パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのTwitterでストーリをフォローしよう。

12794533 story
Opera

Opera Softwareの株主、中国企業のコンソーシアムによる買収提案を受け入れ 3

ストーリー by headless
売却 部門より
Opera Softwareの株主が中国企業のコンソーシアムによる買収提案を受け入れたそうだ(プレスリリースWindows Centralの記事Softpediaの記事)。

提案は発行済みの全株式を1株当たり71ノルウェークローネで買収するというもの。Operaの取締役会は2月に買収提案を承認し、株主にも買収提案を受け入れるよう勧める決議を全会一致で可決していた。

提案期限の24日までに買収が受け入れられたのは、発行済み株式の91.4%、議決権の91.6%にあたる133,978,843株で、提案の最低受け入れ条件を上回ったとのこと。コンソーシアムでは残りの条件を確認後、買収の成否についてオスロ証券取引所を通じて公告を行うとのことだ。

最近Opera Softwareでは広告ブロック機能VPN機能省電力モードなど、さまざまな新機能をOperaブラウザーに搭載して注目を集めている。買収による経営体制や経営方針への影響はないとのことだが、今後の動向についても注目される。
12789149 story
お金

りそな銀行、印鑑を3年後を目処に原則廃止へ 33

ストーリー by hylom
サインを代わりに使うという話ではなかった 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

りそな銀行が印鑑を使用せず、静脈認証を使って口座を開設できるサービスを導入するという。大手銀行としては初めて(朝日新聞毎日新聞)。

口座開設後はICチップ付きキャッシュカードと静脈認証で窓口での現金引き出しや振り込み等が行えるとのことで、行政への手続上不可欠な場合を除いて印鑑は原則不要になるという。業務全般の見直しも行い、これによって4年間で事務作業を2割減らせるという。

他の大手行も印鑑を使わない方向へ傾きつつあり、ネット銀行ではそもそも印鑑を使用していない。いずれ銀行手続きでは印鑑が不要になるようだ。一般企業では電子印鑑も普及しているが、皆様の周りでは、どのような事例で印鑑が廃止されているだろうか。

12789119 story
お金

東芝の株主、東芝の歴代役員11人に27億円の賠償を求める訴訟を起こす 25

ストーリー by hylom
責任はどの程度 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

東芝の株主が東芝の歴代役員11人に対し、計27億円の賠償金を東芝に支払うよう求めて東京地裁に提訴した(朝日新聞産経新聞毎日新聞)。

東芝は歴代3社長ら5人に対し計32億円の損害賠償を求めているが(東京新聞)、株主側はこれ以外の役員にも責任があると主張している。

12784706 story
お金

財務局がLINEのスマホ向けゲーム内アイテムを「ゲーム内通貨」として認定、保証金の供託を求める 23

ストーリー by hylom
確かに前払いではある 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

関東財務局が、LINEが提供するスマートフォン向けゲーム「LINE POP」および「LINE PLAY」内で提供されるアイテムについてゲーム内通貨であるとし、保証金を供託する義務があるとした(毎日新聞)。

問題のアイテムはLINE POPの「宝箱の鍵」とLINE PLAYの「クローバー」。宝箱の鍵は1つ当たり110円相当で、ゲーム内アイテムやキャラクターの入手などに利用できる。今回関東財務局はこれについて、プリペイドカードなどと同じ「前払式支払い手段」とする判断した。同社は財務局に対し、問題のアイテムに関する情報を削除した資料を提出していたとして、管理体制の改善も求めたという。

今後LINEは保証金の供託等の対応を行う予定とのこと。

12781080 story
日本

ふるさと納税制度を使ったあからさまな節税が問題に、「町内で使える金券」なども人気に 152

ストーリー by hylom
今後東京都に税金払いたくないからふるさと納税する、という人も増えそうですが 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ふるさと納税を利用した節税行為が問題となっているという(朝日新聞)。

記事で紹介されている千葉県大多喜町の例では、返礼品として町で使える金券を用意している。町内にはこの金券を利用した支払いが可能なネット通販業者などが参入しており、同町にふるさと納税して金券を得て、このような業者経由で買い物を行うというケースが多いようだ。町は3月から規制を始めたが、金券返礼自体は続けるそうだ。

ふるさと納税は昨年度から制度が変更され、価格的な利得が大きくなったため、3年ほど前からの自治体間での返礼品競争もあり、2015年度は前年度比で約1千億円の大幅な利用増となる見込み。

