パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

全日本ダンス協会連合会、「ダンスは不健全、何か起こる危険がある、警察がバックにいないと安心できない」と主張」記事へのコメント

  • 子供達にそんな不健全なものを強制していいんですかね。

    武道・ダンス必修化/文部科学省
    http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/jyujitsu/1330882.htm [mext.go.jp]

    文部科学省では、平成20年3月28日に中学校学習指導要領の改訂を告示し、新学習指導要領では中学校保健体育において、武道・ダンスを含めたすべての領域を必修とすることとしました。

    • 柔道が盛んな他国(フランスとか)に比べて、日本は、あからさまに柔道練習時の事故(死亡事故含む)が多いのに、武道を必修化しちゃった訳で。(しかも、専門家が教えても、その惨状なのに、学校で教えるのは柔道の勉強をちゃんとやってるとは限らない体育教師)
      要は、何も考えてないんじゃねーか、と。

      • あら、そっちですか。

        武道に限らずそういう授業では学校の先生じゃなくて、ちゃんと指導できる専門家を外部から招いて欲しいなぁ。
        あるいはそういう資格を持った先生に手当をつけて指導させるか、指導の基準を厳密にしないと安全面に不安がありますね。

        柔道は何年生からやるのかわからないけど、最初の3年間は基本動作と受け身だけにしたらいいかも。
        剣道も最初の3年は基本動作(型)の繰り返しだけでいいんじゃないかな、そんきょに摺り足と素振りだけでも力着きそう。
        基礎を習熟させれば護身にも役立つでしょうし。

        • by Ryo.F (3896) on 2014年06月12日 10時01分 (#2619793) 日記

          柔道は何年生からやるのかわからないけど

          中学一・二年。三年生は選択。

          最初の3年間は基本動作と受け身だけにしたらいいかも。

          そんなクソ面白くもない苦行をやらせようという意味が解らない。
          そんな提案をするくらいなら、必修化に反対した方がマシ。

          基礎を習熟させれば護身にも役立つでしょうし。

          無理。
          子供は、面白くないものに習熟することは、ほとんどない。

          護身に付いては、まったく無意味とは言わないが、あまり意味があるとは思えない。
          受身だけやったとしたら、格闘技的護身術は身につかない。
          転んだときに受身をとれればラッキー、と言った程度。

          そもそも、格闘技的護身術を身につけるのは難しい。

          親コメント
          • by nemui4 (20313) on 2014年06月12日 10時14分 (#2619797) 日記

            >そんなクソ面白くもない苦行をやらせようという意味が解らない。

            必修なんて押しなべて苦行で大丈夫

            >そもそも、格闘技的護身術を身につけるのは難しい。

            そこはそれ、後の先で
            #先制攻撃、先生攻撃・・・はいけません。

            親コメント
            • by Ryo.F (3896) on 2014年06月12日 10時30分 (#2619815) 日記

              必修なんて押しなべて苦行で大丈夫

              それでも面白いところはあるだろ?
              数学だって、国語だって、他の教科も。
              受ける側がその面白さを理解してくれるかどうかは、問題として残るとしても。

              しかし、三年間ずーっと受身ってのは、さすがにちっとも面白くないぞ。

              そこはそれ、後の先で

              理屈は簡単だけど実践は困難、というものの代表だね。

              親コメント
              • by nemui4 (20313) on 2014年06月12日 11時04分 (#2619836) 日記

                >しかし、三年間ずーっと受身ってのは、さすがにちっとも面白くないぞ。

                さすがに「三年」というのは煽りすぎですが、最初の学年(期?)くらいはそうした方が良いと思う。

                >理屈は簡単だけど実践は困難、というものの代表だね。

                社会に出ると嫌というほど出くわすことなので前もって教えておくのも人情。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                しかし、三年間ずーっと受身ってのは、さすがにちっとも面白くないぞ。

                授業を受ける姿勢が積極的でなく受け身すぎますとか評価されそうですしね。

              • by Anonymous Coward

                > それでも面白いところはあるだろ?
                > 数学だって、国語だって、他の教科も。
                > 受ける側がその面白さを理解してくれるかどうかは、問題として残るとしても。

