パスワードを忘れた? アカウント作成

taggaさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

13323567 journal
日記

taggaの日記: 19世紀の×の英語がよく分からない

日記 by tagga

19世紀の算術の教科書で英語のものだと × を into, multiplied by, times の3つがあるようだけど、 into が古いようだ。

  • Dean, Philotus. 1874. The High School Arithmetic: Containig All the Matter Usually Presented in a Higher Arithmetic, Analyzed and Practically Applied : with the Most Approved Models and Analyses : for Public Schools and Academies. A.H. English & Company. https://books.google.co.jp/books?id=ozE46chXlDMC

The sign of multiplication is an oblique cross; thus ×. It indicates that the number proceeding it and the number following it are factors, but does not indicate which is the multiplier or multiplicand. It is read multiplied by, times, or into. (p.40)

次のは10年後ぐらいだけど into が消えている。 そして掛け算に順番がある。

The Sign of multiplication is ×. It is read times, or multiplied by.

When placed between two numbers, it shows they are to be multiplied together. Thus, 9×7 is read, 9 multiplied by 7 or 7 times 9. (p.35)

次のも into はない。交換法則があるので、語順通りでも times でいいという説明。

The Sign of Multiplication is ×, and read multiplied by. When placed between two numbers it shows that the number before it is to be multiplied by the number after it. Thus: 6×3 is read 6 multipled by 3.

Note. -- Since the change in the order of the factors does not change the product, the number after the sign may be considered the multiplicand, and the sign read times. 6×3 may be read 6 times 3. (p.100)

余裕ができたら、調べなおしたい。

13321175 journal
日記

taggaの日記: 緑表紙の解説

日記 by tagga

『小学算術』(緑表紙国定教科書 1935)での変更についての 当時の解説。 国会図書館デジタルコレクションから。

  • 酒井福寿. 1936. 尋二算術実践上の諸問題. In 長崎県女子師範学校附属小学校 編, 『科学的教育建設の企図』長崎県女子師範学校附属小学校, pp.95-124. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1144488

表記は新漢字・新仮名に。

総九九の採用によって九九の数は八十一種を数えなければならぬ。 (p.95. 一. 乗法九九, (一)改正の要点, (1) 九九の数)

1924(大正13)年の黒表紙第3次修正で、 片九九から総九九へ変更されても、現場ではまだ定着していないということ。 片九九というのは 3×2 をみても、2×3をみても「にさんがろく」と言うようなこと。

旧教科書では二の段は二倍する九九であって、乗数が一定していた。 1×2 2×2 3×2 4×2 …であった。 新教科書では二の段は二の累加によって生じる結果を求めて、 所謂被乗数を一定している。 2×2 2×3 2×4 2×5 ………である。 乗法九九の発生から見ても、指導の実際より考えても極めて自然な形である。 (p.96, (2) 九九構成の形式)

教師用書に示された如く、九九指導に際しては、その構成を理解させねばならぬ。 故に構成の三要素たる、被乗数、乗数、積の順に呼ばせることは、 国語と一致して理解上異義なきことである。 (p.96, (3) 被乗数先唱)

立式では黒表紙時代から、被乗数×乗数。 これで計算と立式が一致した。

緑表紙の前年。ペリー運動から算数教育の改革を目指していた人。 つまり、緑表紙と同様の方向性。

然るに此の如き数桁の数ではなく、簡易な乗法を考えるに、

8銭×6=48銭 ........ 1)

に於て、之に用いる九九は八六、四十八が如何にも自然である。 之を強いて六八、四十八と唱えるは、元来外国の直訳に原因する。 外国では一本八銭の鉛筆六本の代は何程かとという場合の式として

6×8銭=48銭.........(2)

と書き、読むことも「六倍の八銭」という。 之に対し六八、四十八という九九は如何にも自然である。 併し日本の風のように(1)の型をとるとき、 之に六八、四十八は何といっても不自然である。(pp.167-168)

直訳ではなく、このばあいは片九九だと思う。 むしろ不思議なのは、藤澤など前の世代の数学・算数教育の中心にいる人たちがが、西洋で順序が混乱しているのに、 一貫して「被乗数×乗数」に初等でも中等でもしていることだと思う。

明治の西洋算術輸入から日本に向いた算数を工夫して、 数学・算数教育の中心の人たちが辿りついたのが、こういう辺り。 それを関係ない民間教育団体のせいにしたり、 教師の不勉強のせいにしたりする人たちは、……。 本人たちが分かってやっていることに 何の新しい観点もなく批判してもしかたないのに。