ふるさと納税の問題点は以前から指摘されているが、皆様はどう思われるだろうか。

なお、ふるさと納税は自治体に対し寄付した金額の一部が住民税や所得税から控除されるという仕組み(総務省の説明ページ)。支払う所得税/住民税が多いほど全額控除されるふるさと納税額が増え、たとえば給与所得が300万円の場合、7,000~2万8,000円程度が全額控除対象となるが、給与所得が500万円の場合2万8,000~6万1,000円程度、1,000万円の場合14万4,000~17万6,000円程度、2,500万円の場合80万円~84万5,000円程度が全額控除対象になる。そのため、富裕層ほど得をするとの批判がある。

12780579 story
Android

Google Playでのゲームアプリ収益、トップはパズドラ 75

ストーリー by hylom
まだ日本はゲーム大国を名乗れますね 部門より

調査会社App Annieの発表によると、2012年にスタートしたGoogle Playは順調に収益を増やしており、その大半はゲームアプリからのものだそうだ。また、歴代で最も収益を生んだアプリはパズル&ドラゴンズ(パズドラ)だという(インターネットコムThe Next WebSOcialTimes)。

Google Playからのダウンロード数はGoogle Playがスタートした2012年第1四半期から2016年第1四半期の間で約4倍に増えたそうだが、いっぽうでその収益は約35.7倍に増えたという。これにはゲームアプリが大きく寄与しており、これまでのアプリ総ダウンロード数のうち4割がゲームアプリであり、さらに収益の9割はゲームアプリから得られているという。

なお、ゲームアプリの歴代ダウンロード数トップ10に日本製ゲームは1本も入っていないが、歴代収益トップはパズドラ、2位がクラッシュ・オブ・クラン、3位がモンスターストライクで、そのほか7位にディズニーツムツム、10位に魔法使いと黒猫のウィズと、歴代収益トップ10に日本のゲームは4本ランクインしている。

ちなみにアプリ全体でのダウンロード数トップはFacebookで、WhatsApp Messenger、Facebook Messengerがが続く。日本製アプリは7位にLINE、8位にViberがランクインしている。

12779589 story
お金

米国の空港で保安検査に時間がかかるようになったのは預入手荷物の有料化で機内持ち込みが増えたから? 26

ストーリー by headless
長蛇 部門より
米国の空港では、保安検査場での長い行列が問題になっている。一部の空港では米運輸保安庁(TSA)に対し、検査の待ち時間を短縮しなければTSA職員による検査をやめ、独自に検査を行うなどとして圧力をかけているという(Consumeristの記事)。

TSAでも保安検査場を担当する職員の増員や、事前登録により検査を迅速化する「TSA Pre✓」の拡大、トレイの回収といったセキュリティにかかわらない保安検査場内での作業について空港や航空会社の協力を求めるといった対策を発表している。米航空会社による業界団体Airlines for Americaは「I Hate the Wait」キャンペーンを実施し、乗客が保安検査場で長蛇の列に遭遇した際にTwitterやInstagramでTSAへ報告することを呼び掛けている。Airlines for Americaに加盟していないデルタ航空では、保安検査場でTSA職員をサポートするスタッフの提供などの協力を発表した(国土安全保障省のニュースリリースAirlines for Americaのニュースリリースデルタ航空のニュースリリース)。

一方、保安検査の効率低下の原因として、航空会社の責任を指摘する意見もあるようだ。米航空会社の多くが国内路線などで預入手荷物を有料化したことで大きな手荷物を機内持ち込みにする乗客が増え、保安検査に時間がかかるようになったというものだ。TSAの試算によると、預入手荷物が無料の場合と比べ、有料の場合は機内に持ち込まれるキャスター付きスーツケースが27%増加するという。そのため、Richard Blumenthal上院議員とEdward Markey上院議員は航空会社12社に対し、夏の預入手荷物料金を値下げして保安検査場での行列を短くするよう求めているとのことだ(Consumeristの記事)。
12779129 story
お金

PayPal、6月25日からクラウドファンディングへの支払いを買い手保護制度の対象外に 25

ストーリー by headless
規約 部門より
PayPalは6月25日からユーザー規約を改訂し、クラウドファンディングプロジェクトへの支払いを返金の対象外とするそうだ(現在のユーザー規約変更点英語版の新しいユーザー規約The Vergeの記事)。

PayPalで代金を支払った商品が届かなかった場合や届いた商品が説明と著しく異なる場合、「PayPal買い手保護」制度により返金を受けることができる。日本向けの新しいユーザー規約では、対象外の商品を定める7.3(英語版では13.3)に「クラウドファンディングプラットフォームでの支払い」が追加されるほか、ギャンブルや賞品を伴う活動、行政機関からの購入、慈善団体への寄付などが新たに対象外とされている。

