パスワードを忘れた? アカウント作成

taggaさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 スラドのRSSを取り込んでみよう。

14024156 journal
日記

taggaの日記: 共通テスト問題、スポーツ紙にも掲載

日記 by tagga

本家ではみつからないので、yahoo から:

予備校や高校からの批判がやはり大きい。 大学からも批判の声をあげたいが、多くの人は語学担当部署が考えることと考えてくれない。 それに認可行政のもとで文科省の顔色も気になる、ということになる。

民間試験とCEFRの対応関係に根拠がないし、そもそも学習指導要領と対応しない (大学側は、あれでも学習指導要領の範囲で答えが出るかを気にして作問しているのに)。

14024113 journal
日記

taggaの日記: ニコチン依存症と戦いようがない

日記 by tagga

筆名を書籍用に変えているNATROM氏の記事である。 NATROM氏は「患者の意思に逆らってニコチン依存症を治療してしまうのはパターナリズムに過ぎる」という立場。

喘息や気管支に問題をかかえるものからすると、タバコは本当に本当に本当に禁止して欲しい。 しかし、 ニコチン依存症の人たちの一部は禁止されようが吸う。 自宅の周りは歩行喫煙禁止で、最寄り駅の周りは屋外喫煙禁止だが、吸っている人がいる。 職場も禁煙になったが、夜に研究室の窓をうっかり開けると咳込むことは多い (旧喫煙場所、敷地外の両方がある模様)。 こういう人たちは、喘息で死にかねないとか、死なないまでも肋骨を痛める(最悪、骨折も)ということを理解してくれない。

ニコチン依存症患者が自分たちを加害者として認識できないということを前提にしないと、対策はできない。 野良で吸われるのが困るので、管理された状態で吸わせる環境を整えるしかない。 その中で、なんとかして、受動喫煙の被害が少ないものに誘導していくしかない。

;; ぶっちゃけ、嗜好品だから禁止できるだろうと思っている人たちの方が、ハームリダクションの敵で迷惑。

14022420 journal
日記

taggaの日記: 面倒い

日記 by tagga

よく分からない。なぜ、導入=本格導入という話になるのだろう。

こじんまりと端末1台入れて、あとの処理も表計算なら1桁万円ですむのに。 金額的には野良でできる話だけど、野良ではやりたくない。 野良でやるとなると必要な情報がいくつかあって、 担当部署が明らかにしてくれるか分からない。 それを自力解析するのは、できると思うけど、なんか嫌。

14020749 journal
日記

taggaの日記: きっと担当者が忙しくて忘れてたんだね

日記 by tagga

とあるところで話題になっていたので、日付の確認。 文科省はWebに出すものに、登録年月を入れてくれている。

3回目の議事要旨から:

(2)各資格・検定試験とCEFRとの対照表(案)について

事務局から、各資格・検定試験とのCEFRとの対照表(案)について説明した。 各資格・検定試験について、「大学入試英語成績提供システム参加要件」における第4の5(CEFRとの対応関係並びにその根拠となる検証方法及び研究成果等に関する事項)の要件を満たしていることが確認できたとした上で、本対照表については本作業部会として了承したものとする旨、同意がなされた。

9月末までに判断をというときの根拠になる、これがなぜ10月にならないと出てこなかったの? それから、その根拠となるデータは?

追記: 南風原先生による対応づけの問題点の動画.

14020692 journal
日記

taggaの日記: たぶん謝罪案件 3

日記 by tagga

『虚構新聞』2019-10-09. 軽減税率「理解している」100% 「複雑」批判払拭. http://kyoko-np.net/2019100901.html

1日から始まった軽減税率の仕組みについて「よく理解している」と回答したのは5%、「大体理解している」が20%と伸び悩む一方、「あまり理解していない」は55%、「全く理解していない」が20%だった。しかし「軽減税率の仕組みを理解していないことを理解しているか」とさらに尋ねたところ、全員が「よく理解している」と回答。軽減税率について「理解している」と答えた人は合計で100%に達した。

この件はともかく、こんな感じの論の立て方をしないと、霞◯◯の事務指導をくぐりぬけることが……。

14019971 journal
日記

taggaの日記: 社会主義国の憲法

日記 by tagga

憲法問題で「法の支配が……」と言う人たちがいるが、 誰かさんたちは、誰かのおじいさんがやろうとした 国家社会主義を目指しているのだから、 社会主義の憲法がモデルになる。

