パスワードを忘れた? アカウント作成
375938 journal

Oliverの日記: 削除要請 9

日記 by Oliver

Slashdotをやってるとたまに削除要請というものがやってくる。著作権侵害やらプライバシー侵害やら、名誉毀損やら業務妨害やら。本当は権利を侵害されたとする人と侵害したとされる人同士、つまり当事者同士で解決することなのだが、そもそも連絡がとれなかったり、話が決裂したり、はたまた直接交渉するのが面倒だったりすると、「削除できる人」に連絡がくる。

この削除要求、ほぼすべてがかなり興奮して権利侵害だ!と息巻いているのだが、多くの場合、この時点では文章の内容的には第三者である自分からみれば、権利侵害の違法情報ではない。もちろん弁護士でも判事でもないので、専門家ではないのだが、こういうことをやってるからにはニフティのフォーラムや2ちゃんねるの事件や裁判には注目して、判決文や解説も読んでいるので、ちょこっとは判断できるとは思っている。

それでも、名誉棄損はすんげぇ難しい。成立するためには、公然と相手を特定して、具体的な事実を示した上で相手の社会的信用/名誉を低下させうる発言でなければいけない。しかし、過去の事例から明白なケースならまだしも、本来ならば門外漢のネットワークサービスの運営者に暫定的とはいえ判断させるべきものではない。でも、判断を拒否すれば「たとえ正当な文章であっても、クレームがあって、人様に迷惑をかけているので削除」ということになってしまう。ほとんどのサービスプロバイダーが楽なその道を選んでいる。自分が訴えられるリスクをおかしてまで利用者の権利を守ることもない、と考えているからだ。でも、それでは正当な言論までもが、クレームつけたが勝ち、で封殺されてしまう。かといって、判断を誤ったら権利侵害を放置したとして責任をおってしまう。プロバイダー責任制限法によって、明らかに権利侵害だと知っていた場合以外は免責されるとはいえ、間違えたくはないものだ。

最近もある日記エントリの文中になんの脈絡もなく「ここのサービスはうけたくない」という風な文章があって、「ここ」がリンクになっている先から名誉毀損だ!という削除要請をもらった。公然と発言し、相手を特定はしているが、まわりの文章はまったく関係ないもので、具体的な事実はおろか、侮辱的もしくは攻撃的な表現すらない。そこで名誉棄損とは思えないので削除はできない、と返事したら、具体的に指摘した疑問点への反論はなく、法律の条文やら(本当はとても参考になる)テレサ協のプロバイダー責任制限法ガイドラインやら最高裁の判例から引用して、さらに激しく削除要請された。たしかにその人のサービスは受けたくないと思った :-)

いくら不当だと思っても、こうなったら最終的な判断ができない運営者は白黒がハッキリするまで念のため、送信防止措置(=必要最低限の削除)を取らざるをえない。もし権利侵害がなかった場合に、不当削除したとしてトラブルにならないためには、問題となっている文章の発信者に連絡して削除に同意してもらうことになる。同意してもらえなかったら、運営者が自分の責任で削除するか、しないか決めなければいけなくなる。

今回は発信者から、違法とは考えていないが、トラブル回避のために問題となっているリンクをはずす、という返答をもらった。訴えられうる一人としてはすこしホッとしていることは否定できないが、正当と思える言論が、自主的にとはいえ、誰かが激しく騒いだだけで引っ込められたのは、とても残念だ。自分が受け取った削除要請の類で実際になにかが消えたのはシェアウェアのパスワードを消したとき以来、二度目だ。他の要請は全部、納得してもらったうえで削除しないですんだので、なお残念だ。でも、どれほどのリスクをおってまで発言するかは発言した人が自分で決めなければいけないことだ。自分にできることは、不当と思える削除要請を安易に認めないことで、なんでもかんでも批判的な意見にはクレームをつける、という雰囲気を変えようとすることだ。

「特定電気通信役務提供者」なんてすごそうな肩書を法律にもらっても、結局は板ばさみの運営者。大変だけど、こういうのもハラハラドキドキでちょっとは楽しいと思ってしまう。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by limbo (6813) on 2003年12月30日 9時05分 (#463511) 日記
    その話をストーリーにしないの?

    盛り上がりすぎるかな?
    • 確かにストーリーとしては盛り上がるでしょうし、私個人としても取り上げて欲しいと思います。
      ですがOliver氏個人の話と受け止められ、荒れることも予想されるのでは?