KickstarterやIndiegogoでは、目標額を大幅に上回資金調達に成功したプロジェクト完成品を支援者に出荷できないまま資金が枯渇する、といったトラブルがたびたび話題になっている。
12777961 story
お金

日本から国際陸上競技連盟関係者に多額の送金があったと報じられる、五輪招致に向けた贈賄? 98

ストーリー by hylom
良いビジネスである 部門より

東京オリンピック招致委員会がオリンピック招致に関連して贈賄を行っていた疑惑があると英guardianが報じている(ハフィントンポスト)。

国際陸上競技連盟(IAAF)のラミン・ディアク前会長の息子であり、IAAFのコンサルタントを務めていたとされるパパマッサタ・ディアク氏に関係する口座に、東京オリンピック招致委員会が130万ユーロ(約1億6千万円)を振り込んでいた疑いがあるようだ。これについては、フランスの検察当局が贈収賄の疑いで捜査を行っているという(NHK)。ラミン・ディアク氏はオリンピック開催都市が東京に決まった2013年のIOC総会でIOC委員として投票に参加している。

また、フランス検察当局は「東京側が(2020年東京オリンピック招致委員会名義で)2013年にパパマッサタ・ディアク氏の関連会社宛てに約2億2000万円を支払っていた」ことを明らかにしている(BuzzFeed)。

guardianの記事では、Athlete Management and Services(AMS)という企業のコンサルタントを行っていたIan Tan Tong Hanなる人物が問題の口座を管理しており、またAMSはスイスに設置された電通のスポーツ関連子会社であるとされている。いっぽう電通側は取材に対してAMSは単なる取引先であり、Ian Tan Tong Han氏との関連も無いと答えている。

12777875 story
お金

月額700円で万が一の際の修理費用を補償する「モバイル保険」 33

ストーリー by hylom
難しい価格設定である 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

さくら少額短期保険がスマートフォンやタブレット、ノートPCなどを対象とした損害保険「モバイル保険」を発表した。月額700円で最大3台を対処にでき、修理が必要となった場合年間最大10万円までを補償するという。

スマートウォッチやモバイル音楽プレーヤー、携帯ゲーム機、モバイルルーターなども対象にできるとのこと。対象は日本国内で販売されたメーカー純正品。なお、最大10万円までの保険金額が支払われるのは1台のみ設定可能な「主端末」のみで、最大2台設定できる「副端末」については2台合計で3万円までが上限となる。

なお、保険契約者や被保険者の故意による損害や海外での損害は対象外。

12774613 story
お金

クラウドファンディングで100万ドルを集めたE-Ink採用腕時計開発プロジェクト、破産 72

ストーリー by hylom
最近よく話題になるクラウドファンディングの失敗 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

クラウドファンディングで100万ドル以上の出資金を集めた、電子ペーパーE-Ink採用腕時計「CST-01」開発プロジェクトが破産したと報じられている(やじうまWatch)。

CST-01は「世界でもっとも薄い時計」として開発が進められており、2013年2月22日に7658人から総額102万6,292ドルを集めてクラウドファンディングキャンペーンが終了。当初は2013年9月に製品化が予定されていたものの開発は遅れ、2014年には財政上の問題も明らかになっていた。

今回、プロジェクトサイトには開発元のCentral Standard Timingが破産宣告を受けたとの書類が掲示されているとのこと。なお、集めた資金が何に使われたのかについての説明は現時点ではないという。

12770633 story
お金

ファーストクラスがあると旅客機内での乗客トラブルが増える? 58

ストーリー by hylom
ファーストクラスがない旅客機なんてあるのか 部門より
northern 曰く、

2日の米科学アカデミー紀要で、旅客機の乗客が騒ぎを引き起こす一因はファーストクラスの存在にあるかもしれないという研究結果が発表されたという(CNN)。

ファーストクラスがある旅客機の場合、エコノミークラスの乗客が騒ぎを起こす確率は、ファーストクラスがない旅客機の3.84倍にも上るそうだ。

論文をまとめたカナダ・トロント大学のキャサリン・ディセレス准教授の解説によると、「人は貧しさや不平等を感じると行動に出る傾向が強まる」とのこと。

12769655 story
お金

米空港の保安検査場で乗客が置き忘れた現金、8年間で432万ドル以上 38

ストーリー by headless
忘却 部門より
空港の保安検査場では個別にチェックの必要な物品を取り出してX線検査用のトレイに載せる必要があるため、検査後に細かいものを取り忘れてしまうことがある。米国の空港ではトレイに置き忘れた現金が2008年からの8年間で合計432万ドルを超えているそうだ(Consumeristの記事USA TODAYの記事)。

