パスワードを忘れた? アカウント作成

Artane.さんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

12998533 journal
Oracle

Artane.の日記: Oracle, Solaris開発を終了か? 87

日記 by Artane.

Phoronix.comによると、OracleがSolarisの開発を終了させるかもしれないと報じました。
複数の噂からの観測記事ですが、それによると、Oracleは、Solaris 11.4を最後に、メジャーリリースを今後行わないとの事です。
記事で紹介されてるレイオフ(一時解雇)掲示板でのOracleについてのトピックの最初の書き込みによると、

Solaris being canned, at least 50% of teams to be RIF'd in short term
All hands meetings being cancelled on orders from legal to prevent news from spreading.
Hardware teams being told to cease development.
There will be no Solaris 12, final release will be 11.4.
Orders coming straight from Larry.
No info on timing yet.

とのことです。
開発現場でのワークステーションのOSといえば、殆どがSolarisだった時代を知ってて、クロスビルドで散々お世話にもなった者としては、非常に寂しいばかりですが、Solarisを無料化したときから、こうなる運命だったのかもしれないと諦めています。

12635579 journal
Debian

Artane.の日記: Debian創始者・イアン・マードック氏逝去。 47

日記 by Artane.

GNU/Linuxの多くのディストリビューションの基礎にもなっているディストリビューション、Debianの創始者の一人であり、"Debian"の名前の由来の片方でもある、イアン・マードック氏が、12月28日に逝去された。享年42。

Debianは言うまでもなく、Red Hat≒Fedoraと並んで、有力なGNU/Linuxディストリビューションであり、多くのサーバや組み込み機器の中枢を担ってるだけではなく、Ubuntuなどの多くのディストリビューションの基礎部分となるまでに成長しただけではなく、初期から「フリーかどうか」を重視し、フリーでないものを別のカテゴリ(contribもしくはnon-free)に分けて収録するなど、FSFが提唱してきた「フリーなソフトウェアで世界のコンピュータを満たす」と言う哲学・目標を体現するシステムでもありました。

私は、Facebook上でのDebian Projectの一報で知りましたが、未だ42であるとは…早すぎる死に、合掌。

10634325 journal
日記

Artane.の日記: Google,ロゴをLGBTを象徴するレインボーカラーに

日記 by Artane.

今日からソチ五輪が始まりますが、Googleのロゴがレインボーカラーになっています。
七色というには一色足りませんが(字数の関係?)、この配色は同性愛者の社会運動を象徴するレインボーフラッグに準じた物です。
又、今のGoogleのトップページを見ると、五輪憲章の、以下の一節が引用されています。

「スポーツを行うことは人権の一つである。すべての個人はいかなる種類の差別もなく、オリンピック精神によりスポーツを行う機会を与えられなければならず、それには、友情、連帯そしてフェアプレーの精神に基づく相互理解が求められる。」 – オリンピック憲章より

ソチ五輪と言えば、最近ロシア政府が強硬に推し進めている、同性愛者弾圧政策で、多くの同性愛者が投獄されたり暴行を受けたり、挙句はネットで晒し者にされたりしていることが問題になっており、ソチの市長もそれを受けてか「ソチにゲイはいない」と公言して国際問題になっています。
ロシアに限らず、同性愛者を弾圧する国は最近増えており、ウガンダなどアフリカ諸国でも同性愛者を終身刑に出来る法律が出来たりしています。

Googleのこのデコレーションは、そういう同性愛者への弾圧・特にロシア政府への抗議の意志と、同性愛者への連帯の意思表示なんだろうと思います。

10634321 journal
日記

Artane.の日記: Google、ロゴをLGBTの社会運動を象徴するレインボーカラーに 2

日記 by Artane.

