パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのRSSを取り込んでみよう。

15217982 journal
日本

mujiの日記: 則重・則秀の会009 確信のゆらぎ(十四世喜多六平太記念能楽堂)

日記 by muji

インスタのフォロワーさんからご提供いただき代理見物。
東次郎家でもこういう個人の会やってたんだねーしかも9回目とは。2017年から年2回ペースで開催していたようで。

喜多能楽堂は勿論初めてだったがめっちゃコンパクトでロビー売店もないくらい。2階席(建物3階)に喫茶室があるらしいが行ってない。見所に撮影禁止張り紙があって、上演中以外でもあかんのか確認するのもめんどかったんで自重した←もうそんなところからして立合狂言会とは雰囲気が違うなあと。そりゃあ東次郎家だし。
 #矢来とどっちが小さいかと見てみたら矢来の方が更に小さいんだー(席数300、喜多は席数385)。
そのコンパクトな見所で収容人数50%開催。他の能狂言の公演がほぼフル稼働なところでこの姿勢は流石の東次郎家。まあでもそのちっさーいロビーで休憩時間中は知人同士の会話や主催者親族への挨拶合戦が繰り広げられてた訳だけどね! 歌舞伎座なら研修生がこれ見よがしにボード突きつけてくるところだけどね! でも松竹社員の名札つけてるお偉いさんには注意しないけどね!!!(それは話が別←

閑話。番組は、

15217405 journal
日本

mujiの日記: 二月大歌舞伎

日記 by muji

千穐楽おめでとうございましたの一部。

はい、大化けも何もない、立役総崩れの1か月がようやく納まりましたよと。
納まったので声を大にしていってしまおう。

次 に 錦 之 助 の 勝 頼 が 観 ら れ る の は い つ で す か

門之助にはホント申し訳ないが何で勝頼が錦之助じゃないんだ門之助は濡衣が妥当じゃないかと内心ため息吐きまくりだった今月。
勝頼もねー、郵便屋さん仰せつかって花道下がってくとき、前髪の典型的な動き方しながら下がってくんだけどそれが何かこう固くてねぇ。たおやかさがないのがねぇ。勿論やりすぎてはいないからそれはそれでいいとしても。
あーその首の使い方何かちがうーっと頭抱えそうになって、まあ、ドブキトリオの一員だしと思い直すなど←

15213941 journal
日本

mujiの日記: 第七回 立合狂言会(宝生能楽堂)

日記 by muji

本日のメインイヴェントはこちら。
今回のテーマは「狂言×ソーシャルディスタンス」。
冒頭、世話役の大藏彌太郎と野村又三郎が異口同音に、去年の立合狂言会が終わってからこんな風になってしまって、といっていたが確かにそうだったんだよね。2月中旬でそろそろ世間が本気で騒ぎ始めていた頃。
さて今年の番組は、

  • リモート飲み会?狂言 樋の酒(ひのさけ)
  • 小舞 一騎打ち
    • 小舞 御田(おんだ)
    • 小舞 田植(たうえ)
  • 密で飲む?狂言 寝音曲(ねおんぎょく)
  • 小舞 三つ巴戦
    • 小舞 道明寺(どうみょうじ)
    • 小舞 八島/後(やしま)
    • 小舞 鵜飼(うかい)
15213922 journal
日本

mujiの日記: 二月大歌舞伎

日記 by muji

第1週以来の泥棒と若殿。
絶賛の声が多い中で設定に無理があると指摘する声もちらほらで、うん確かにそうなんだよねいくらカモフラージュだからとてまかり間違って若殿に矢が突き立っちゃったらどうするんだとか、マジで飢え死にしたらどうするんだとか。
それに泥棒が入ってその日の夜明けまでに身体をカタに借金できて云々、って、最終的に家来達が手を回してたって話になるけどじゃあ泥棒入らなかったら若殿完全に飢え死にだったんじゃん、てな。いやそうはさせなかったってことなんだろうけど、その辺が何ともねぇ…
あと、3日も飲まず食わずの相手にいきなり生のサツマイモ渡しても腹壊すだけだからやめたほうが(そうじゃない←
迎えの武士2人組が男寅と左近、と見て、えっ衣服持ってた方が左近か! と、6日スルーしてしまったんで←今日はしっかり確認した。
おおう、写真で見る辰之助の面影が……声変わりも済んだ模様。今後に期待。