置き忘れられる現金は小銭が中心で、2008年以降毎年増加しているという。2015年に乗客が保安検査場に忘れていった金額は合計765,759ドル15セントで、2008年の383,413ドル79セントから倍増している。米運輸保安庁(TSA)では、保安検査場での忘れ物を持ち主に返すよう努めているとのことだが、小銭などは持ち主が引き取りに来ることもなく、返却は難しいようだ。TSAが回収した現金については、2005年の法改正で集計後にTSAの所有となるよう規定されている。TSAでは特別基金として専用の口座に入金し、用途がわかるようにしているとのことだ。

持ち物にもよるが、空港の保安検査場ではノートPCやタブレット、液体物の小分け容器を入れたビニール袋などをバッグから取り出し、上着も脱ぐ必要がある。ポケットに金属製品が入っていれば取り出す必要があるし、靴を脱いだりベルトを外したりすることを求められることもある。早く通過したいと気持ちがあせれば、忘れ物をすることもあるだろう。スラドの皆さんは、空港で何か忘れ物をした/しそうになったことはあるだろうか。その忘れ物は無事に回収できただろうか。
12768356 story
お金

豪起業家、自分がサトシ・ナカモトだと主張 19

ストーリー by headless
微妙 部門より
オーストラリアの起業家クレイグ・ライト氏が、ビットコインを発明した「サトシ・ナカモト」は自分だと主張している。ライト氏は昨年12月にビットコイン発明者としてWIREDGizmodoが報じ、その数日後に実はイカサマ師だったと続報の出た人物と同一人物だ(クレイグ・ライト氏のブログ記事BBC Newsの記事The Economistの記事GQの記事)。

この件について caret 曰く、

ビットコインは2009年に発明された仮想通貨。論文を執筆した発明者は「サトシ・ナカモト」と名乗っていたが、その存在は謎に包まれていた。ライト氏は今回、技術的な裏付けを公表し、発明者による所有が知られているコインを使用した。これにより、ビットコインコミュニティーの主要メンバーやコア開発チームも、間違いなく同氏が開発者であると認識できたという。ビットコイン財団のジョン・マトニス氏も「3種類のプロセスで検証されており、本人であると確信している」と語っている。

ライト氏によれば、自身が自分が発明者だと公表したのは「サトシ・ナカモト」の正体をめぐる憶測に終止符を打つためであり、公表を望んではいなかったという。ライト氏は「金も名声も求めず、称賛されたくもない。ただ今の仕事を続けたい。私のことは放っておいてほしい」とBBCに語ったとのことだ。

ただし、この件を最初に報じた3メディアのうち、The Economistは懐疑的な見方を強く示しており、BBCも懐疑的な意見を複数紹介している。懐疑的な意見の多くは技術的、暗号的に証拠が不十分といったものから、故意にミスリードしようとしているように見えるといったものまでさまざまだ。また、ブログにライト氏がビットコインの発明者に違いないと書いたビットコインのコア開発者ギャビン・アンドレセン氏は、アカウントがハッキングを受けた疑いにより、コミット権を剥奪されているとのことだ(ビットコインニュースの記事[1][2]The Next Webの記事The Guardianの記事The Vergeの記事)。

12759926 story
お金

ウォズ曰く、Appleは利益に見合った税金を納めるべき 99

ストーリー by headless
課税 部門より
Appleの共同創業者スティーブ・ウォズニアック氏が英BBCのインタビューに対し、Appleは利益に見合う税金を納めるべきだと述べている(BBC Newsの記事The Registerの記事The Guardianの記事BetaNewsの記事)。

BBC NewsのインタビューでAppleの積極的な節税に対する見解を求められたウォズニアック氏は、金を稼いだらそれに見合う税金を納めるべきとの考えを示した。企業が納税するのは当然のことだが、企業に対する税率が個人よりも低いことも問題だと考えているようだ。企業は収益の一部を社会に還元すべきとも述べているが、自身にAppleの考えを変えさせる影響力はないとしている。

BBC Radio 5 liveのインタビューに対しては、自身が個人所得の50%以上を税金として納めていることを明らかにし、それと同じようにAppleが税金を納めないのは不公平だと語った。さらに、Appleだけでなく、すべての企業が同様に税金を納めるべきだとの考えを示している。
typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...