パスワードを忘れた? アカウント作成

hixさんのトモダチの日記。 過去1週間(やそれより前)のストーリは、ストーリアーカイブで確認できますよ。

15221752 journal
映画

hixの日記: 映画「わたしの叔父さん」

日記 by hix
原題は「Onkel」

デンマークの映画。

ヌテラ。これが最初の台詞。
その前から、テレビから流れるニュースの音声で時代設定を表していた。北朝鮮のミサイル発射とか核実験とか、トランプ大統領がキレたとか、サミット反対のデモとか。
終盤はいよいよテレビが壊れて、時代設定がわからなくなる。

叔父さんと暮らす女の子クリスが変人。変人というより異質。
映画の冒頭から暫く、叔父さんとの関係や心理や価値観などが少々謎めいた感じで進行して、この女の子は何だろう?と好奇心を抱ければ良いのだが、見え方が異なると他人の好意を蔑ろにするクソガキと感じてしまうかも知れない。

ハーベスターやらトラクターやらの農機が登場。

クリス家の車は何だろう?MT車。
獣医ヨハネスはトヨタ車、彼氏マイクはシトロエンだった。

体の不自由な叔父さんと農場に縛られる。
農場に縛られると言えば、SWのルーク・スカイウォーカーもそうだった。

回転寿司。箸はすぐには使えない。

.
15221747 journal
映画

hixの日記: 映画「どん底作家の人生に幸あれ!」

日記 by hix
原題は「The Personal History of David Copperfield」デイヴィッド・コパフィールドというのは、原作の題名。

いろんな人が出演している。
世間からは乱暴者とされている伯母にティルダ・スウィントン。弁護士にベネディクト・ウォン(この二人は「ドクター・ストレンジ」に出てた)。
ユライア・ヒープは「007」の"Q"の人ベン・ウィショー。

関係した人物について印象に残った言葉を書き留めておくというのは、モノマネを得意とする人の手法に通じるのだと思う。

船の家のお父さんが市村正親っぽい。

.
15220939 journal
映画

hixの日記: 映画「ライアー×ライアー」

日記 by hix
これは客層としてイケメン目当ての女の子が主流だと思うんだけど、この映画のお買い得感を一番得られるのは、さほど興味もないのにそんなイケメン好きの恋人に付き合わされた男子なんじゃないかと思う。
森七菜が面白すぎる。期待を上回る面白さ。

城マニア。

ギャル連れてきて合コンで弟にぶつけてやるとか言っていたけどキミが最もギャルやんけ...あるいは、撮影の小物を足したいとか言って居なくなったけど、そこに弟がぶつかってくるあたり「殺意の道程」に引き続いて、またあなたが主犯なのですか?って思った堀田真由。

なんか雰囲気が違う高杉真宙だと思ったら小関裕太だった。

相田翔子お母さん。なんか斉藤由貴と印象が重なる。

.
15220927 journal
映画

hixの日記: 映画「モンスター・ハント 王の末裔」

日記 by hix
原題は「捉妖記2」

前作観てないが楽しい。

実写化け物映画は中国映画と相性が良い。
アクション多め。谷垣健治入ってるし。

賭場の姐さんの様式美。

屠四谷、表情が若い頃のジャッキー・チェンみたい。中の人はトニー・レオン。

小嵐が可愛い。武器屋の主人もメロメロっすよ。

“中華電影節”特集。
今回観た4作品と、すでに観ている「おじいちゃんはデブゴン」「燃えよデブゴン TOKYO MISSION」がラインナップ。
「新喜劇王」がアクションものという要素はやや薄いのだが、監督が周星馳だし、主人公の体の張り方は結構なものがあるので、異色という訳でもない。

.
15220919 journal
映画

hixの日記: 映画「パリの調香師 しあわせの香りを探して」

日記 by hix
原題は「Les parfums」

気づけばフランス語作品が3つ続いた。

これ、4DX版があれば結構大変な事になる。
多分酔う。
(そんなにアクションが凄いのか?)
(しかし、映画観ているこっち側が、劇中に合わせて自分の袖の臭いを嗅ぐという異様な作品になるとは思う)

ギヨームの車は何だろう。ベンツの高級セダン(これ買う人は後部座席に座る層)、ディーゼル。
ギヨームと言っても業務ではない。まぁ運転手が業務だが。「海の上のピアニスト」のマックスっぽい。人のよさそうな小デブ。

そしてクボタのトラクター(芝刈り機)。持ち主が自慢げに「クボタ」と言っていて、あちらでの評価はどうなんだろう?。ランボより上だったりするのかな?(まぁランボにあんな小ぶりなトラクターは無さそうだけど)

オービスが光る。赤く光ると聞いたことがあるが今は白いのかな?(可視光で写真じゃなく動画だし)

.
15220907 journal
映画

hixの日記: 映画「FUNAN フナン」

日記 by hix
フナンとは扶南国からとの事。

革命で大変な事になったカンボジアの話し。
巻き込まれた民衆はたまったもんじゃない。
民衆の中の高い立場の層か、民衆のすぐ上の指導者の層が、世直しの志とは無関係に、単に威張りたいだけだとか、おいしい思いをしたいだとか、楽をしたいだとか、そんなくだらない理由で人を統制するものだから、世の中がうまくいくわけがない。

監督はフランス生まれ。多分1985年生まれ。
お母さんがモデルらしい。

日本のアニメから影響を受けているそうで、舞台がアジアということもあって、どことなく日本を思わせる印象も受ける。

.
typodupeerror

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

読み込み中...