社会主義の憲法の方針は、 「民主集中制」と「労働者の権利」が柱。 雑な議論をすると、 権利のある労働者を、ある民族に限ったのが、国家社会主義。

どこぞの人たちが作りたいのは、……。

2本柱のうちの、 「労働者の権利」が天賦なのではなく、義務に裏付けられたもの "Arbeit macht frei." (働けば自由になる) にしたい。

その一方で、民主集中制は入れたい。 つまりは《民主主義的に選ばれた自分たちは何をしてもいい》 三権分立なにそれおいしいの? という話。

つまり、北(以下省略)。

14019393 journal
日記

taggaの日記: 英検 1day S-CBT 予約締切延長と返金期間変更

日記 by tagga

英検の文書から怒りがすけて見える。

返金申込の受付期間につきましては、予約申込終了日の11月11日(月)の翌日から開始することも検討しましたが、あいにくS-CBTの実施に際しては、キャンセルなさった方々を除いた予約申込をされた皆様の情報をもとに、これから全国の会場確保、運営準備、試験監督の人員確保・教育といった業務をおこなう必要があり、入試に対応する、よりセキュアな実施運営をおこなうには、これ以上の期間短縮は難しいと判断し、11月5日(火)から11日(月)までと決めた次第でございます。

上記のとおり、英検協会としては、時間的にも内容的にも精一杯の対応でありますことを、どうかご理解いただきますよう謹んでお願い申し上げます。

B社さん対応と、それを後押ししているんじゃないかという文科省に対して怒るのは当然だと思う。 11月までにB社が本当に実施体制をまともに発表することができるのか、 そのときに会場のどれだけが高校になっているのか、 県教委が現場にどうプレッシャーをかけて飲ませたか、 あたりが着目点。

14018893 journal
日記

taggaの日記: それにつけても

日記 by tagga

職場が、21年度入試は英語民間試験を資格としても利用しないことを公表した。

これについて愚痴っておくと……。

認可行政のもとで、全拒否が無理という前提が上から降ってきたから、 足切りが事実上ゼロになるようなレベル設定とか、高校の調査書で代用可にするとか、 とにかく実質的に使わないように努力したやん。
;; 会議であれこれ批判して、えらい人に陰でつるされて、 自分に対する返答案も自分で出すとかさ……。

ようやく「延期」ということになっても、9月30日に間に合わせるだけでなく、 英検の返金開始予定日の前にリリースを出させるよう、 事務方と上の人をせっつかないといけなかったし。

文科省もWGを作ったんで、使うけど実質的には使わないラインで なんとかと思ったけど、グタグタ具合は全然解消しなかったし。 とくにB社。 受験産業あがりとしてはもともと福*を信じていなかったけど、ここまでグタグタとは思わなかった。 つか、それを許容する文科省は何?

とりあえずはなんとかなったけど……。 24年度、つまり25年入学向け入試では、共通テスト部分を廃止する気まんまんな人たちが 権力を握っている異常以上、23年春までには、それでも入試ができる仕組みを考え出さないといけないのに、 それを考えてくれる人が担当部署にいるんだろうか。

ずっと、どれでもいいという形での民間試験は入試に使えないことと、 それでも使うというなら英語に限らずどの言語でも可にしろ、 24年問題無視するな、 と主張してきたんだけど、 なんで僕が民間試験推進派扱いされるねん。ぶつぶつ。

14014133 journal
日記

taggaの日記: 明日から2%弱、貧乏人としての度合いがあがる

日記 by tagga

僕が非正規職の組みあわせ (表に出ている労働時間はフルタイムよりは少ない) で極貧生活をおくっていた四半世紀前の収入と、 今の非正規職でのフルタイム、さらに正規職でのフルタイムの人たちの収入が変わらないというのは、 なんという世の中なんだろうねえ……。

そういえば、消費税が作られるときに、 《これで社会保障費がまかなえて、弱者が幸せな世の中になるんですね》 と目をキラキラと輝かせて語っていた寮の後輩は元気なのだろうか。

typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...