パスワードを忘れた? アカウント作成

coaraさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

13760183 journal
日記

coaraの日記: Android x86 めも

日記 by coara

ESXiにインストールする場合にはブートオプションを書き換えてやらないと画面が表示されない。

URL先のページが消えるかもしれないのでまるっと引用してしまおう。
ブラウザコンソールだと操作できないのでVMRCをインストールする点も注意。
https://android.stackexchange.com/questions/144535/android-x86-marshmallow-not-booting-on-virtualbox-and-vmware-workstation

You have to edit menu.lst file. Here is how:

        boot in debug mode (usually the second option in boot menu)
        when booting stops (for me it just hangs there with flashing cursor and without any prompt) enter mount -o remount,rw /mnt
        enter cd /mnt/grub
        enter vi menu.lst
        press Shift+a
        right under the first boot entry find the line starting with kernel initrd=/in (your line might look different; it depends on Android version; in general just find the line that starts with kernel)
        at the end of the line type vga=834 nomodeset xforcevesa
        press ESC then :wq - these commands will save the file and quit vi
        enter cd /
        enter umount /mnt
        enter reboot -f

Now the system should reboot in the VESA mode of your choice.

This will enforces to use the VESA driver for X.

You can replace the vga=xxx by any number you want for your screen resolution. Also tested that 832 works fine (gives 800x600 resolution).

You can find all the VESA modes when you use the iso file and pick the boot option to boot in VESA mode - it will show the list with all modes (numbers are in hex and there is also a redundant letter in front of some modes - ignore it) and you can test them there immediately to see if it works and is good to use in this menu.lst fix, but you have to convert it from hex to dec first using any hex->dec converter.

13580118 journal
日記

coaraの日記: 都の飲食店(ほぼ)全面禁煙から予想できる明日の光景 18

日記 by coara

関連: 従業員いる飲食店は禁煙 都の受動喫煙防止条例案

今まで喫煙できていた店は店の外に灰皿を設置する。
→店の戸を開けば店内にタバコの煙が流れ込む仕組みになり分煙よりひどいことに

路上喫煙・歩きたばこが増える。
→駅前以外は取り締まってないからね仕方ないね

屋外での喫煙を完全にゼロにしてくれた方が嫌煙としては嬉しいんで今からでも遅くないから考え直してほしいな…

13498605 journal
日記

coaraの日記: さらばU11、さらばHTC

日記 by coara

HTC U11 は au・Softbank で去年7月から販売しているスマートフォン。
HTCのフラグシップモデルとして売り出し、握ることで操作をするエッジセンスで単にハイスペックというだけではない特徴を出していた。
11月末~12月にはソーラーレッドカラー「のみ」SIMフリーとして出すためのツイッターのフォローキャンペーンを行い、その結果今は2月に予約を受け付けることが決まっている。

…遅すぎた。
自分の動きとしては去年8月上旬にHTCJapanのツイッターに意見を言ってみたり公式サイトの問い合わせフォームから意見を言ってみたりしていた。
ツイッターを見ていた感じでは他の人も結構U11のSIMフリーについて言及していた。出してくれと。
いつ頃からツイッターでキャンペーンを始めていたのかは知らないが、12月頭に目標フォロワー数を達成し、
「1月~2月の間に売れるようにする」という宣言から、12月末に出した答えが2月に「予約開始」だった。発売日や価格は未定のまま。
その時には既に Snapdragon 845 の情報が出てきており、また HTC U12 のリーク情報も出ていた。まぁ後者の信憑性は定かじゃないが。

2月予約開始ということは、手元に届くのは3月になってしまうだろう。
その時にはHTC本家がU12の発表をし、U11はフラグシップモデルではない型落ちの端末となっているわけだ。
しかも色は選べずソーラーレッドだけ。
ケータイWatch調査による1月5日時点のソフトバンクでの新規一括価格が92,640円ということで、9万円を切ることはないように見える。
キャリアで売るメリットをHTCが受けられない以上10万円を超える可能性すらある。
今から2か月待ってそんな金出して型落ち寸前の端末を欲しいと思うかと聞かれたら、自分はNOとしか答えられない。

…ということで年末に秋葉でSIMロック解除済みのXperia XZ1を買ってきた。
一応未使用品として売られフィルム等つきっぱなしで新品に見えるが中古品なのは分かっているし、危険がある可能性も承知の上で使っている。(一応可能な範囲で予防はした)
安全性とか考えるとプライスレスになってしまうが、キャンペーンを長々と1ヶ月以上やりながらも未だに価格やらなにやら決められていないHTCJapanに期待できなくなってしまった。
下手したら完全受注生産で手元に来るのは4月や5月みたいなことになる可能性だってある。そんなの待ってられない。なんもかんも遅すぎたんだ。

# XZ1、キャリアの色々邪魔なものが入ってるのはまぁ当然なのであまり気にしていない。
# それより標準で入ってるIMEのPOBOX Plusがめっちゃ使いやすくていい感じ。

13409094 journal
日記

coaraの日記: テストケースの作り方って 2

日記 by coara

Tomcatで動かしてるWebアプリのテストプログラム(JUnitとかの)ってどう作ればいいんでしょ。
モック作るにしても必要な設定や前提情報が大量にあって手のつけようがない感じ。
初めからテストケース作りながらそれに合わせてコードを書いていればこんなことで悩むこともないんだろうけど、
10年近く色んな人の手によって拡張され大きくなった仕様書すらないソフトウェアじゃそんなことも言ってられない。

