パスワードを忘れた? アカウント作成

sheseeさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

13891028 journal
日記

sheseeの日記: ストロベリーベリーベリーフラペチーノ Type RED

日記 by shesee

450kcalぐらい。美味しかった。お腹いっぱい。
夕食のご飯抜いたわ。炭水化物と脂肪の塊。

次のはどのアニメがいいかな?ボトムズか
こいつの肩は赤く塗らねぇのかい?

13889086 journal
日記

sheseeの日記: けものフレンズ2 第12話

日記 by shesee

第十二話、やっぱりあのフウチョウコンビ、ご都合主義の神様じゃないか(しつこい)。今度はビースト召還したぞ。
Cパートのイエイヌの描写からして、バッドエンドだな。「みんな大好きだ」とか「ここがおうち」とか高揚からくる錯乱した発言はあったものの。そこだけはちゃんと因果応報で伏線を回収したんだな。他はいろいろ投げっぱなしだけど。
動きは悪かった。演出は最悪だった。モデリングが大変だったのは分かるけど、全部同時に動かせないなら、ロングショットなんて一瞬で良かったのに。今回も演出は散漫でどこに誰がいるのか理解するのに苦労した、最終回だというのに全然疾走感が無かった。ビーストワープは酷い。

全体的には、脚本の粗が目立って楽しめなかった。キュルルがおうちにこだわる割には、キュルルにとってそれがどれほど大事な物であったのか提示されなかった。そのせいでキュルルには感情移入できなかった。
キュルルの性格が子供のせいか精神が成熟していないし、最終回の異様な高揚まで成長もしていないので、反感さえいだいた。
出てくるフレンズ(あえてフレンズ)は、イエイヌとG・ロードランナー以外キャラが立っていなかった。たぶん関わり方がロードムービーのモブなんだと思う。キュルル一行を中心に世界が廻り、イエイヌ以外の誰もキュルルの意志や情緒に影響を与えていない。そうすると単独でキャラ立ちする濃いフレンズしか心に残らない。ビーストと友達になりたかった。
伏線は最初から最後までグチャグチャだった。そして投げっぱなし。
モデリングは可愛かったと思う。蝶ネクタイが太すぎるのが気になったけど。めり込み対策なんだろう。
3Dモデルの動きは、悪い回があった。リップシンクと目線のずれが気になった。良い回もあった。アニメーターの力量によるんだろうな。
後半の演出は散漫だった。前半にゆっくりしすぎたせいか、後半は詰め込みすぎなんだと思う。もう少し大胆に省略しても良いのに。フウチョウコンビなんていらなかった。

そうそう
絵の具に使う顔料にキナクリドン系というものがある。
色相は赤から紫。どこの会社もキナクリドンレッド、キナクリドンマゼンダなどの名前で出している。
薄めたときの色がとてもきれいなのが特徴でお気に入りなのだ。
実は黄色もあった。キナクリドンゴールドと言う色で、濃いと土色なのだが薄めると綺麗で透明な黄色になる。
製造中止になってしまって今は複数の顔料で再現しているらしい。

13886274 journal
日記

sheseeの日記: けものフレンズ2 第11話 3

日記 by shesee

第十一話、動きも勢いもありはしたけど、面白くなかった。あまりに散漫なので何が起きているのかわからない。あのフウチョウコンビやっぱり、ご都合主義の神様じゃん、突然のフレンズ型セルリアンの設定と合わせ技で、たった二話で強引に話しをねじ曲げやがった。
そういえば、OPでカラカルの声の出演無いんだな。本編では不遇なアライさんと、フィネックさんの出番はあるのに。連絡不足なんじゃないのかな。

そうそう
消しゴム。MONOが有名ですが、私はPLUSのAIR-IN SOFTが気に入って使っていました。今はW AIR-INかな。
シャープペンの芯は普段はB、下書きは3Bと柔らかいので、柔らかめの消しゴムが都合良いのです。
PLUSはどちらかというと事務機屋さんで文房具屋さんでの消しゴムの取り扱いが少ないので、苦労しました。あるとき、大人買いしたら使い切れなくて苦労しています。
今はシャープペンシルや消しゴム自体使うことが少なくなっているのですが。
シャープペンシルはOTHOの木軸真鍮口金(チャックが故障すると為す術がない)の安いのを愛用していたのですが、スマッシュ買ってみたら悪くなかったです。

13885923 journal
日記

sheseeの日記: けものフレンズ2 第10話 1

日記 by shesee

第十話、こういうのをデウス・エクス・マキナと言うのだろうか。突然現る重要人物、唐突な設定、ご都合主義的な展開。でも結構面白かった。動きは良かったし、演出も無駄な勢いがあった。問題はこれが第十話という事で。収拾つくのだろうか。