;; 念のためだが、上のような立場に僕は賛成していない。 僕の立場は、

  • 掛け割り図をかいて、式の中にもっと単位をつけようぜ。 そうすれば被乗数と乗数の区別を順番で示す必要はないよね。
  • けど、掛け割り図で説明する都合から、特に慣習がなければ、 被乗数×乗数で板書するよ
13309821 journal
日記

taggaの日記: Google Apps Script に normalize がまだない……

日記 by tagga

ローマ字表記のリストが欲しくて、 学内システムの1つからファイルをダウンロードしたら カタカナ表記だったので、 Google Apps Script でカナをヘボン式ローマ字に変換する関数を やっつけで書いて処理。

ついでなので、ちゃんとしたものに書き直そうと思った。 邪悪なる半角カナ/全角英数字対策もと考えたけど、 文字列で normalize を呼ぼうとするとエラー。 String.prototype.normalize がない。

なぜだ……。

とりあえずFF01からFFEEまでの範囲をまともな幅のに置換して、 半濁点と濁点を結合しなおす関数も書いた。

13307478 journal
日記

taggaの日記: 絶不調

日記 by tagga

だめだ。やっぱり今年の前半、完璧に壊れていた。

なんつか ICT 技術の支援がなくて生きていける人たちが、うらやましい。

つか、ICT の支援がないと生きていけないので、 きちんとしたシステムを入れて欲しい。 せめてカレンダーをちらばらせないでくれよ……。 紙の代用品なんて、要らないから。

13305241 journal
日記

taggaの日記: 完全禁煙の店を検索する方法……はともかく 3

日記 by tagga

PC版のときは、絞り込み検索で。呼吸器系が弱いので、こういうのは助かる。

紹介されているのは iOSの食べログアプリ。

PCからの検索では、一旦、検索したあと、 左側のメニューの「禁煙・喫煙」で「禁煙」を選び、 「分煙を含む」のチェックを外して「絞り込み」検索をする。

それはともかく、最初の検索でも、絞り込みでも人数は「2名」からで、 個々の店のページに移らないと「1名」にできない。

独りだと面倒なので、まともなとこに食いに行かないけどさ……。

13304855 journal
日記

taggaの日記: 京都に行けるか?

日記 by tagga

来年5月に京都である学会のためにホテルを予約したが、 行ける自信があまりない。 体力と気力の関係で。

関西人たちが予約早ぉと言ってたので、予約。 ふつうの値段のところが、ない。 高いか、安いか。 しばらく様子見していて、 リーマンの出張向け値段が出たので、ポチっとな。

パラレル・コーパスねたで発表をしたいけど、 それまでにカタがつくだろうか。 コーパス・サイズが小さいので、明確な結果は出ない感じ。

13301311 journal
日記

taggaの日記: 校閲がんば……

日記 by tagga

土曜は学会に行った。近場なのに日曜は寝こんだ。

昼と見たいセッションがない時間で読んだのが、 英語教員向けの日本語解説本。 日本語が専門の人だけど、 英語史でとんでもないミスがあった。

現在の二重字 digraphには、 重母音だったものと、 最初っから二重字だったものがあるのだけど、 後者も重母音由来として書かれていた。

英語の綴りはあれこれ不規則なところもあるけど、 中英語から初期近代英語の発音を表しているのが原則。 ただし、音素に対して文字の数が足りないので、 2文字で1音の二重字がある。 長母音だと:

  • 〈oa〉=/ɔː/ > /oʊ/ e.g. road
  • 〈oo〉=/oː/ > /uː/ e.g. rood
  • 〈ou〉=/uː/ > /aʊ/ e.g. proud
  • 〈ea〉=/ɛː/ > /iː/ e.g. read
  • 〈ee〉=/eː/ > /iː/ e.g. reed

〈ou〉は〈ow〉のばあいもあって、 さらに、/ɔu/ > /oʊ/ もあって面倒。

なお、〈ou〉で /uː/ なのは、フランス語からの影響。

13298872 journal
日記

taggaの日記: ヤのつくルート・セールスの人 1

日記 by tagga

例の法案に関係した条約って、 暴力団対策だったよね。

修羅の国では、 労働組合つぶしのための白色テロの実行部隊が、ヤ***だったから?

……。ああ、いいボケが思いうかばない。

仕事しよう。

13297843 journal
日記

taggaの日記: 会議室ウェア

日記 by tagga

偉い人たち向けのプレゼンではまともそうだけど実際にはどうにもこうにも使えないソフトウェアを 僕は「会議室ウェア」と呼んでいるのであるが……。

ピーキーなセッション管理で 書き込み途中のデータは飛ぶ……。

最初の数回は登録者のデータがそろってないので、 情報提供に使えない……。

提出はアップロードだけど、返却はメールを想定しているのか……。

う……。

typodupeerror

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

読み込み中...