パスワードを忘れた? アカウント作成

hetareDAIOさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

13780155 journal
日記

hetareDAIOの日記: 広報、頑張ってる

日記 by hetareDAIO

先日、総務省とNICT、多言語音声翻訳コンテストを開催。APIも開放というストーリーがありましたが、先ほどengadget japanを覗いたらその件に関してNICTがスポンサーになっている記事が上がっておりました。

すみません、私、ストーリー内で広報をdisっておりましたが、ここに謝罪と訂正をいたします。申し訳ありませんでした。この調子でもっと頑張ってください。

13778105 journal
日記

hetareDAIOの日記: 会社の開発環境はどこも酷い(例外はもちろんある) 2

日記 by hetareDAIO

敢えて表のストーリーにぶら下げず、日記に書いてみる。かれこれこの職業は20年以上やっていて10社以上の環境を渡り歩いているが、常にこの問題を提起してきて事態が動かないので、ストーリーにぶら下げる元気もないw ので、日記で細々と。

まず例外から。零細企業2社に勤めていた時のPCは、自分の収入が低いとか時代背景もあり、スペックは十分なモノが与えられた。内片方に関しては自分でパーツ選択からやったので、自分では購入できないSlotAのAthlonを選んだ記憶がある。

それから「普通の」開発会社を何社か渡ったが、どこも事務用PCを与えられて開発には苦労した。こっそり自腹でCPU交換&メモリ増設までやったこともある。ここで使ったパーツは辞める時に元に戻してはおいたが、パーツはこっそり机の中に入れておいた。持って帰っても役に立たない代物だったし。

直近の3社は研究系の部署のためか割と環境はよかった。特に某独法は責任者がPCに明るくかつ独裁状態で決済が通りやすかったため、予算の範囲内ではあるがかなりの高スペックPCを割り当ててもらった。残り2社はお下がりではあったが研究用の「当時」ハイスペックPCだったのをお下がりとして使わせてもらった。G-SYNC搭載のノートPCとか、別の事に使ってやりたいレベルのモノもあった。

ストーリー中にも言及があるが、総じて開発環境の酷い会社は責任者がPCに関してパッパラパーであるケースがすべて。要するに、購入金額だけ見ていて効率とか数字にしにくい側面は完全に無視。だから、環境の低さを訴えても金額の話に帰着して暖簾に腕押し。だから、動的解析ツールとかそもそも導入できなかったり、運良く導入しようものならストレス溜まりまくって結局使わなくなる。必然的に事前に回避できるバグも回避できずデバッグの工数も増えまくる。責任者は自分の組織の支出8割が「人件費」であることがわかっているのに。残業が増えた結果なのに。

まーなんつーか、会社での開発はテキトーにならざるをえない訳です。零細に居たときは頑張りすぎてリタイアしているので、テキトーでいいのかもしれないけどw

13764378 journal
ノートPC

hetareDAIOの日記: PCの買い方の変遷 4

日記 by hetareDAIO

最初にPCを買ってからおおよそ30年くらい経ちました。

よくよく思い返してみると、PCの使い方は、基本プログラミングがあって、後はゲームをやって、インターネットの時代になったらメールとかを使うようになって、OSがWindowsNT系になってからやれることが一気に増えた、FreeBSDを触るようになって可能性も広がった、という感じです。

最初にPCを買ったのは高校生くらい。そこから大学生でプログラミングのバイトをするまでは、基本的に一番安いモデルを大事に慎重に拡張しながら長い間使っていました。ですが、プログラミングが仕事になり、かつ色々なOSに手を出すようになると複数台持つようになり、丁度PCパーツ屋さんがどんどん増えていく時期でもありましたので、パーツ単位でコストパフォーマンスのいい物を交換交換…という感じが大体10年くらい前まで続きました。

その辺りから、収入も順調に増えていったので、どんどんパーツ単価が高騰していき、パーツの山に囲まれ始めた頃、「ぬ、モノ多すぎ」と思うようになり、パーツを厳選するようになりました。さらに、パーツからPCそのものへと変わり、ハイエンド寄りになり、その頂点が例のゴミ箱MacProを約90万円で購入するに至りました。

