パスワードを忘れた? アカウント作成

route127さんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

13605845 journal
アニメ・マンガ

route127の日記: 一迅社まんがブランド感うすくね

日記 by route127

ノートPCのヒンジがおバカになってきて80度以上に開くとLCDのバックライトが消えるので下駄かませて開度75度くらいで使ってたが押入れにハードオフで売ってた1,000円のhp製LCDがあったのを思い出してつなぎこんだりしてた。
以前USB→VGAでデュアルディスプレイ環境試そうと2台買って実験してからしまいこんであったんだった。

それはそうと帰りがけに本屋寄って何の気なしにぱれっと7月号パラ見してたらアズールレーンの4コマまんが連載が始まってた。
ちゃんと読んでなかったけど昔同じ一迅社のREX連載作に蒼海訣戦てあったよな。
別に一迅社に海事まんがが多い印象ないしあんまり関係ないか。
というか自分がREX気にしてたのっていつ頃だ?
ソルティレイとか載ってた頃か?
ところで4コマの方は早速Z23先生が出てきてたが23の数字の並びを見てるとbilibiliの2233娘を思い出すが数字以外はどっちもチャイナ絡みというだけだな。

しかし、なんで一迅社で連載なのかと思ったが、考えてみればそういうのに飛びつくのは割と得意な方か。
以前REXにアイマスとか東方とか呼んで来てたりもしてたりしてたけどあれは果たしてREX本誌のブランド力アップに繋がったんだろうか?

一迅社は今期も百合姫の立花館アニメ化してたりとかするけどいまいち一迅社アニメは一迅社感がない、というかレーベルのカラーが強いのか。
芳文社まんがのアニメは何やっても芳文社っぽさを感じてそれほどレーベル感ない(フォワードは若干シリアス寄りな気がする)のとは対照的ではあるかもしれない。
それだけ一迅社が多様なレーベル持ってるということではあるのではあろうが。
個人的にはゼロサム系の深夜アニメは嫌いじゃなかったんだけどな。

ここまで読んでくれてるということは割と暇人なんだと思うのだが、立花館CMのテトリスもどき見てて、昔あったブロックが菱形で消したブロックの上に載っているブロックが鉛直方向に落下せずに、菱形の斜面に沿って隣の列に落下するテトリスもどき思い出したんだけどゲームタイトル知りませんか。

13601436 journal
日記

route127の日記: ATMから自動車税納付

日記 by route127

銀行の24時間振込がニュースになってたがそういえば今月残業後帰宅してからインターネット経由で家賃を銀行振り込みしたらいつもは翌朝9時に届く決済メールが営業時間外にもかかわらず振り込んですぐに届いてたな。

自動車税の納税通知書も来てたが封筒にでかでかとペイジー(Pay-easy)払いが可能にと書かれていた。
去年は自動車税も軽自動車税もyahoo公金からクレジットカードで納付した覚えがあったのだが、今年は郵便局のATMから振り込んだ。
300円とはいえ手数料ケチる快感には逆らえないのだ。

というか今年はそもそもyahoo公金に千葉県税の選択肢がないんだな。
どうも今年の千葉県はエフレジ経由三菱UFJニコス立替払になるらしい。
こういうのも毎年入札で決まるのか?
あるいはNHK受信料クレカ継続払でポカやらかしたのが関係しているんだろうか。
だとしたら他都道府県も別口にするだろうし何なんだろ。

13600429 journal
アップグレード

route127の日記: りんご携帯音楽プレーヤ更新 6

日記 by route127

新しいモデルが出るかと思ってたけどそんな気配もないし、思い切ってバッテリ劣化の著しかったiPod Touchを新調した。
古くなったiPod Touchとガラケーを合わせてiPhoneにしようかとも思ったがiPhone高いし。
そもそも携帯電話の用途が目覚ましと偶に電話するくらいなんだよな。
いやむしろそういう用途にしか使ってないからまとめた方がコストダウンになるのか?
仕事用の携帯では毎日通話するのだが私用携帯は置き忘れることもしばしばなので電話機要らないような気もするけどないのはないので不便だし。
最低限のアクセス保障という意味では過疎地のバス路線に似てるのかもしれない。
既にあるiPadとiPod Touchあれば家のノートPC要らない気もしたが自分でスクリプト書いたりするのが辛いか。

