パスワードを忘れた? アカウント作成

itseさんのトモダチの日記。 スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

14266414 journal
医療

torlyの日記: 寝苦しい繊維

日記 by torly

マネジドケア運営とプラン設計
 1995年の記事。内容はあまりない…

コード化データの継続的品質向上: カテゴリー650のデータ品質研究
 1992年の記事。AHIMA Council on Coding and Classificationによる調査。コード650とは""delivery in a completely normal case"らしいがこれだけ書かれても何のことやら。

14265553 journal
医療

torlyの日記: 今日も暑かった繊維

日記 by torly

コンピュータ支援コーディングの品質管理
 1992年の記事。診断分類コードのお話。あんまり内容はないよう…

コード化されたデータのための品質管理プログラムを開発する
 1992年の記事。上の話に継続的品質なんたらを足したやつで、やっぱり内容はない。

14264478 journal
医療

torlyの日記: まだ眠気に襲われている

日記 by torly

ワシントン州Health Services Act(HSA): 包括的医療改革の実装
 1995年の記事。1993年にワシントン州が施行したHSAは、雇用者に対する義務付けによる皆保険状態を目指すものである。主要なコストコントロールの方法として、プレミアムに上限が設けられている。これはまた米国発の正式なマネジドコンペティションの実験でもある。研究者らによれば、この手法は他の州にも勧められるが、継続的な市民の教育とプログラム免除を通じた連邦政府との協力体制が不可欠であるとみられる。

倫理的ジレンマ: 償還のために医療記録をコーディングする
 1992年の記事。DRCsとMedicareの話だが、あんまり内容はないよう…

14263026 journal
お金

torlyの日記: 風強繊維

日記 by torly

政策ツールとしてのレート規制: ニューヨーク州の教訓
 1995年の記事。医療費抑制、台所事情の逼迫した病院の支援、無保険層の支援という3つのしばしば相互に矛盾する目的を果たすべく、ニューヨーク州は10年以上(※記事の出た時点)Prospective Hospital Reimbursement Methodology(NYPHRM)を政策ツールとして用いてきた。1つだけなら可能性は十分だが、3つすべては…というお話。

医療サービス組織のための継続的品質向上モデル
 1992年の記事。あんまり内容はない…

14262507 journal
お金

torlyの日記: うおお強風繊維

日記 by torly

全国EDIは運営コストを削減できる
 1995年の記事。伝統的に手作業で行われてきたトランザクションを自動化するだけで年2200億ドルのコストから730億を削減可能と。問題は、今これを読んでいる我々は多分した後(あるいは頓挫した後)の米国がいる世界を見ている訳ですが…

Medicaid支出と州のリアクション
 1995年の記事。セクション1115立証放棄、認定されたセクション1115立証の実験、放棄者がどうより大枠の州の医療改革の中に位置づけられるか、その他の改革例などといった話題を取り扱うらしい。

ケースミックス指標の変化におけるDRGクリープの頻度ってどれくらい?
 1990年の記事。DRGクリープとは病院の収入を増やすためにDRGを再編する行為、あるいはそうした変更を指すらしい。7887件のMedicareチャートの標本を使い、86~87年の指標における変更のうちどこまでが症例の複雑さに基づく「真の」変更で、どこからがアップコーディングあるいはDRGクリープかを検証する。おおよそ2/3が真の変更であり、残りの1/3の大半はコーディングの向上による一般的な変更であると思われた。つまり、(元々の世間の予想は不明ながら)医療費増大はDRGクリープのせいだったのではないかという懸念は、この時期に限れば確実に的外れということになる。

14261806 journal
ビジネス

torlyの日記: 7時ごろでもクソほど道路が混んでるよ繊維

日記 by torly
提供者の合併: PO(医師組織)対PHO(医師病院組織)
 1995年の記事。POと病院の共存は医師にとって魅力的ながら、長い間には競争圧によりアレになるだろうとの見方。
14258304 journal
お金

torlyの日記: 睡眠サイクルとの終わりなき戦い繊維

日記 by torly

全支払者制度下では保険業者は同じ料金を支払うべきなのか?
 1994年の記事。全支払者制度(all-payer system)とは、すべての保険業者が同じ支払い方法・レートを用いるシステムのことらしい。Medicare下でのDRGsと資源ベースの相対的価値スケール(RBRVS)により関心が高まってるとのことだが、カリフォルニアの457軒の病院での81の大型DRGsのデータによれば、単一のレート設定は現実的ではないようである。Medicare患者は商業保険を利用している患者より11.7%お高くなる傾向があるといわれるが、多くのDRGsにおいてはお安い方の患者であるらしいのだ。

医療の指標: コミュニティ病院統計、民間セクター雇用、時間、収入、価格、全国経済指標
 1994年の記事。表題通りのデータに関する定期的な雑誌の特集のアレ。

重症度を組み込むためのMedicare診断関連グループの改善
 1994年の記事。Health Care Financing Administrationが考えた表題通りのやつ。Medicare加入の入院患者のために病院へ支払われる金は、標準的な支払いレートに対し、診断グループ別の重みづけを掛けて求められる。当然の結果として、DRGsは最終的な支払い額を決める重要なファクターになる。

請求額ベースの重みづけと費用ベースの重みづけの長期的比較
 1992年の記事。請求額ベースは費用ベースに比べ特にケースミックス指数が高い病院への支払額が高くなるが、コスト・請求額比の低い病院、1人当たりのコストが高い病院、教育費の高い病院には影響が少ない。請求額ベースの方がより時期に即して変動する傾向がある。会計年度1985~87の間、請求額ベースと費用ベースの差はわずかしか増加していない。

typodupeerror

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

読み込み中...