「5年は持つだろ」と思っていたMacPro、ドッグイヤーを甘く見過ぎていたため、実は2年も持ちませんでした。45万円/year、高い買い物でした。そこからは、「メイン」「サブ」「サーバ」に分けて、1~2年で中身が一式変わる程度にサイクルを回すようになって現在に至ります。

こうなってから気づいたのですが、ハード由来の不調(特にストレージのクラッシュ)に遭遇することがなくなりました。不調に遭遇する前に交換してしまうからです。そのため、OSの入れ直しとかの作業回数もめっきり減りましたし、環境のカスタマイズもしなくなりました。その代わり、環境が都度変化するので、使う私が変化に対応しないといけなくなりました。

10年後はどうなっているんでしょうかね?楽しみです。

13747633 journal
日記

hetareDAIOの日記: Windows Subsystem for Linux 2

日記 by hetareDAIO

色々やってみたいことがあって、一度βの時に試して「なるほど、これはいいけどもうちょいだ」くらいに思っていた Windows Subsystem for Linux ですが、最近また触りだしたところ、出来のよさに感心しました。

私の使い方は、今のところQtアプリの動作確認ですが、別途XServerを用意(VcXsrv)してあげれば、Ubuntu 18.04 に Qt SDK 5.11.2 をツッコんで QtCreator でビルド、確認という形で十分、という塩梅です。VMware使うよりいいです。

これがいけるなら boost+stdなコンソール系アプリもいけるし、llvm と valgrind がガッツリいけるようなら色々重宝できそうなので、しばらく触ってみる所存。

13641874 journal
日記

hetareDAIOの日記: PiSTARTER

日記 by hetareDAIO

大阪に行って買ってきました、PiSTARTER。で、早速試しました。現状ではまだ色々説明不足感があって、立ち上げただけでは最初どうやってコード入力するのかすらわかりませんでした。一応、どうにかなるレベルまでは来ましたけど。でも、志は大変興味があります。

ただ、これをBASICじゃなくてもっとモダンな言語でやったらなぁ…とは思いました。言語の普及を図るなら、こういう環境を作るのもいいかもね。

13634448 journal
日記

hetareDAIOの日記: 教育が悪いんじゃない、評価が悪い 11

日記 by hetareDAIO

そもそも修士試験まで暗記で対応可能なペーパーテストで評価して、その後の資格試験系も暗記でカバーできるものがほとんどで、そういうのを通ってきた人を評価しちゃう今の仕組みがある以上、正解回答能力は評価されるけど問題解決能力なんて評価されないし、解決能力を持つ人が組織に入ることもない訳でして。

日本はとっくの昔に最前線にいるから当然相対する問題には正解なんてないからそれを模索しなきゃいけないのだけど、解決能力は評価されないのだから、どうしても誤魔化す、隠すことでその場をしのごうとするのは必然。解決能力を養うには盛大に失敗しまくる必要があるけど、今まで失敗するなと言われ続けて失敗しない人が評価されてきたのに突然方向転換なんてそりゃ厳しいです。かくして、何もやらずに変化もせず今までと同じようにするのが精一杯で、そのままだらだらと右肩下がり。

評価する側が評価基準を変えなきゃ、世の中変わらないね。教育は評価次第。ペーパーテストも面接も意味ない。評価は与えられたテーマに対してどう対峙したのか、その過程と結果と考察から下さないとだめね。

13418762 journal
BSD

hetareDAIOの日記: ようやく FreeBSD 11.1-RELEASE へ

日記 by hetareDAIO

自鯖の面倒を見る時間がなかなか確保できなかったけど、ようやく確保。おもむろに # freebsd-update upgrade -r 11.1-RELEASE を実行。

Fetching 48351 patches なのはいいけど、1480.... まで10分。いつになったら終わるのやら。放置するしかなさげ。PPPoE遅いしなぁ。しょうが無い。

13409191 journal
日記

hetareDAIOの日記: 中途半端な自称エンジニア 16

日記 by hetareDAIO

業務範囲内だけで勉強・経験を積み重ねた人の中で、「俺は(元)エンジニアだ」と公言しちゃう人達を、私の心の中では「中途半端な自称エンジニアじゃん」とツッコミを入れています。