今日からソチ五輪が始まりますが、Googleのロゴがレインボーカラーになっています。
七色というには一色足りませんが(字数の関係?)、この配色は同性愛者の社会運動を象徴するレインボーフラッグに準じた物です。
又、今のGoogleのトップページを見ると、五輪憲章の、以下の一節が引用されています。

「スポーツを行うことは人権の一つである。すべての個人はいかなる種類の差別もなく、オリンピック精神によりスポーツを行う機会を与えられなければならず、それには、友情、連帯そしてフェアプレーの精神に基づく相互理解が求められる。」 – オリンピック憲章より

ソチ五輪と言えば、最近ロシア政府が強硬に推し進めている同性愛者弾圧政策で、多くの同性愛者が投獄されたり暴行を受けたり、挙句はネットで晒し者にされたりしていることが問題になっており、ソチの市長もそれを受けてか「ソチにゲイはいない」と公言して国際問題になっています。
ロシアに限らず、同性愛者を弾圧する国は最近増えており、ウガンダなどアフリカ諸国でも同性愛者を終身刑に出来る法律が出来たりしています。

Googleのこのデコレーションは、そういう同性愛者への弾圧・特にロシア政府への抗議の意志と、同性愛者への連帯の意思表示なんだろうと思います。

222612 journal

Artane.の日記: 15億円であなたもロシアの巡航ミサイルが撃てるコンテナ 70

日記 by Artane.

ニュースサイト、GIZMODE JAPANによると、ロシアのConcern Agat社がコンテナ船をミサイルキャリアにするコンテナそっくりのシステム(英文プレスリリース)を開発中で、既にサウジアラビア・ベネズエラなど数カ国から購入打診が来ているとの事。

このコンテナ、GIZMODEの記事やメーカーの紹介映像(中国で中央電視台で放映されたと覚しき紹介報道もある)を見るとわかるように40フィート型の国際海上コンテナそっくりの外観ですが、しかし、露・ノバトール社開発でロシア軍現用の巡航ミサイルである3M54"KLUB"対艦/対地ミサイル及び3M14-TEをコンテナ一個あたり四発積んでそのまま発射できてしまうという物騒なものです。
GIZMODによると、価格は1350万ドル程度とのこと(大体15億?)

当然ながら西側諸国などからは「テロの拡散になる」と抗議と開発差し止め要求が殺到してるとのことですが、ロシア当局は歯牙にかけず、メーカーもロシア当局が規制しないからと無視の模様。

この数年で見ても、第三世界内部での取引というものが急激に高まっており、その一環として第三世界諸国製の武器売買が増大している状態にあると同時に昨年くらいからの原油価格安でそれまでリッチだったロシアの財政も厳しくなっている現状があるので、ソ連崩壊からプーチン政権中期までのようにもう一つの特産物である武器の販売に再び力を入れざるを得ないのでしょうが…北朝鮮の弾道弾や核爆弾がどの国に供与されてるかで神経尖らせてる日本に住んでる者としては又物騒な物が出てきた…と言う感じが否めないのですが。

138380 journal

Artane.の日記: ディズニーがマーベルを買収へ 74

日記 by Artane.

CNNによると、31日にディズニーがアメコミのマーベルを約40億ドルで買収する事について両者の経営者の間で合意したと発表した。と伝えました。

CNNの「World Business Today」(TV)によると、今後、株主の了承を経た上で正式に買収・合併となりますが、買収に当たってディズニーは、マーベルの株主に一株あたり現金30ドルとディズニー株0.745の交換レートを提示していて、これは8月30日のマーベル株の終値(引け値)の29%高に相当する価値となっていて、その影響でマーベル株の株価は31日だけで25.15%の上昇を見せているようです。

厳格過ぎる著作権管理で権利を独占するので有名なディズニーが買収するのが何かいやだな…と思ったら、既にマーベルのキャラクターを使ったコンテンツビジネスでディズニーが提携を始めていて、この動きを加速するための買収であると言う解説が各社でされています。

アメリカがこのようにコンテンツビジネスで超大手数社が寡占市場を形成して行くのを見ているの何か寂しい物があります。
日本のコンテンツビジネスも独創性が何とかする時代が終わって内外の超大手がM&Aやコンテンツの版権買い取りで市場を寡占していく時代になっていくのでしょうか…

131725 journal

Artane.の日記: iPhoneでも破裂事故、しかし… 125

日記 by Artane.