      #そろそろ自分も日記をつけようかと思う今日この頃
      --

      -------------------------------------
      「早くアレゲになりた〜い」by エセあれげ人間
      親コメント
    • by gedo (7079) on 2003年12月30日 15時04分 (#463574) 日記
      その話をストーリーにしないの?
      しかし、すさまじく荒れそうな気もします。(^^;)

      なんか、昔の偽春菜事件を思い出したけど、裁判というものに対するコストがあまりにも高すぎるというか、とてもそんなリスクを負えない個人や団体でも、広く情報発信ができるようになったゆえの問題という気もします。
      親コメント
      • by Anonymous Coward
        そういう意味では、腹を括ってるのか、高を括ってるのかはしらんが、
        ひろゆきはすごい。
        • by gedo (7079) on 2003年12月31日 18時34分 (#464040) 日記
          そういう意味では、腹を括ってるのか、高を括ってるのかはしらんが、ひろゆきはすごい。
          ひろゆき氏の場合、既に裁判費用とか一部敗訴したりしているので、もう腹を括っているのかも。
          それに、一応裁判を受けて立っているのですから、相応のリスクを負えるのでしょうし。
          親コメント
  • by GPH (8223) on 2003年12月31日 17時40分 (#463994) 日記
    でしょうか。ソフトウェアシリアルナンバーの件では記事に成っている訳ですが、Slashのセクションに飛ぶと直ぐ参照可能なので、追記しておくほうが良いのかもしれない。

    **ま、確かにそういう奴のサーヴィスは受けたくないですねえ。ただ、法律関係の勉強すると、如何に法律ってのがアレなのか分かってくるんで、ぶつぶつ言われると困るんですよね。
    日本の憲法だけ勉強しても、相当エグイ。
  • by Anonymous Coward on 2003年12月30日 22時36分 (#463703)
    ちょっと前に有っリンク禁止の話題では言論の自由を守ると言う側が「具体的に指摘した疑問点への反論はなく、法律の条文やら~中略~判例から引用して、さらに激しく」ってのをやっていましたね。
    法律の条文を掲げただけでは逆効果ということを気づかないのだろうか?

    少なくともそういう事態を「楽しいと思ってしまう。」と言ってのけられる人が管理している場は幸せなのだろうな。
    • by Oliver (4) on 2003年12月31日 5時28分 (#463804) ホームページ 日記
      法律などを引用するのは必ずしも無意味じゃなく、ピンポイントで引用し、素人でもそれなりに明らかにそこから結論が出せるなら十分に意味があります。

      ただ、実際にはあまり関係ない条文までふくめて数で勝負したり、とてもじゃないけど普通に読んだら構文解析が不可能な最高裁の判例とかふくめたら逆効果。参考にするために引用するんじゃなく、権威を借りるために引用してるんじゃなかと思ってしまう。

      楽しいと思うのは、毎回新しいチャレンジだから。考える事を放棄することも、安易に削除するのも好きじゃないので、抵抗するんだけど、もちろん自分が信念をもって守れる場合だけだ。戦うことが目的なわけではないから。それで判断が完全に間違ってたら、最悪賠償せざるをえなくなるだけでなく、自尊心的にも目があてられないので、常に情報収集して、自信をもって、なるべく間違ってない判断がしたいです。

      ちなみに記事にしなかったのは、今回のクレームが記事にするほど「ニュース」だとは思わないから。あくまで参考事例だし。でも、もしかしたら、他人の不利益には自分が削除要請に対応しなきゃいけないコストも含まれる、というプロバイダーの本音がおもわず出たXREAの削除通知 [infoseek.co.jp]もからめて、形にするかもしれない。正月、暇だったら。ただ、どういう視点から扱うべきだろうか。怒る利用者の立場もリスクを取ってまでサービスを続けたくないプロバイダーの立場も理解できるので、なやましい。俺個人の視点からだったら、日記ネタでしかない。
      親コメント
      • 例のライセンスキーの件をちくった香具師ですが(^^;、名誉毀損の場合は反論の掲載を要求するのが筋と思います。一度インターネット上に放たれた情報が発信元のサイトから削除しても無くなるとは思えないです。反論して利用者の誤解を解く方が誠意というものを示せると思います。削除要求は寧ろ、やましい所を隠そうとしているとしか思えないです。
typodupeerror

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

読み込み中...