こういう人達の特徴って、

  1. 妙に自信がある(謙虚なフリをしててもちょくちょく自信がにじみ出る:その典型例が上記の公言)
  2. 転職経験0回もしくは1回
  3. 業務に関係のない技術には興味がない
  4. 家庭を持っている
  5. 社外の勉強会やイベントには興味が無い、参加しない
  6. (情報漏洩が怖いので)SNS関係には消極的、もしくは匿名・偽名で参加
  7. 社内ではそれなりに出世している、バリバリの中間管理職

という感じ。

なぜこういう人達を中途半端扱いするのかというと、

  1. 目線が常に真ん中より下を向いている。エンジニアって、少なくとも自分の守備範囲については上を向いている。
  2. 物事を変えたがらない。表向きは平和主義…というか、単に波風を立てない。エンジニアなら、自分の信じた道を障害をはねのけて進もうとするから、変えるところは変えるし、波風も恐れない。愚直に正面突破(でよく失敗するw)。
  3. エンジニアだと主張するのは、黙ってるとそうは見えないから。エンジニアなら、見た目で分かる人もいるし、そういう空気を醸し出してたりするし、敢えて主張する必要がない。
  4. 世間一般の規範に乗っからないと不安なので、結婚し子供もいる、社内でもそれなりの立場を目指す。エンジニアなら、そういう規範に興味がないので、どっちでもいい、どうでもいいと思ってる。
  5. 情報発信をしない。というか、出来る物がない。エンジニアなら、色んな事に興味があるし自分がやったことを知って欲しいと思っているので、情報発信をしないと気が済まないし、他者の情報にも興味が出てくる。

といったところ。

中途半端はそれはそれで何もしてくれなければ別にいいのですが、上記のような人って、エンジニアであることをマウンティングしてくるんですよね。それがどうにもウザくて。コミュニケーションがヘタなのはお互い様なので、話す内容がよくわからないのはいいのですけど、上司であることを利用して謎かけ問答をふっかけてくるとか、強制力を持たせてくるのは勘弁してください。あと、本人直接ではなく、他者を介したマウンティングというも止めてください。気が小さいからそうするのでしょうけど、どうせやるなら(やって欲しくないけど)本人へ直接でお願いします。他者を巻き込まないように。

そういう事案が立て続けにあったので、ちょっと吐き出してみました。

13302491 journal
日記

hetareDAIOの日記: 凋落絶賛進行中

日記 by hetareDAIO

ここ数年、PC/スマートフォン/マイコン関係のデバイスで欲しいと思える物は、ほぼ海外メーカーが作った(設計した)物ばかり。ここ3年内だと、国内メーカー設計もので買ったのはNEC の LavieHZと、ガラケーの京セラ DIGNO 502KCだけ。確実に、力落ちてますね。代わりに、OEM/ODMで鍛え上げられた台湾系メーカーの躍進が著しいです。

結局、実際に携わることで経験値が溜まり継承も進む訳で、外注管理だとか調整だとかがメインになりゃ、そりゃ設計能力は衰える一方でしょう。私がかつて勤めていた某社も今は設計チームが解散して技術営業や品質管理に回されたって話もあり、今のままだと危ないよ?と忠告して辞めたので、それみたことか感しかありません。

今後はいい具合に再編が進んで規模も縮小して、一から再出発できるといいですね。そうなったらまたメーカーに戻るのもいいかな。

13287234 journal
日記

hetareDAIOの日記: I2CとUARTが同時に使える安いワンチップ希望 2

日記 by hetareDAIO

とある手違いでaitendoさんからI2Cで駆動できる0.96inchのOLEDモジュールを買った。手違いの内容は自分の判断ミスなので、まぁしょうがない。が、せっかく買ったので動かしたい。

手持ちのパーツを見ると、動かせそうなのは、

  • PINE A64
  • 初代RPi
  • 秋月RX220ボード

あたりしかなく、なんか帯に短したすきに長し感あり。

まぁひとまずは上記の3つのどれかでやろうかと思うけど、なんか100円~200円程度でI2CとUARTがついてて5Vで動かせるお手軽ワンチップってないものかなぁ。単に手持ちにないだけで、PIC/AVR/ARM CortexM0系ならありそうだけど。

typodupeerror

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

読み込み中...