実はゲーミングノート欲しい。

13594564 journal
日記

route127の日記: 長縄じゃない方のラフィー(小書きのイ)

日記 by route127

中公新書の日本軍兵士を読んでたら、ニコラスケイジがインディアナポリス艦上で特攻受けてた半月後に沖縄沖でレーダピケット艦として輪形陣を構成していた駆逐艦ラフェイに特攻機6機が命中するも沈没させることができなかったという話が紹介されていた。(p.56)
この駆逐艦ラフェイはもしかして最近次々TVCM打っているアプリゲー、アズールレーン初期艦3隻の内の1隻であるラフィーの同音異綴なのではないかと思い調べていたがどうも別の艦らしい。
というのもLaffeyの名を冠された米海軍の駆逐艦は1942年に沈没したベンソン級駆逐艦ラフィー(USS Laffey DD-459)とその後1943年に就役したアレン・M・サムナー級駆逐艦ラフィー(USS Laffey DD-724)の2隻があるからで、アズールレーンは前者、中公新書は後者であるのでラフィーの名前は同じでも船としては別物であるようだ。
(因みに戦艦少女Rには後者のアレン・M・サムナー級駆逐艦の方のラフィーが居るので更に混乱する。)
そういった事情込みでラフィーとラフェイという書き換えをしているのかとも考えたが、そういった事情を示す確たる証拠は見つけられなかった。
(ベンソン級駆逐艦でもラフェイ表記のプラモデルがある)
ただ見てきた通りラテン文字表記ではどちらもLaffey、漢字表記でも拉菲であるのでカタカナ表記でラフィーとラフェイに書き分けていたというよりも個人差や時代の違いが原因かもしれない。
(wikipedia日本語版だとさらにラッフェイ表記になっていたりもするが今回話題にしない。)

また、語末のyを「イ」で表してよいものか、あるいはeyを「ェイ」と表記するべきなのかというのは個人的に気になる所でもある。
大体英語において語末がyで終わるものはラッキー(lucky)、ストロベリー(strawberry)あるいはパフィー(puffy)のように直前の音がイ段なら「ー」、それ以外なら「ィー」で表す感覚がある。
もちろん表現上の効果を狙って例外的な表記をするものもありはするのだが。

語末のyやeyがどのようなかな表記をされる傾向にあるのかを記憶を頼りに分類してみると、-yで終わる英単語では、

普通のイ スカイ(sky)
小書きイ グラビティ(gravity)、カービィ(kirby)、パフィー(puffy)
イ段長音 ロンリー(lonly)、スヌーピー(Snoopy)、ネイビー(navy)、ベリー(very)、アカデミー(academy)、マシナリー(machinery)、ワイナリー(winery)

と長音優勢な感じ。
とするとLaffeyは「ラフェー」とするべきなのか?
とりあえず語末が-eyの英単語についても見てみると、

普通のイ グレイ(grey)、オデッセイ(odyssey)、オーケイ(okey)、アレイ(arrey)、サーベイ(surbey)
小書きイ
イ段長音 モンキー(monkey)、ディズニー(Disney)、ジャーニー(journey)、チムニー(chimney)
エ段長音 ノルウェー(Norwey)、マネー(money)

と普通のイが若干優勢ではあるものの長音も健闘していて、こうしてみるとLaffeyを「ラフェイ」表記するのはそれほど違和感はないように思える。
まあノルウェイ の森はどうするんだとかBarkleyはバークレイなのかバークレーなのかバークリーなのかみたいな細かい議論はあるだろうとは思う。
ただ実際ああいうアプリゲーで最終的にかわいさ重視なら「ラフェー」とか「ラフェイ」なんかよりは「ラフィー」にするのも納得感はないではない。
「パフィー」が「パフェー」だったら売れなさそうだもんな。
あるいは表記ではなく発声の際に実際小書き母音と長音では違うというのもあるかもしれない。
例えばア段ではあるけれども、

「さぁ、行こう」
「さー、行こう」

の2つの表記を比べると後者の方が平板な感じに読まれることを期待するのではなかろうか。
まあ結局大体5種類位しかない日本語の母音をどうやりくりして雰囲気出していくかの問題ではあるとは思う。