                数学も国語も受け身と同じくらい面白くないけどな
                そこから面白さを見出すっていうのなら受け身だって同じだと思うよ

                単に教え方の問題なんじゃないかな

              • by Anonymous Coward

                何歳かしらないけど、ずいぶん老害的な思考ですね。

              • by Anonymous Coward

                文科省のやり方に文句を言うくせに、より良いアイデアを考える姿勢が全くない。

              • by Anonymous Coward

                社会に出ても、受け身が必要になることってそんなにないなあ。というかあったかなあ。

              • by Ryo.F (3896) on 2014年06月12日 13時11分 (#2619921) 日記

                数学も国語も受け身と同じくらい面白くないけどな
                そこから面白さを見出すっていうのなら受け身だって同じだと思うよ

                全然違う。
                数学が面白いという人には複数あったことがある。
                そして数学の専門家になった人も知っている。
                しかし、受身が面白いという人に会ったことはない。
                受身の専門家という人にも会ったことはない。

                単に教え方の問題なんじゃないかな

                ならば、具体的にどう教えればいいか示してほしいもんだね。

                親コメント
              • by nemui4 (20313) on 2014年06月12日 13時29分 (#2619935) 日記

                過去に2度ほど車にはねられた体験から言うと、受け身ができるとサバイバル度は上がります。

                親コメント
              • by digoh (17917) on 2014年06月12日 14時05分 (#2619957) 日記

                >受身の専門家という人にも会ったことはない。

                まあ単なる余談なんだけど、こないだテレビ見てたら、
                絵の具を付けた柔道着で受け身をして紙に色をつけたり、
                海岸で砂浜に受け身で色をつけたり、
                色を付けたら怒られるから凱旋門の通りを受け身だけで通り抜けるってのをやりきった、
                受け身アーティストが居ました。
                あれは一種の受け身好き、受け身専門家なのかもしれない。

                親コメント
              • by Anonymous Coward
                まさにこれ。必修格技の中でズバ抜けて命にかかわるくらい危険なスポーツだから受け身以外恐ろしくて教えられねぇわ。
              • by Anonymous Coward

                パラシュートの着地時に役立ちます。

              • by Anonymous Coward

                サーキットも走るバイク乗りとして言わせていただければ、受け身を必須にしてもいいくらいです。

              • by Anonymous Coward

                会ったことがないってそんな主観の話だったのか?
                それだと単に貴方がそうじゃなかったってだけの話で終わってしまいます
                そういうレベルで良いのであれば数学が面白いという人にはあったことがありません
                受け身が面白いという専門家は知っています(というか格闘家って意外に受け身を大事にしている人多いよ)

              • by Ryo.F (3896) on 2014年06月13日 15時34分 (#2620598) 日記

                会ったことがないってそんな主観の話だったのか?

                君はそれ以上の話ができるのかね?

                それだと単に貴方がそうじゃなかったってだけの話で終わってしまいます

                後は読んだ人の判断だね。

                そういうレベルで良いのであれば数学が面白いという人にはあったことがありません
                受け身が面白いという専門家は知っています

                問題は、君のような匿名の臆病者の証言が、どのくらい信頼してもらえるかだね。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                どのぐらいの期間させる必要があるかというのはどれだけ習熟させる必要があり、それにどの程度期間が必要なのかという客観性が必要な話題なので触れませんが、受け身、知識としてはおもしろかったですよ。

                ただし、背景に小学生以下の年代に野山で遊んだり自転車で転んで怪我をする経験がそれなりにあったということがあります。
                そういう私の場合、転んだ時の怪我や痛みを軽減するための体系的な技術があると知れたのは面白かったです。

                受け身の達人になりたいと思って修練を積んだりはしませんでしたが、転ぶとわかった時に手と服を犠牲にすれば大けがを避けられるということ

              • by Anonymous Coward

                貴方は主観でしか話していないってのは了解しました
                まぁ質問に質問で返してきた段階で返答に行き詰ったってところでしょうか?