で、前後したが十種香。
もう何を今更。
謙信ノリ地がぶつ切りでいくら出来ないからって程があろうよとorz

15212072 journal
日本

mujiの日記: 二月大歌舞伎

日記 by muji

もしかすると二部よりも売れてるかもね、な三部。
2階席の東西桟敷も3階西席もほぼ埋まってるなんて景色はついぞお目にかかってなかったねえ、ってそれは一部だからか←

安達三(あっそれ叱られる略し方←)って袖萩そんなに歌ってなかったっけ??? 出だしのほんの一節だけじゃないよねもちっと歌ってたよね??? しかもそこまで太棹連れ弾き状態じゃなかったよね??? 何のための袖萩「祭文」??? 福助に教わったってえけど福助もそこまで歌ってなかったかなぁ…つか元々ちょっとしたところで福助に似通ってるなあってことがしばしばあった七之助だが今回は教わっただけあって殊に前半はかなり福助風味。まあでも眼目はお君ちゃんなのかな←これ1か月間やり切ったら相当自信つくだろうね。大したもんだ。
貞任はケレンは太刀放り上げも赤旗引き回しも実に鮮やかに決めていた、が、化けてるときに一瞬素になるところでほとんどといっていいほど気が変わらず。声もそうだけどそもそも表情が最初っから公家っぽくない。うーむ。

(つづくー

15209390 journal
日本

mujiの日記: 二月大歌舞伎・幕見

日記 by muji

午後からの用事の前に十種香のみ2回目。
例によっての公認ダンピングサイトで押さえたら悪目立ちもいいところの席だったというねwいやこれが二部や三部なら別段悪目立ちもしなかろうが何せ一部だしね!orz
収録用と思しきカメラが東西桟敷と二等後方にあったがカバーが掛かっていた。えーとこれは一部は需要ないから衛劇用収録はないってことですかね???orzミレール用は最初の土曜に録ってたけど。
で、東西桟敷は各1人ずつ客がいた。これはこれで目立つね…ああ勿論2階は正面も東西も無人。

15204341 journal
日本

mujiの日記: 二月大歌舞伎・幕見

日記 by muji

午後からの用事の前に十種香のみ。
3Bはおおよそ埋まってた感じだが、3Aは上手側の2人並び席を設けたブロックがすかすか、2階桟敷席と3階西は空席。
まあもう今月はずっとこんなだろうね(´・ω・`)

謙信のノリ地は團蔵のと最初がちょっと違うんだ。ふむ。誰のやり方かな。ということで

今この、
諏訪の湖に
氷閉ずれば渡海は叶わず

15194767 journal
日本

mujiの日記: 二月大歌舞伎

日記 by muji

今月一番売れている(はずの)二部。
そりゃあ特大の恒星が連星状態な訳で。
とはいえお六の一役と神田祭って演目出たときにすっげえデジャヴと思ったらデジャヴだったというね。
 #いやお六の一役って外題ちゃうし
その3年前より上演時間長いよね? と思ったら今回は妙見さんの場をダイジェスト的につけてた。でもホントダイジェスト。筋売り。あれだけならいらんちゃうかー。
主役の2人は変わらないのに周りが3年前よりもほぼ若返って、っての

15173688 journal
日本

mujiの日記: 二月大歌舞伎

日記 by muji

初日が週前半だと日が経ってからでないと観に行かれないのがねえ…と第一部。
誰もが思っていたとおり客席の惨状が半端ない。もしくはパネェ。
衛星がどれだけ寄り集まろうと恒星1つに敵う訳がない、てこったね殊に十種香。
ああ先に泥棒と若殿に言及しておくと緞帳が下りてからの拍手が客席の入りの割に大きく長く響いてた、てのが全てを物語っているかと。十種香に対する反応も含めて全て。
「若殿」という点では親父よりも年齢的には適役なんだろうな巳之助。そりゃあ松緑は巳之助以外とはやりたくはないだろうよ…自分の立場をまっとうするって内容、役者としても結構刺さる話では。

