パスワードを忘れた? アカウント作成

こちらは、hohohoさんのユーザページですよ。 みんなの日記はここから一覧を見ることができます。

14230465 comment

hohohoのコメント: Re:笹子トンネル天井板崩落事故 (スコア 1) 217

笹子トンネル天井板崩落事故は、お金取ってる中での事件。
つまり、メンテナンスなんか十分にする気持ちも、
年代たって、新造するための、積み立てもしていない、ということでしょ。
そんな奴らの組織じゃ、いらないじゃん。
14178120 submission
統計

新型コロナウイルス。政府はPCR検査陽性率把握できていなかった

タレコミ by hohoho
hohoho 曰く、
専門家会議が、5月4日に、宣言後 低下傾向うかがわれる、といわれていたが、

毎日新聞2020年5月6日によると、
実際には、新型コロナウイルスの感染の有無を確認するPCR検査(遺伝子検査)について、政府が新規の検査人数に対する陽性者の割合(陽性率)を正確に把握できずにいる。検体を採取する機関が多数ある上に、その検査結果が判明する日にちもバラバラになりがちで、陽性率の算出に不可欠な「分母」(新規検査人数)と「分子」(陽性者)を全国的に把握する仕組みが存在しない。厚生労働省が求める報告に、12に及ぶ都県が応じていない実情もある。

根拠が希薄な中での会見を繰り返していたということになるが、
今後の緊急事態宣言の解除の根拠はどのようにするのだろう。
そしていつの日か、議事録の開示はされるのだろうか?

情報元へのリンク
14081737 submission

市町職員の月100時間を超える時間外勤務(残業)をニュースに

タレコミ by hohoho
hohoho 曰く、
昨年8月末に記録的豪雨に見舞われた佐賀県武雄市と杵島郡大町町で、
9月の時間外勤務が100時間を超えたのは武雄市46人、大町町36人で、全正職員(管理職を除く)に占める割合は武雄市15%、大町町46%だった。
両市町とも防災担当の職員が最も長く働き、残業時間は9月だけで約220時間に上った。

大町町の坂井清英総務課長は「防災担当の職員が消防や交通安全も兼務し、計画の策定まで手が回らない事情はあったものの、今は必要性を痛感している」と述べ、近隣市町以外に県内の小規模自治体同士で応援協定を結ぶ考えを示した。

とのこと。

いわれないと仕事をしないのは、公務員の常套手段だが、
身内の勤務が増えているのを昨年8月以降、放置するのは担当する管理職の業務は常に手が回らないのなら、
そのポストを増やすことをしない、さらに上級職の処分は、仕事をしないことはミスでは無いので、処分もないのだろうか。

情報元へのリンク
14081646 submission
統計

Windows 7、4分の1以上のシェアを維持したまま2019年を終える

タレコミ by headless
headless 曰く、

延長サポート終了まで10日間を切ったWindows 7だが、Net ApplicationsのデスクトップOSバージョン別シェアデータ2019年12月分によると、4分の1以上のシェアを維持したまま2019年を終えたようだ。

1位のWindows 10は前月から1.56ポイント増加して54.89%となっているが、2位のWindows 7は0.60ポイント減の26.26%にとどまる。3位と4位はmacOSの世代交代で順位が入れ替わり、Mac OS X 10.15が4.32%(0.39ポイント増)、Mac OS X 10.14が3.70%(0.45ポイント減)となっている。5位のWindows 8.1は変動なしの3.32%。このほかのOSバージョンの変動は小さく、Windows XP(0.45ポイント減、1.40%)の変動幅が最も大きい。Windows XPは7位に後退し、Mac OS 10.13(0.08ポイント減で1.65%)が6位に上昇した。OS種類別ではWindowsのみ増加しており、0.57ポイント増の86.63%。Mac OSは0.19ポイント減の11.41%、Linuxは0.27ポイント減の1.38%などとなっている。

2019年12月のデータを2019年1月分と比較すると、Windows 10は13.99ポイント増加、Windows 7は10.93ポイント減少した。なお、12月分はWebページ上の表示とCSV/JSON形式でダウンロード可能なデータに含まれる数字が一部異なっているが、ここではダウンロード可能なデータを元にしている。

StatCounterのWindowsバージョン別シェアデータでも1位のWindows 10が0.76ポイント増の65.40%、2位のWindows 7が0.70ポイント減の26.79%となっており、増減幅は小さい。デスクトップOS種類別ではWindowsのシェアが0.39ポイント増の77.64%、OS Xが0.27ポイント減の16.46%、Linuxが0.03ポイント増の1.85%などとなっている。デスクトップOS全体に対するWindows 10のシェアは50.78%、Windows 7は20.80%という計算になる。

StatCounterのWindowsバージョン別シェアデータを国・地域別にみると、アゼルバイジャンでWindows 10が初めて1位になったほか、数か月前からWindows 7に逆転されていたボリビアパラグアイトーゴで再び1位に復活するなど、Windows 10は6か国・地域で1位に上昇している。一方、1年以上前からWindows 10が1位だった中央アフリカシエラレオネでWindows 7に逆転されるなど、4か国・地域でWindows 10が後退しており、235か国・地域中Windows 10が209か国・地域で1位、Windows 7は25か国・地域で1位。セントヘレナのみWindows 8.1が1位となっている。

Steamでは1位のWindows 10 64 bitが13.14ポイント減の61.09%、2位のWindows 7 64 bitが14.57ポイント増の33.04%となった。Windows 10全体では13.17ポイント減の61.22%、Windows 7全体では14.37ポイント増の33.64%となる。OS種別ではWindowsが96.86%(0.58ポイント増)、OSXが2.47%(0.45ポイント減)、Linuxが0.67%(0.14ポイント減)となっている。Steamでは2017年秋2018年春、簡体字中国語の増減に連動してWindows 7が大きく増減しており、前月も簡体字中国語とWindows 7が増加していたが、12月は簡体字中国語が14.43ポイント増の37.87%となって1位に上昇した。2位に後退した英語(30.43%)は6.40ポイント減少し、3位のロシア語(9.36%)も3.05ポイント減少している。

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

読み込み中...