                貴方の身の回りでは数学が面白いという人がいたということですが
                では何がどうして面白いと思ったのでしょうか?
                そしてそれは受け身などを面白くさせることに応用ができないかどうか考察しました?
                たぶん、自分が面白くないから他人もどうせ同じだろうぐらいの思い込みでしか判断してるのではないでしょうか

              • by Ryo.F (3896) on 2014年06月15日 8時42分 (#2621279) 日記

                貴方は主観でしか話していないってのは了解しました

                君の意見も似たようなもんだろう。
                それとも、 君は何か明確な根拠でも提出したかね ?

                まぁ質問に質問で返してきた段階で返答に行き詰ったってところでしょうか?

                行き詰った、というよりは、君も私も、これ以上明確な根拠を提出できない、という意味では同じになった、というだけだね。
                あとは、読む人の判断だね。

                たぶん、自分が面白くないから他人もどうせ同じだろうぐらいの思い込みでしか判断してるのではないでしょうか

                数学の専門家や数学を趣味としている人の数と、柔道の受身の専門家や柔道の受身を趣味としている人の数を比べれば明らかだと思うね。

                ま、君はそれでも「シュカン! シュカン!」と繰言を言うのだろうけど、それはそれで構わないよ。
                あとは読む人の判断だね。

                親コメント
              • by Ryo.F (3896) on 2014年06月15日 8時46分 (#2621281) 日記

                ただし、背景に小学生以下の年代に野山で遊んだり自転車で転んで怪我をする経験がそれなりにあったということがあります。

                そーゆーのを否定しているわけではないことを確認しておきます。

                無価値で無意味なことではないのは当時でもわかりました。

                そーゆーのを否定しているわけじゃないことを確認しておきます。

                親コメント
          • by Anonymous Coward

            > 子供は、面白くないものに習熟することは、ほとんどない。

            そりゃそうだが,何を面白いと思うかは人それぞれだろ。
            基礎が大事なら,それを面白くする工夫を考えたらいいじゃないか。
            中学は筋肉がつきやすい時期だから,筋トレと組み合わせてやれば「できるようになる」
            という楽しみを伝えられると思う。

            > 護身に付いては、まったく無意味とは言わないが、あまり意味があるとは思えない。
            > 受身だけやったとしたら、格闘技的護身術は身につかない。
            > 転んだときに受身をとれればラッキー、と言った程度。

            交通

            • by PEEK (27419) on 2014年06月12日 11時49分 (#2619871) 日記

              護身道をやっている鷹城唯子 [wikipedia.org]は道場内では強いけど、道場の外に出ちゃうと
              露出狂に絡まれて泣いておびえている所を主人公に助けられるような娘だったな。

              --
              らじゃったのだ
              親コメント
            • by Ryo.F (3896) on 2014年06月12日 13時36分 (#2619940) 日記

              子供は、面白くないものに習熟することは、ほとんどない。

              そりゃそうだが,何を面白いと思うかは人それぞれだろ。
              基礎が大事なら,それを面白くする工夫を考えたらいいじゃないか。

              「基礎が大事なら」という前提で話をしているのは君しかいないようだが、それは於くとして。

              まあ、面白くする工夫はすればいいさ。
              しかし、柔道の基礎だけをやるよりも、もっと面白い科目があると思うね。
              誰も成功していない困難な工夫に挑戦するよりは、そっちを選択すべきだと思うね。
              成功した時に、大きなメリットがあるわけでもないんだから。

              交通事故に遭っても受身を知っていたから助かった,って話は数例聞いたことがある。

              それは運が良かっただけ。
              私も、自転車で転んだときに受身をとった、という経験はある。
              それは役に立ったかもしれない。
              しかし、バイク事故のときには受身は役に立たなかった。

              そもそも、柔道の受身は、人力を対象としているので。
              対象外である自動車やバイク(や、もしかしたら自転車も)相手には役に立たないことも多いんだよ。

              交通事故云々なら、柔道よりは、交通安全教育の方が効率がいい。
              ましてや、三年間基本動作と受身をさせるのは効率が悪すぎる。
              他にも教えなければならないことはあるだろう。

              まあ、君の提案は、まったく不可能とは言わない。
              だけど、他のもっと面白くて効率のいい方法を選ばない理由が不明。

              親コメント
              • by Anonymous Coward
                でも生き延びたんでしょ?

