パスワードを忘れた? アカウント作成

clausemitzさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 Idle.srad.jpは、あなたの人生において完全な時間の浪費です。見るなよ、見るなよ。

518130 journal

clausemitzの日記: 【連絡】日記の移転先が決まりました

日記 by clausemitz

来月以降に決定すると申し上げましたが、思った以上に調査が進み、
livedoorブログさんが最も自分に適切であるとの確認が取れました。

移転先のURLは http://blog.livedoor.jp/clausemitz/ です。

なお、こちらの日記の更新は、この書き込みをもって終了いたします。

518938 journal

clausemitzの日記: 【連絡】スラッシュドットの日記をやめます

日記 by clausemitz
タイトルの件につきまして。mixi日記で書いているもののうち、外部に公開可能
なものをスラドの日記で公開していました。しかしスラドの日記の機能には
自分が求めているもの(トラックバック、画像貼り付け等)がないことに少々
不満を感じるようになりました。そこで、まことに勝手ながら、別のサイトの
ブログを利用させていただこうと考えています。今のところ、livedoorのブログ
が最有力ですが詳しく調査した上で決定する予定です。ただし今月いっぱいは
個人的に多忙なため、決定は来月以降にいたします。それまでスラドを含めて、
mixi日記の外部公開は見合わせます。移転先は決まり次第、ここで報告します。
移転した後も「clausemitzの日記」をよろしくご愛読ください。m(_ _)m
519103 journal

clausemitzの日記: しょこたんは眠らない?

日記 by clausemitz

ブログの女王眞鍋かをり『ブログ書くの面倒臭くなった』

〝ブログの女王〟眞鍋かをり(25)が最近「ひきこもり」化しているという。
ブログの更新も長期間途絶えることもあるのだ。
原因は〝新ブログの女王〟中川翔子(21)の猛烈な追い上げとか。
関係者の間ではブログ引退のうわさまで飛び交っているのだ。

実を言うと眞鍋さんのブログは読んだことがないのです(笑)。
読まないというか読む気がわかないのは、例のPodcastの(ry

(^ω^;)

やっぱ、Podcastの女王は、くりらじのころんさんでしょう。

o(≧ω≦)b

それはともかく、中川しょこたんが寝る間も惜しんで芸能活動やブログなどを
精力的にこなしているのは若くして亡くなったお父さんのこともあるようです。

中川翔子は眠らない

(´;ω;`)

398372 journal

clausemitzの日記: 交流とは知らなんだ

日記 by clausemitz

LED信号機:ドライブレコーダーに同調 新鋭機器に盲点

てっきり直流にしてからLEDに流していると思ってました。極性がありますからね。
電球と違って。ちなみに、同じ記事がスラッシュドットにもありました。

それよりも警察庁のコメントの

「ドラレコのために信号機があるわけではない。電源の変更は考えていない」

もどうかと思います。おそらく、これと似たような対応を他でもやっていて、
まずいことになっているんではと邪推したくなりますよねー。(-ω-;)

519178 journal

clausemitzの日記: 闘うスチュワーデス

日記 by clausemitz

「武術家の女性求む」四川航空、テロ防止に優先採用

中国の航空会社「四川航空」(本社・四川省成都)は、スチュワーデス70人の
新規募集に際し、カンフーなどの武術習得者を優先的に採用すると表明した。
テロ防止策の一環で、中国の航空会社として初の試みという。

同社が優先的に募集するのは、武術を習得しているか、警察の特殊部隊など
の勤務経験がある女性。「普通話(中国標準語)」の能力や英語力など、
他の女性客室乗務員に要求される条件も必須だ。

採用試験時には、武術専門の試験官が応募者の腕前を確かめるという。

試みとしては面白いとは思うけど、実弾入りの武器や爆弾を向けられたら
手も足も出ないような気がしますが…。

それと、実際に応募してくるのが、いかついのやら、ガタイのいい、
漫☆画太郎先生の作品に出てきそうな人ばっかりだったら、
どうするんでしょうね?(^ω^;)

519577 journal

clausemitzの日記: initialGz最終回

日記 by clausemitz

悲しい話なのですが、私が毎週欠かさず聞いていたネットラジオのinitialGz
最終回を迎えました。あの、くりらじのBJさんが唯一聞いていた他局というのが
どうやらinitialGzだったそうです。最終回を迎えた理由は、BS@もてもてラジ袋
の2006.8.12.放送で語られているようですが、第三者にはうかがい知ることの
できない事情があるようです。

