゴシック90フォントファミリーを追加しました。

ダウンロードはこちらのGenYoGothicフォルダより。
20171005版が最新となります。

なお、サンプルはこちら

13424301 journal
政治

Takahiro_Chouの日記: 制憲○○党 7

日記 by Takahiro_Chou

「立憲民主党って護憲政党なのに『憲法を作る』って意味の党名なのかよ」と云うあまりに阿呆な指摘に対して「憲法に立脚するのが『立憲』。新憲法制定だったら『制憲』だろ」と云う御尤もな反論を目にした次の瞬間、俺の脳裏に浮かんだのは、「『掣圏真陰流』創始者である極右・佐山皇帝こと佐山聡に『新憲法制定』を公約にした制憲ナンタラ党を作ってもらうのはどうだろうか??」と云う事だった
いや、俺、サヨクだけど、佐山聡が日本の永世総理になるんなら大賛成っすよ
99.999……%は、怖いもの見たさだけど

13422594 journal
グラフィック

Takahiro_Chouの日記: 自作フォント更新(せつな明朝)

日記 by Takahiro_Chou

源暎こぶり明朝を改造した「せつな明朝」で下記のグリフが欠けていましたので追加しました。

〘 〙 〚 〛 〜 〞 〱 〲
※:〜はU+301Cです

ダウンロードは、こちらのSetsunaフォルダより。
20171003版が最新版です。

13421743 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: カランビットが出て来る映画

日記 by Takahiro_Chou

備忘録代り
東南アジアの伝統武術などで使われる、いかにも中二病御用達な感じのするナイフ「カランビット」が出て来る映画(俺が見たヤツ)のリスト
随時更新予定です
他に知ってるのが有れば、twitterの@ChouIsamuまでメンションをいただければ、ありがたいです

  • ザ・レイド
    2007年/インドネシア/監督:ギャレス・エヴァンス/主演:イコ・ウワイス
  • アジョシ
    2010年/韓国/監督:イ・ジョンボム/主演:ウォンビン
  • ザ・レイド GOKUDO
    2014年/インドネシア/監督:ギャレス・エヴァンス/主演:イコ・ウワイス
  • HiGH&LOW THE RED RAIN
    2016年/日本/監督:山口雄大/主演:TAKAHIRO、登坂広臣、斎藤工
    主人公の3人兄弟の長兄がカランビットが付いてるペンダントをしてますが、アクセサリ以上の意味は無いです。
    なお、↓のRE:BORNの主演の坂口拓がアクション指導をやってて、斎藤工も↓に出演してます。
  • RE:BORN
    2017年/日本/監督:下村勇二/主演:TAK∴(旧芸名:坂口拓,アクション監督をやる場合は匠馬敏郎名義)
    「リバーズ・カランビット」と云う普通のカランビットと刃の反りが逆のナイフも出てきたけど、ぶっちゃけ柄がちょっと特殊なだけの曲刃かつ諸刃のナイフ(とは言え、普通のカランビットより使い勝手は良さそう)
13397704 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 【ネタバレ】新感染 ファイナルエクスプレス

日記 by Takahiro_Chou

ゲスい扇動者的なキャラのバス会社の役員が、ゲスい真似をしでかした理由が、歪んだ正義感とか、ゲスい真似に相応わしいゲスい理由じゃなくて、「母親に会う為」だったのが秀逸。

最後の最後で、恐怖の中で、情けなく告白する事が、「え〜、その為に、あんな真似やらかしたのかよ!!」ってだけでなく、あの齢で、なんとしても母親に会おうとするって、「死が近い母親に一目会うため」の可能性が高い訳で、だとすりゃ、あのゲス野郎にも奴の人生が有ったんだ、と云う事や、俺達にも、あいつに成る可能性も有れば、主人公になる可能性も有ると云う事を想起させてくれる。(主人公の最初の頃のゲスっぷりも、あいつと五十歩百歩だけど、最終的に主人公は人間的な成長を遂げた訳で、あいつは「もし、主人公が人間的な成長を遂げなかったら」と云う姿なのだ)
多分、我々は、アレ級の社会的パニックが起きたら、主人公よりも、あのゲスになる可能性が高いだろう。それも、御大層な正義の暴走やら、悪質な所業から連想される悪質な理由ではなく、「高齢の親が死ぬ前に何としても一目でも会う為」みたいな誰にでも有りそうな理由の為に。