                てことはそもそも受け身で頭部を致命傷から守る必要が無かったか
                無意識の受け身(背を丸めるのだって受け身)によって頭部を致命傷から守ったか

                どっちかだと思うよ
              • by Anonymous Coward

                #2619860 です。

                > 「基礎が大事なら」という前提で話をしているのは君しかいないようだが、それは於くとして。

                「基礎が大事でない」という前提よりも尤もらしいかと思ったのですが。
                大事でないなら,面白いかどうかなんて関係なくなるだろ。「もっと大事なことをしろ」って
                必修化に反対すればよい。

                > しかし、柔道の基礎だけをやるよりも、もっと面白い科目があると思うね。
                > 誰も成功していない困難な工夫に挑戦するよりは、そっちを選択すべきだと思うね。

                興味深い。で,この後に具体例が挙る流れですね?

                > 成功した時に、大きなメリットがあるわけでもないんだから。

                困難

              • by Ryo.F (3896) on 2014年06月12日 15時37分 (#2620034) 日記

                てことはそもそも受け身で頭部を致命傷から守る必要が無かったか
                無意識の受け身(背を丸めるのだって受け身)によって頭部を致命傷から守ったか

                どっちかだと思うよ

                どっちでもない。
                受身を使う必要がなかったのではなく、受身を使おうにも、使えるような状態では無かった。

                なぜ君がそう言う可能性を排除するのか、理解に苦しむ。

                もちろん、事故の程度が軽ければ、柔道の受身で何とかなる場合もあるだろう。
                しかし、それは運がよかっただけ。
                受身ではどうにもならない事故もたくさんある。

                親コメント
              • by Anonymous Coward
                つまり
                >受け身で頭部を致命傷から守る必要が無かった
                んじゃないか、何言ってるんだ?
                もしかして幽霊なのか?
              • by Anonymous Coward
                受け身なんて「使」ってるうちは身についてるとはいえんし。
                受け身を習得してると思っただけで実際はそうでなかっただけの可能性はある。
              • by Ryo.F (3896) on 2014年06月12日 17時13分 (#2620121) 日記

                つまり
                >受け身で頭部を致命傷から守る必要が無かった
                んじゃないか、何言ってるんだ?

                必要性以前に、受身をとれる状態では無かった、と言っているんだが解らんかね?
                受身をとれる条件ではないので、受身が必要かどうかを問う意味が無い。

                そこまで柔道の受身に信頼を寄せてくれるのは有難いんだけど、それは過信というものだ。

                まあ、実際に交通事故に遭えば解るだろうけど、そこまでしなくても、真面目に柔道の稽古をしてみれば解るよ。
                人間の技の衝撃がどのくらいか解るだろう。
                その倍とか十倍以上の重量物がそれ以上のスピードでぶつかってきたらどうなるか。
                まあ、交通事故で受身が役立つ、なんて一般化は到底できない、ということがよく解ると思うよ。

                親コメント
              • by Anonymous Coward
                つまりあなたの1例で役に立たなかったから、教える必要ないって主張か。どんなものも一切教育する必要なくなるな。
              • by Ryo.F (3896) on 2014年06月12日 18時14分 (#2620159) 日記

                つまりあなたの1例で役に立たなかったから、教える必要ないって主張か。

                君が根拠を論うか(失笑)?
                君の意見は、君の経験にすら基づいていないだろ?

                一方、私の意見には他にも根拠がある。
                交通事故の速度や質量は、柔道の場合の数倍~十数倍程度大きい。
                地面の状態だって、柔道は柔らかい畳の上だが、交通事故ならアスファルトの固い路面だ。
                従って、柔道で有効な受身が、交通事故で有効であるとは限らない。
                有効なのは、交通事故による衝撃・破壊力が、柔道程度だった場合。
                それは、全交通事故の内、極限定された場合だろう。

                さあ、君の意見の根拠を挙げてくれたまえ。

                親コメント
              • by Anonymous Coward
                「受け身を取れる条件でなくても死ななかった」ということは「頭部を致命傷から守る必要が無かった」ということだと言っているんだけどわかんないかなあ
                論理ってわかりますかね?