毎日新聞(電子版)によると、パリジャン紙が報ずる所(リンク先は有料記事・最低月8ユーロ程度必要なのでタレコミ子は未だ読んでいません)でフランスでiPhoneの画面が破裂する事故が連続してあったとのこと。

又、この「爆発」事故の一つで眼に液晶のガラスの破片が刺さって治療を受けたユーザの少年の母親がApple社の対応を不満として訴訟も辞さない構えを見せていたり、パリジャン紙などからの問い合わせにたいしてApple社がコメントを拒否してるなどの状況になっているようです。

そして、この事故はフランスに限らず日本・アメリカなどでも起きているとパリジャン紙は報じているようですが、毎日新聞がAppleの日本法人に対して問い合わせた所、「そのような事故はない」と回答した模様です。

しかし、このAppleの回答というか対応というのはiPod NANOのリチウムイオンバッテリーが爆発を起こして事故になっていたときの対応と非常に似ていて、あの時は事故自体を最初はなかったことにしようとして、一時的になかったことで進んだけど結局対応の悪さに怒ったユーザがWEBで告発して事が公になって(元の告発サイト)、他のユーザからも同じような事故が遭ったという声が上がって、ユーザの圧力に押される形で渋々認めて回収しはじめるも未だに日本などでは役所からの度重なるリコール要請があってもすら真面目に履行しようとしていないと言ういい加減なものでしたが、今回の事故に付いてもその時の二の舞なのではないかと思えてなりません。

この「液晶が爆発した」と言うのも、iPod NANOなどと同じでバッテリーかコンデンサーあたりの部品や電源回りの実装に関する設計品質が悪くて起きたのであろうと思いますが、日本では品質を軽視してる一部大手国内メーカ(ソニーとか…)ですら容易に考えられないレベルの低い品質管理を繰り返し続けて・それで重欠陥が続出してクレームが付いたら隠そうとしてかくしきれなくなったら渋々現物交換でお茶を濁す。
要は、物を売ったら後は知らんぷりで、製品の重欠陥に起因する事故が起きても一向に対策せず次の商品でも同じ事を繰り返すAppleの企業倫理というのはどうしょうもないように思えてなりません。

122944 journal

Artane.の日記: Google Earth,JAXA提供の月観測データによって月面を立体表示化 35

日記 by Artane.

※この文章はタレこみます※

人類が月面に着陸してから40周年ということもあって、今アメリカを中心に月探査に関するイベントが目白押しですが、7月21日の毎日新聞(電子版)によると、Googleの地形表示サイト「Google Earth」の月面データが立体表示(但し、専用ソフトが必要な模様)に対応したとのことです。

同記事によると、

 グーグルムーンは月面の好きな場所を選び、拡大表示したり、視点の高さや方向を自由自在に変えることができる。著名なクレーターなどには解説文も表示され、アポロの着陸点では当時の映像や音声を視聴できる。

 グーグルは以前から月面地図をインターネットで公開していたが、平面的な表示だった。データ提供の打診を受けたJAXAは「かぐやの成果の広報、普及につながる」と無償提供を決めた。

となっており、この立体化表示に付いては、JAXAが無償でGoogleに「かぐや」の観測情報を提供したとの事ですが、
これって、月面HD撮影映像のネットへの公開でJAXAと同じように権利を保有しているNHKが無償公開に難色を示して、DVDクオリティの映像の公開までに半年を要して物議を醸し、JAXAが管理しているYouTubeのチャンネルにHD動画が登録されたのが更に八ヶ月弱経った2008年の12月3日(追記:公式にJAXAチャンネルにアップロードされたのは更に四ヶ月後の今年の3月半ば以降)という、
殆ど月面観測が終わってホットな時期を終えてしまってからで「かぐやの成果の広報、普及につながらなかった」結果に対するNHKへの意趣返し的と迄は言わなくても、NHKをスポンサーにした見返りの権利関係のややこしさが予想外に仇になって「かぐや」の売りだった月面のカラーHD動画を武器にした一般向け広報活動がうまく行かなかった事への無念が言外ににじみ出ている様に思えるのですが…(^_^;

See Also:
http://www.jaxa.jp/press/2007/11/20071107_kaguya_j.html
http://www.youtube.com/jaxachannel
http://miau.jp/1206936000.phtml
http://miau.jp/1208959200.phtml
http://miau.jp/index1210242600.phtml
などなど。

推奨サブカテゴリ:YRO(著作権問題),Googleなどなど…

107219 journal

Artane.の日記: WHO,豚インフルエンザに対してフェーズ6を宣言 80

日記 by Artane.