実際Tomcat+Struts+αなプログラムのテストプログラムは書いたことがある。
そこまで大きくないモックを作ってやれば簡単に試験できた。
さすがに小難しい条件や画面の遷移パターンは画面を表示しないといけなかったが、
画面に至るまでの機能を細かく分け各機能が他の機能の動作に依存しないようにしていたためテストケースは有効だった。

しかし今問題としているプログラムは色々な機能が密に依存しあい、どこから手を付けていいのか分からない。
モックを作る?一つのテストケースのモックを作るために最低でも1日は必要だ。というかそのモックの作り方が分からず一度挫折している。
そもそも各機能が依存しまくっていて、モックにしたい対象がどのような動きをしてどのようなアウトプットをしてくれるのかも分からないのだ。

できればもう、IDE上で「テスト実行!」すれば勝手にサーブレットコンテナが立ち上がってサービスを立ち上げて、
あとはテストケースでURLアクセスして画面遷移をシミュレートし、テストしたい画面の表示状態をその時に確認する…みたいなことができればいい。
画面の状態を目視確認するのは面倒だから、JSPが必要としてる情報をダンプしてくれるだけで結構。
裏では設定ファイルとかDBにアクセスしまくるだろうから、その設定ファイルの読み込み場所やDBの参照先もテスト用に弄れればなおよい。
バグ修正してjar作り直してサーバにアップロードしてTomcat再起動して画面を開いて必要な情報を入れないといけないような作業はもう限界だ…

13383898 journal
日記

coaraの日記: JavaのSSH接続ライブラリ 4

日記 by coara

Javaで使えるSSHライブラリに書かれてるようなライブラリって新しいものは出て来てないのかな?
・JSch
・sshj
 認証用のキーをファイルパスでしか指定できない。
 なんでInputStreamとかにしてくれないのか。

・Ganymed SSH-2 for Java
 メンテされてない。Google Code Archiveで2014年に更新されたのは消えてて他所のサイトからとる必要がある。

・Apache MINA SSHD
 サーバメインでクライアントがちょっとよく分からない。クライアントの資料が少ない。
 あくまで自分が作ったサーバに自分で接続する用って感じ。
 DSAとかRSAとか判定してくれないっぽくて面倒くさそう。

・SSHTools J2SSH
 フリー版が古すぎて色々問題あり。
 有償版は2000ドルからとお高い。

・Orion SSH2
 死んでる

・commons-ssh
・Apache VSF2
 これは他のを使うだけなので無関係
・JSSH
 v1オンリーは論外

できれば鍵データは byte[] とか InputStream で渡したい。
SSHTools J2SSH はそれができるんだけど、ワークアラウンドが出てるような問題が放置されてる。

まぁお仕事で使うならお金出して商用版買えやってことなんだろうけど申請とかめんどい…

13358799 journal
日記

coaraの日記: Qiitaのアカウントを作った

日記 by coara

今までらずぱいみたいなおもちゃを買ったときはスラドに日記として残してたけど、これからは向こうに残していこうと思う。
まぁ今までと何も変わらないだろう。

13230301 journal
日記

coaraの日記: Mastodonの危うさ 2

日記 by coara

メアドとパスワードが抜かれますぞー!なんてのを気にしてる人が多くて、確かにそこは複数のインスタンスに登録したあたりで簡単に気付ける問題。
しかしもっと問題なのは、インスタンス運営者によっていくらでも非公式カスタマイズ可能な(そしてカスタマイズされているか不明な)状態で提供されている点じゃないだろうか。
あれはやろうと思えば発言した本人には気づかれないように発言内容を書き換えることができる。
例えばAmazonのURLを貼ったとき、それと気づかないようなフィッシングサイトに向けることだって簡単にできてしまう。そんなに専門的な知識を有してなくても…だ。

まぁそんなことはMastodonに限らずどんなサイトでもできるだろ!って感じではあるのだが、Mastodonは皆Mastodonを名乗っているために危険意識が薄くなりやすい。
最初は健全な運用をされていたのに知らぬ間に運営者が変わって…というブラウザのアドオンに潜む問題と同じことが起きる可能性だってある。
Mastodonそのものがフィッシングに適した環境と言っても過言ではない。
これもまだ序の口で、もっと危険な落とし穴が潜んでいるような気がしてならない。

12872172 journal
日記

coaraの日記: 転職どうしようか 8

日記 by coara

プログラマ・SEとして会社に入ったはずなのに半分以上はSIみたいな仕事をやっていた気がするけど、
結局SIはやりがいが無いというか、興味がないんだなーってのをひしひしと感じてきている。
だいたい見てきたSIerはみんな時間の使い方が下手というか、客やベンダーの都合で納期は変わらず自分たちだけが苦しむことが多いのがよろしくない。

さて今の会社は辞めることが決まっているわけで、ちゃんと転職活動しないと長い長い無職期間に入りそう。
てか今なにもやってない時点で来月はもうダメだろうから…
しかし業務経験生かせそうなところは俺自身がノー!もうこりごりだ!状態だしやりたいことも思いつかないからどうしようもない。

typodupeerror

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

読み込み中...