                そして貴方の「交通事故で受身が役立つ」ってのはもしかして無傷で済むとか重大な怪我が軽傷で済むとかそういう想定なんですかね
                だとしたら柔道の受身にずいぶん信頼置いてるんですねと言いたいですが。
              • by Anonymous Coward
                #2620008、#2620104、#2620198が同じ人物(私)で、あとは別の人ね。

                まあ論理的思考力のない人だってのは前のレスでわかったけど。
              • by Ryo.F (3896) on 2014年06月12日 19時47分 (#2620211) 日記

                「受け身を取れる条件でなくても死ななかった」ということは「頭部を致命傷から守る必要が無かった」ということだと言っているんだけどわかんないかなあ
                論理ってわかりますかね?

                私は「頭部を致命傷から守る必要が無かった」を否定してはいないのだが。

                そして貴方の「交通事故で受身が役立つ」ってのはもしかして無傷で済むとか重大な怪我が軽傷で済むとかそういう想定なんですかね

                君はどう役に立つ(あるいは、役に立たない)と言っているのかね?

                だとしたら柔道の受身にずいぶん信頼置いてるんですねと言いたいですが。

                私は、柔道の受身は、交通事故に対しては役には立たない、もし役に立ったとしたら、それは運がいいからだ、と言ってるんだが。

                親コメント
              • by Ryo.F (3896) on 2014年06月12日 19時49分 (#2620212) 日記

                まあ論理的思考力のない人だってのは前のレスでわかったけど。

                それを具体的に指摘してくれたまえ。
                # できないと予想(笑)。

                親コメント
              • by Ryo.F (3896) on 2014年06月13日 13時22分 (#2620499) 日記

                「もっと大事なことをしろ」って必修化に反対すればよい。

                最初から賛成などしていませんが。
                私、何か勘違いさせることでも書きましたか?

                やるのなら基礎はしっかりとするべきだと思う。

                賛成です。

                でも,事故をもらう方は交通安全教育だけでは難しいですよね。

                そのとおりですね。

                しかし、モチベーションも定かでない中学生に、柔道の受身を週に1回程度やらせたところで、大した効果は望めませんね。

                部活の柔道で三年間みっちり乱取稽古をやる、とかなら話は別でしょう。
                けれどそれにしても、交通事故で役に立てば運が良かった、程度のものだと思います。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                私は「頭部を致命傷から守る必要が無かった」を否定してはいないのだが。

                てことはそもそも受け身で頭部を致命傷から守る必要が無かったか 無意識の受け身(背を丸めるのだって受け身)によって頭部を致命傷から守ったか

                どっちかだと思うよ

                どっちでもない。

              • by Anonymous Coward
                上で引用だけで指摘できた。
              • by Ryo.F (3896) on 2014年06月13日 17時34分 (#2620682) 日記

                そこだけしか読まなければ、そう短絡するだろうな。
                そもそも、受身をとることができない状況なので、「受け身で頭部を致命傷から守る必要が無かった」かどうかを評価する意味が無い、と言っているわけだ。

                どちらにせよ、柔道の受身は、交通事故に対しては役には立たない。
                もし役に立ったとしたら、それは運がいいからだ。

                親コメント
              • by Anonymous Coward
                自分の言いたいことが先行して論理的に返答することができなくなってるんだね。
              • by Ryo.F (3896) on 2014年06月13日 18時24分 (#2620717) 日記

                君の論理にそった整理は無意味、と言っているんだがね。

                親コメント
          • by Anonymous Coward

            自転車で転んだ時を想定しての受け身とか普段の生活に絡めた護身的な内容だったらアリだと思う。
            何も格闘技にこだわらなくてもいいでしょ。
            でもそういった受け身を体系的に纏めていて、教えられる人っているのかな?

            • by Ryo.F (3896) on 2014年06月12日 15時22分 (#2620010) 日記

              何も格闘技にこだわらなくてもいいでしょ。

              いいけど、教える方の人材が足りないだろうね。

              でもそういった受け身を体系的に纏めていて、教えられる人っているのかな?

              スタントマン学校にはいるんじゃない?

              しかしながら、柔道が危険だから代替案を考えているときに、より危険なものを提案するのは本末転倒。
              モチベーションが定まらない中学生に、中途半端に教えることじゃないと思うね。

              親コメント

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...