小書きのイに他にも色々(キィリスィマスィとかクリーミィとかヘルスィーとかディオラマとかウィスキーとかウィークとか)思うところはあるのだがまたそれは別の機会で。

13591965 journal
日記

route127の日記: 千葉港RoRo船

日記 by route127

映画観に蘇我まで出かけたら人出多いのに黄色いユニフォームを着ている人が見当たらず何だろうかと思ったらフクダ電子闘技場でJAPAN JAMなる音楽会をやっていたらしい。
そういうのは夏場やるものかと思ってたが今の季節からやってるものなんだな。

それはそうと映画館向かう途中でRoRo船が停泊してるのが見えた。
確かに千葉港の方へ行くと自動車ディーラとか部品倉庫とか固まっているけれどあまり千葉港に自動車積出港の印象がなかったのでまじまじと見てしまったけれども双眼鏡もなくて船名がわからなかった。
帰ってきてから調べたらバカラ賭博で有名な大王製紙系の大王海運が運行するRoRo船だった。
というか千葉港に寄航するRoRo船の定期航路はこの1本だけらしい。

地元千葉県というと農業県の印象が強くて、工業県としても石油とか鉄鋼みたいな印象だったが自動車積出港をもつ物流の要としてそれなりに実績もあるんだな。
ただ自動車工場分布図を見ると首都圏で唯一自動車関連工場がないのもまた千葉県なんだよな。
内陸部の工場で製造された自動車が千葉県から出荷されているのかと思うと不思議と感慨があるものだ。

出荷だけでなく輸入車取扱いシェアについては三河港についで国内第2位らしい。

13590395 journal
日記

route127の日記: 5はゴリラのケツ洗い 2

日記 by route127

1は一日便所掃除
2は肉屋の大泥棒
3は算数やめられない
4は白髪のおじいさん

色々あって出先でウォシュレットを使い、尻の穴を洗っていたのだが、実はなんとなくあまりウォシュレットが好きではなく、またその理由を説明できずにいた。
今回使った温水洗浄便座のコンソールに乾燥操作がなかったのだが、実際温風乾燥機能不要論は根強いようではある。
ぬれた尻を乾かすのは髪を乾かすほど熱風温度も上げられないのではあろうし、装置側の電源にも配慮が必要ではあると思う。
ただそういった言い訳ができるにせよ、湿り気の手当てをトイレットペーパーに丸投げというのは設計が悪いと思うんだよな。
もしトイレットペーパーの吸湿性を高く、丈夫にしてウォシュレット使用後の水分除去用に最適化できればそれはそれでそれこそ尻拭いにはなるのだろうけれど、ウォシュレットを使わない人々にとっての使い勝手や、使用後の下水中での挙動を考えると現実的ではないように思える。

13583007 journal
宇宙

route127の日記: テザきゅーぶ!

日記 by route127

静岡大の宇宙EV実験半分成功記事で「米戦略軍が一般公開している通信データ」云々あったのが気になって調べてたが別にWebで公開しているわけではないのか。
あるいは探し方が悪いのか。

今まで人工衛星を監視してるのはNORADかと思ってたがいつの間にか米戦略軍(USSTRATCOM)の統合宇宙運用センタ(JSpOC)になってたのか。
(実際の指揮系統としてはこの間にJFCC SPACE(宇宙統合機能構成部隊(逐語訳過ぎないか))とか挟まるらしい。)
JSpOCは軌道要素カタログの管理とか人工衛星へのデブリ衝突アラートの発出なんかもしてるそうだ。

ところで4/12記事の元になったと思われる静大の3/27発表レジュメには静大地上局への言及はあるが米戦略軍については特に触れていないんだよな。
まあその辺はいいとして、他にも静大衛星と言うものの書類上の運用者は香川大のようにも見えるたりするのも気にしない方がいいのだろうか。
元々の香川衛星開発プロジェクトSTARS空海)のWebサーバも静大だし。
STARSは今回のSTARS-C(はごろも)の他にもSTARS-MeとかSTARS-AOとかあるらしいがどちらも静岡らしい。
MeはともかくAOの方はネーミングに若干パチスロ風味を感じてしまう。

日本語版wikipediaのCubeSatの一覧からはうまく辿れなかったが英語版には一応テザー衛星として空海が記載されているんだな。
ついでに一覧見てたら去年の11月にアスガルディア宇宙王国が衛星打上げてたり、JAXAが6Uサイズのおもてなし衛星を予定してたりとか別に知りたくなかった情報まで取り入れてしまった。