そうそう
昔、キャンバスボードという代物があった(今でもあるけど)。紙のボードにキャンバス生地を貼ったもので、木枠の張りキャンバスの廉価版という位置づけだった。さらに節約するときはベニア板を使ったけど、ファンデーションホワイトを沢山使う割に、ベニア板は劣化が早いのでお得だったのかはわからない。
今では、木枠の張りキャンバスの方が安いので意味が無くなってしまった。
詳しい理由は知らないけど、杉より安くて加工しやすい桐集成材の木枠、自動加工機、高性能な水性下地塗料による両用キャンバス生地あたりが理由かな。
ただし厚紙にテクスチャ付きで両面ジェッソを塗ったり、エンボス紙を張ったより安価なものは存在して、これもキャンバスボードとかアミアントカルトンと言うようだ。
Amazonの段ボール箱の中には、中敷きの厚めの段ボールがあるものがあって、これがF2〜F4ぐらいの大きさがある。これは便利。

13885117 journal
日記

sheseeの日記: けものフレンズ2 第9話

日記 by shesee

第九話、この一話を見終わる間に、一期を三話見てしまった。
キュルルは子供だとは思うのだけども、だからといってすべてサーバルとカラカルに任せきりで、成長せず子供のままなのが胸くそ悪いポイントの原因だと思う。それにしてもリアルなクソガキを描写する必要があるのだろうか。物語なのだから、そろそろキュルルに挫折と成長を与えるべきなのでは。

そうそう、絵
日本の初等教育では、伝統的にクレヨン・クレパスが重視されていて、みんな経験あると思うのだけど。
大人になると、無駄な絵画理論に捕らわれて中々難しい。こんなのもあるけど。
混色難しい。ブームに乗せられて透明クレヨンなんてものも買ってみたものの、美しすぎて観賞用。
色々汚れる。PILOTのゲルクレヨンCREOROLL全40色で何か出来ないか。模索中。
ああ、でも水道屋にむかついて、天井のアクセス扉裏に、さくらクレパス20色で、艦これの金剛描いたんだっけ。勢いが必要か。

13883855 journal
日記

sheseeの日記: けものフレンズ2 第8話

日記 by shesee

第八話、うーん、ペパプ達の練習不足の不安はどうやって解決したんだろう。解決したんだろうけど描写が無い。あったのは喧嘩だけ。もやもやする。ひょっとして今回って何も解決してないんじゃ。
ライブシーンはヌルヌル動いていたけどモーションキャプチャぽい。前回の万策尽きた感は、中華パワーでなんとかなったみたい。
文字に関するフレンズたちの設定を美術の人は忘れちゃったのかな。
あとキュルルの絵がペパプ3代目(5人いる)って事は、一期と二期のかばんちゃんの年齢差の年数以下しかキュルルはコールドスリープしてない事になるけどいいのかな。もっと長いことが示唆されているけど。というかどうしても漏れ聞く12話の話しを聞くとミライさんと同世代だよね。

そうそう紙、色鉛筆の次は筆
W&N のシリーズ7 ほしいな。ラファエルの8404でもいい。コリンスキーというイタチの毛が原料。
びっくりするほど高いのだけど、6〜8号一本あれば透明水彩や水彩色鉛筆ではなんとかなるので。
それまでホルベインのリセーブルでがんばるよ。それでも筆の値段を知らない人に説明すると引かれる。

13882986 journal
日記

sheseeの日記: けものフレンズ2 第7話 7

日記 by shesee

第七話、万策尽きはじめてる?目線やリップシンクが合わなくなりつつある。最後の絵、G.ロードランナー省くのひどくね。のけものフレンズ。

そうそう絵。
ファーバーカステルの水彩色鉛筆といえば最高級品のアルブレヒト・デューラーだけど、学童用の水彩色鉛筆も出している。
いわゆる赤缶ってやつで、なかでも丸缶という円筒形の容器に入ったものはとても携帯しやすい。
インドネシア製でなぜかシヤチハタ扱いなので安くてとても入手しやすい。日本では学童用水彩色鉛筆というジャンルはマイナーだけど。(油彩色鉛筆の赤缶もある)
発色は悪くないと思う。問題があるとすれば一本づつは売っていないことで、使い切った色があればアルブレヒト・デューラーの似た色を買わなければならない。

13882634 journal
日記

sheseeの日記: けものフレンズ2 第6話

日記 by shesee

第六話、やっと話が動いたよ。一期が好きだとモヤモヤするけど。
かばんちゃん出す必要ないよね。博士と助手で話しが動いていたし、手下っぽい博士と助手はいやだな。
あとサーバルとカラカル、バス型セルリアンの上に乗っかっといて、近づけないは無いな。
脚本とコンテ・演出の意思疎通が疎かなんじゃ。

13882234 journal
日記

sheseeの日記: コットマン水彩紙 2

日記 by shesee

前はマルマンが売っていたけど、今はバニーコルアート扱いのWinsor&Newtonの入門用水彩紙になっている。
マルマンのは安かったけど、波打つし、絵の具が流れるし、毛羽立つしあまり透明水彩に適していなかった。(アクリルなら悪くは無かったけど)
W&Nのは別物でCansonのMontvalに似てるかな。

何が言いたいかと言うと、けものフレンズ2の視聴から逃げている。

typodupeerror

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

読み込み中...