15123244 journal
日本

mujiの日記: 壽 初春大歌舞伎

日記 by muji

今月最後の見物に残しておいた一部。
朝一はツケ芝田氏なんだなー誰が出ようと。なんちう贅沢。

そうか結果的に両方とも舞踊だったのかと今更のように←
柱建で物語の部分をほぼ長唄に取らせて所作で示す、って、これ若手にやらすの実は結構キツいんでないかな。狩場の切手の代わりは浅草寺の疫病退散のお札、てのはツッコまないにしても、まず何で工藤が立髪まで生やしてんだよ、とか(意味判った上で注文してんのかね)、筒手甲してるのに二の腕まで見えるくらいの所作ってどうなのよとか、留める位置は舞台写真よりは若干高くなってたけどあと5cm上げてほしいなあ、とか、考えてみると小林と舞鶴が一緒にいるってのもフツーはないよね、とかw
悪太郎は上演記録見ると何度か観てるけどあんまり記憶にない、って多分元亀初演の浅草で観てたはず…今の面子になる前の浅草は余程何かないとなーって感じだったしなー。今回使ってる若手2人が浅草出たらかなりきちんとした舞踊の演目が出せるんちゃうか。まあそういう方針じゃないんだろうけど。

(とりあえずー

15104589 journal
日本

mujiの日記: 壽 初春大歌舞伎・幕見

日記 by muji

朝からこんなことになってしまって、といいつつ体調の件では本人が既に語っていた訳で、予後が思わしくないってのも何ともだが。

15097655 journal
日本

mujiの日記: 国立劇場 初春歌舞伎公演

日記 by muji

次回はまた200年後、なんて10年前に書いてたらどっこいたった10年で再演しちゃったよwな四天王御江戸鏑。
10年前の戦場カメラマンと三宅坂48は縄跳びダンスとそーしゃるでぃすたんすに置き換わったというね。掛け軸アマビエだったし赤縁のアクリル衝立あったし酌するのにめ組の喧嘩で芝居前のときに長柄の何やら掴んで出てくるそれっぽいのを使ってるしwそういう小道具もみーんな藤浪さんの倉庫に保管されるんだろうねぇ…
で、あの場で10年前もお土砂やってたっけw今回は

15083394 journal
日本

mujiの日記: 壽 初春大歌舞伎

日記 by muji

演舞場からの歌舞伎座二部。
夕霧名残の正月は観る毎に演出がryなんていってたけどそれは山城屋に合わせてたからなんだよね…(´・ω・`)
最後の方で山城屋を偲ぶ渡り台詞があって「その面影も懐かしく」とか寿治郎にいわせてるし…また寿治郎がホントにしょんぼりした顔してるし…。・゚・(ノД`)・゚・。
がんじろはんの衣装は山城屋が着ていた特製紙衣と見たが裄丈とか直す訳にもいかんだろうしそのまま着てるのかなあ。

15083374 journal
日本

mujiの日記: 新橋演舞場 初春海老蔵歌舞伎

日記 by muji

何というか、まあ、公演名に役者の名前が入るってry
といいつつそもそも本来なら今頃は海老蔵ではなかった訳でねぇ。

娘七種は当たり前とはいえ右團次に一日の長ありか。つか真ん中の静が巨大に見えてしまうのはちょっとw十郎の壱太郎だってそんなに小さくはないはずなのに。
振りが見覚えのあるのとはちょっと違う気がした。最後の方が長くなかった?

15074249 journal
日本

mujiの日記: 壽 初春大歌舞伎

日記 by muji

そしてうっかり三部も土蜘蛛と同じ日にしちゃってたなど。
開演時間20分早まるのが11日からってんで安心してたらむしろ土蜘蛛終演がかなり早くてこれなら早まった開演時間でもよかったとか←

親子三代の車引ってのもシヤワセでよいですのう。丸本歌舞伎と見えたのは松王だけだったけど。
2日の初芝居生中継見てたときも思ったけど、梅王の見得って腰高いんだよね。敢えて沈めないでやってる?
あ、これはなかなか出来ないな、と思ったのが、松と梅が止まっているときはもとより移動最中もちゃーんと力足になってたこと。歩くときに拇指立てて歩くってなかなか容易ではなさげだし、そこまでやってるのもなかなか見ないし。

typodupeerror

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

読み込み中...