13581386 journal
日記

route127の日記: ねんどし 4

日記 by route127

4月なので年度始めの訓示を上の空で聞きながら、年度末は「ねんどまつ」なのに年度始で「ねんどし」と読むのを聞いたことがないなと思った。
年末(ねんまつ)に対しては年始(ねんし)が対応するのに年度末(ねんどまつ)に対応するのが年度始め(ねんどはじめ)なのはなんか変じゃないか。
ねんどし」だと語呂が悪いからかと思ったがふんどしとか漢文で東を動詞として訓じる時も「ひんがし」と読むことがあったしもっと別の理由なのか。

日常語だと「始(し)」で終わるのは「年始」以外に「開始」ぐらいしか思い浮かばなかったが、試しにgoo国語辞典で調べてみると「『始』で終わる語」が25件しかヒットしないのに対して「『末』で終わる語」は98件あった。
ただ「iOS端末」とかも含まれてるが。
「末」に比べて「始」の接尾語としての生産性が低くて年とはくっついて「年始」になるけど「年度」とはそうならない、みたいな感じなんだろうか。

接尾語といえば「家」「者」「師」「士」の使い分けを論じているものを読んでいたら

「家」は一人で全てを完成させられる仕事を表すことが多い。

と「指揮『者』」が「指揮『家』」でないことを挙げて説明する一文があったが、一時期NHKが声優を声優家と読んでいて違和感あったがその理由を説明できなかったのを思い出した。
他にもヒトを表す接尾語は「狂」「鬼」「魔」とかあるけど自分は普段どう使い分けてるんだろうか。
放火犯と放火魔、殺人者と殺人狂とか考えると常習性のあるなしとか?

13580820 journal
おもちゃ

route127の日記: 強化段ボール 1

日記 by route127

本屋の貼り紙で知ったが任天堂のダンボールのは昨日発売だったのか。
もっと前に発売されてるものかと思ってた。
公式動画見ていやーすごいなーとは思った。
任天堂以外からもソフトやダンボールが出てくるんだろうか。
なんか教材っぽくも見えるけど、その一方でギャルゲハード化もガンガン進んでる感じしてて今までの携帯型ゲームハードとは売り方が違う気がする。

それはそうと2週連続総集編を放送し、3月末に残り話数の放送を打ち切られたメルヘンメドヘンにDMMのダンボール戦記擬人化ソシャゲがTVCM出してた。
時期的にソシャゲのサービスインに合わせてだったのかも知れないが、翌月のワンフェスでブキヤが関連製品出品してもいたらしい。
バンダイのふみな先輩もだが、その前段として武装神姫リブートとかFA:G続編とかも色々あるので晩春以降の女性型フィギュア・プラモデル界隈は話題多くなりそうで、早速HJはフィギュア専門誌出してたりするがそれにしても強気な値付けだな。

13578716 journal
日記

route127の日記: あたごンち

日記 by route127

台湾総統府秘書長に就任した陳菊があたしンちの母親に似てる、とかいう話を読売オンライン載ってたのを読んでた
あたしンちの連載は読売日曜版だったのもあって取り上げたにしても、ちょっとなあ…と思ってたら本人自身がコスプレしてたりするらしい。
高雄市長なんかも務めていたらしいが、高雄は打狗の音写みたいな話を八王子は高尾山の近くでしてたそうだ。
打狗を音写して高雄になった後、現地読みでカオシュンになったのか。
韓国の大田市なんかも似たような感じだった気がする。
他にも日本統治時代に付けられた漢字地名が現地読みで残ってたりするのかなと思ったらwikipediaに日本語に由来する日本国外の地名一覧の項目があった。

打狗の字面を見ていてアズールレーンの愛宕が大陸では愛大狗に聞こえるみたいな話を思い出した。
でも高雄はケモミミというよりはやっぱりドリルだよな。

そういえば文化放送のアズレンラジオが枠移動で日曜25時になったので加隈亜衣だし聞いてみようと91.6MHzに合わせたら放送終了で、1134kHzに合わせたらKBSが混信してくるしで結局radikoで聞いてたが、今週はFMも放送してるし中波も混信なかった。
時間帯的にBS刀使巫女とかぶるけどMXでも見てるしこないだ作画怪しかったしいいよね。
などとアプリゲー番組対決によりにわかに生じた葛藤が月曜日を迎え撃つ力になる。

typodupeerror

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

読み込み中...