6/12未明のTBSニュースバードで知りましたが、WHOが豚インフルエンザ(A/H1N1)のパンデミック・フェーズ6を宣言しました

今回やっとフェーズ6となったのは、オーストラリア・VIC州で五名の患者が出てオーストラリアでもパンデミックが宣言されたためであり、先月頭にフェーズ5にまで一気に上がってから非常に長かったようにも思います。

WHOのマーガレット・チャン博士はこの宣言文の中で

Ladies and gentlemen,

A characteristic feature of pandemics is their rapid spread to all parts of the world. In the previous century, this spread has typically taken around 6 to 9 months, even during times when most international travel was by ship or rail.

Countries should prepare to see cases, or the further spread of cases, in the near future. Countries where outbreaks appear to have peaked should prepare for a second wave of infection.

Guidance on specific protective and precautionary measures has been sent to ministries of health in all countries. Countries with no or only a few cases should remain vigilant.

と、このA/H1N1が過去と較べて非常に速く世界中に拡散した現実を直視することを各国に求めると同時に既に感染が起こってる諸国に対しては感染の第二波=過去のインフルエンザで死者が爆発に増えた時期に備えることを強く求めています。

この動きに呼応したかどうかは不明ですが、去る10日には厚生労働省が各自治体に対して全ての「疑い例」について遺伝子検査を行うように通知を出しています

今は弱毒性で感染力も極端に高くはないとされてるA/H1N1ですが、今後高い可能性で起こりうる凶暴化や強毒性で死亡率も高いH5N1鳥インフルエンザがインドネシアで人間への感染力を急速に獲得してる事を考えるとすぐにはパニック映画の様にならないにしても、これから先は今までのように風邪だから根性で…とか大げさだ。と言うことでは済まない事も多く出てくるでしょう。
皆さんは備え、進めていますか?私は品不足や金不足でそんなに進められていないです(/_;)

49222 journal

Artane.の日記: 福岡県芦屋町の教育委員会が「携帯禁止宣言」。 242

日記 by Artane.

20日のマスコミ各社の報道によると(リンクはTBSの報道、動画あり)、福岡県遠賀郡芦屋町の教育委員会が、町内の小中学生が原則として携帯電話を持つことを禁止する「脱ケータイ宣言」なる物を出したようです。(これを書いた時点では教育委員会からのネットでの公式の発表はありませんが)

読売新聞・福岡版の報道によると、

 福岡県芦屋町は20日、町内の小中学生が携帯電話を持つことを原則禁止する「こども、脱ケータイ宣言」を行った。携帯電話の有害サイトから子供を守るのが狙いで、強制力はない。自治体が所持の是非まで踏み込むのは珍しく、町内では賛否の声が上がっている。

 宣言は町役場会議室で行われ、波多野茂丸町長や中島幸男教育長、町議会、PTA連絡協議会の代表らが出席。町職員の代表が「子供を携帯依存やネット犯罪から守るのは家庭の責任」などとする宣言文を朗読した。続いて、波多野町長が「宣言に賛否両論あるだろうが、大人が率先すべきと考え、行政が行動を起こした」と決意を表明した。

この宣言自体は

▽ケータイを持たない勇気!持たせない愛!
▽心が通う対話や温かなかかわりが、さわやかな子どもを育てます!
▽子どもを携帯依存やネット犯罪から守るのは、家庭の責任です!

と言うもので、「強制力はない」という建前になっていますが、お役所が音頭を取って地域を引っ張るという事で悪書追放運動のようないやーな物とこれをきっかけに全国にこういう動きが波及して、情報リテラシー教育に対して社会的に思考停止してしまうのではないかという恐れを強く感じるし、
今はあるのかどうか分かりませんが私が高校生だった1980年代の後半までは良くあった、小中学生が私用で外出する場合に学校の制服やヘルメットを着用する事を教育委員会が指令して校則に定めさせて、それに反して私服で外出した生徒を教師が見つけると叱責や体罰が待っている…あの構図と同じような学校を中心とした地域社会の嫌らしい陰湿さのような物を感じてしまうのですが…

# 既にタレこまれてる気もしますが…

typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...