一度もメールを出したことがない不良リスナーでありましたが永世名人さん、坂本さん
がかもしだす独特の雰囲気を毎週楽しみにしていました。長い間お疲れさまでした。

唯一、心残り(?)といえば、パウエルさんの恋の行方です。御本人が別のネトラジ
を立ち上げると聞いていますので、きっとどこかで続きが聞けますよね?(^ω^)

519698 journal

clausemitzの日記: 新撰組血風録

日記 by clausemitz

新撰組血風録 VOL.1

たまっているDVDをひとつ片付けました。

昭和40年頃の古い白黒のTVドラマのDVD。うちの両親に新撰組血風録見たかって
聞いたら「知らない」と答えました。もっとも、このドラマが放送されていた頃は
ガキのはずですから見ていたとしても意味がわからなかったと思いますが…。

NHK大河の「新選組!」で新選組を知った者としては、こちらの新選組もなかなか
「新鮮(^ω^)」です。昔の人が「新選組!」を酷評した理由がようやくわかりました。
ただ、どちらの新選組にも私は良い味わいを感じるので、どっちが上で、どっちが下
という評価は下したくないですね。

とはいうものの昔の時代劇は本当に重厚です。フィルムで撮って画像がぼけぎみなのは
マイナスになるどころか、視聴者に物語であることを知らしめ、物語の世界に入り込む
余地を作っています。ハイビジョンや地上波デジタルにいまいち食指が動かないのは
それもあります。ドラマはフィルムのほうが味わいがありますよね。

新選組!とまったく違うのは芹沢鴨の描写。血風録では完全に悪役。ただし、どこか
人間的な弱さをうかがわせる繊細な演技があり、それを覆い隠そうと粗暴を働いている
ことをうかがわせます。ただ極悪非道ぶりがハンパじゃない。2話のアレなんて
視聴者に土方へ同情を集め、芹沢は死なねばならないと思わせるに十分です。
これ見たら今のテレビドラマの悪役描写なんてペラッペラっすよ。

近藤勇が線の細い人という描写は新選組!と同様。史実の近藤さんもどうやら繊細で
胃痛持ちだったらしいですが。これからじょじょに大将になっていくんでしょうね。
あとビックリしたのが沖田総司が若き日の島田順司さん! (゚Д゚) 
はぐれ刑事の課長ですよ。

年配のオタな人ならご存知の坂口祐三郎さん(赤影の主役)が山崎蒸をやってました。

こちらも参考になるでしょうか

519734 journal

clausemitzの日記: 奴隷使いがなんか言うてま

日記 by clausemitz

税理士・司法書士も派遣ともリンクするネタ。

「フリーターはダメ、というのは国の税収が減るからという国家の論理」
…人材派遣会社パソナ社長

おーまーえーがー言ーうーなぁー。┐( ̄ヘ ̄)┌

しかし AmazonのCM のブラックユーモア素晴らしす。(⌒▽⌒;)

519743 journal

clausemitzの日記: 正直、亀などどうでもいい

日記 by clausemitz

この人物のオモテとウラ やくみつる

やくさんって、うちの親父に近い年齢だけど、関西人でもないけど、
このおっさん、典型的なイチビリやで(笑)。

それよりも

「中田英寿引退」のときも、このイタズラ心を見せている。
コメンテーター全員が中田の素晴らしさ、偉大さを述べる中、やくは中田の
“引退メッセージ”を見ながら「プロサッカーという旅から卒業し、新たな
自分探しの旅に出たい……。これ、29歳の男が言うこと? やっぱり
サッカー小僧ということですね」とやってスタジオをシーンとさせている。

というところに大うけ。こういうのを反骨精神と言うんだろうね。
実は私も中田の引退メッセージに首をひねった一人なのです。

519768 journal
JAXA

clausemitzの日記: ありがとう久米宏です

日記 by clausemitz

久米氏21年ぶりTBSレギュラー

キャスターの久米宏氏(62)が古巣TBSの番組に、21年ぶりに
レギュラー出演することが13日、分かった。10月にスタートする
TBSラジオの新番組(タイトル未定、土曜午後1時)で、
パーソナリティーを務める。約2時間の生放送で、同局は
「内容はさら地の状態。情報やバラエティーなどジャンルにこだわらず、
久米氏の言葉を十分に生かした形にしたい」と、説明する。

あー。つまり、あれだ。久米さんは関西の浜村淳さん
関東バージョンを狙っているってことだ。ヽ( ´ω`)ノ

タイトルはずばり「ありがとう久米宏です」(笑)。

typodupeerror

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

読み込み中...