そして、悪者が、もう1人の主人公だと云う事は、ほんのわずかなタイミングや偶然の違いで、主人公と悪者がやる事が逆転していた可能性も有る、と云う事なのだ。
流石に、ゾンビが出る事は有るまいが、もし、社会パニックが起きたような場合に、我々も、この映画における主人公になるか悪者になるかの分かれ道に直面するかも知れない。
では、その時に、我々は、自分の内なる動機から、主人公になるか悪者になるかを選択するのか?? それとも、「たまたま、その時、自分よりも勇敢な誰かと行動し、その影響を受けたから」「たまたま、その時、自分より良心的な自分の子供なんかと一緒だったから」と云う外的な要因が、より大きな影響を及ぼすのか??

13397435 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 【映画】ザ・ウォール

日記 by Takahiro_Chou

サービスデイなので、もう1本観とくか……ぐらいのつもりで、深夜0時過ぎまでやってる映画館で観たら……とんでもない大当りでした
今年の個人的暫定1位は、新感染&コレ

13392570 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 【映画】トランスフォーマー 最後の騎士王

日記 by Takahiro_Chou

最近のヒーロー映画でよくある「予告またはオマケ映像的」が、エンディング・ロールが始まる前で、しかも、エンディング・ロールそのものも短かい、と言うのは2時間半と言う無茶苦茶な長さを考えると、評価出来なくも無い
何はともあれ、アメリカでは酷評されてたが、その割には結構楽しめた
あと、何で、地球に次々と善悪問わずトランスフォーマー達がやって来る理由と、トランスフォーマー最大(文字通り物理的サイズと云う意味で)の悪役ユニクロンの正体をアレにした事は面白いが、話の収拾が付くのかね??

いや、しかし、今回の話のミソは「アーサー王に仕えていた円卓の騎士の正体は、12人の人間の騎士と、12体のトランスフォーマー。マーリンの魔法の実体は、異星のテクノロジーの産物(それも星間戦争引き起す級の超重要アイテム)」って新設定だんだが、アーサー王時代の場面で、「指輪物語のオークか、マッドマックスの悪役にしか見えない蛮族 VS 時代相応に薄汚いが、それでも相対的には文明的に見えるアーサー王陣営」と云う描写には、うん、雑だけど、この映画のリアリティ・ラインからして、これが正解だよな、と思わないでも無かった

13392064 journal
日記

Takahiro_Chouの日記: 【ネタバレ】映画「ワンダーウーマン」 1

日記 by Takahiro_Chou

90年代の日本の18禁OVAで、「SF超次元伝説ラル」と云うのが有りまして、そのオチと言うのが……

  • 主人公(♀)が「リバースの剣」なる聖剣の使い手に選ばれる
    →実は物理的な剣の方はダミーで、本物の聖剣とは、主人公に宿っている力
  • 主人公は単なる「聖剣に選ばれた者」じゃなくて、本人も知らなかったが、実は亡国の王女

で、実写版ワンダーウーマンの方は

  • 主人公の武器の1つに「神殺しの剣」が有る
    →実は、その「神殺しの剣」はダミーで、本当に「神殺し」の力を持ってるのは主人公自身
  • 主人公は単なる「超人種族であるアマゾンの王女」ではなく、本人も知らなかったが、実は、父親はゼウスであり、あの世界の地球に残る数少ない「神」の1人

いやはや、ロクでもない偶然も有ったもので……

あ、ワンダーウーマンの装備の1つ「真実の投げ縄」の別名が「ヘスティアの縄」だった件については、どうせ、既に、pixivあたりに、それをネタにしたエロ絵をUPしてる人が居ると思うので、私からは何▽もの言いません

typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...