パスワードを忘れた? アカウント作成

mumumuさんのトモダチの日記。 今週も投票をしましたか?

13605834 journal
プログラミング

torlyの日記: オキテタセンイ

日記 by torly

ペドフィリアと動物の子供
 今年1月の記事。以前の研究では、ペドフィリア男性の脳は裸の子供の写真のみならず、子供の顔写真にも反応していることが分かっている。この事実はペドフィリアが性的機能の逸脱というより、養育機能の異常であるかもしれない可能性を示している。そこで、子供と大人の動物の画像を視認している間の脳の働きをfMRIで観察した。人間の写真を使わないことで、性的な反応を引き出すことなく子供への反応を見ることができるといいなという訳だ。
 大人の動物を見た際と比べ、子供の動物を見ているとペドフィリア群だけ前島皮質での活発な反応が観察されると予想され、実際そのようになった。それに加えて、補足運動野や背外側前頭前皮質も活発だった。グループ内分析では、子供の動物に反応して左前島皮質が活発になることが分かった。

'失われたコード構造物'を擁護する開発者たち
 再帰もgotoやevalと同列? 気持ちはなんとなく分からんでもないけども…

13605453 journal
日記

maiaの日記: 反則すれすれはテクニックがいる 1

日記 by maia

潰してこいと言われて、あからさまな反則で文字どおり潰しに行っちゃった。いやいや、そうじゃない。試合のルールの範疇でやるんだよ。んもう...

この構図、裁判やっても大きくは負けないよ。指導の意図、熱意も認められるしね。

一回目の反則でちゃんと対応しなかったのは責められるが、そこはどういう訳か、審判もスルーしてるという不思議。三度目でようやく反応は、審判システム自体が問われる。

1)監督とコーチは更迭し、体質をアップデート
2)審判システムの反省
3)理事会の体質改善
4)マスコミのレベルが低すぎるが、これは反省しないだろうなあ...

13605432 journal
交通

maiaの日記: 電気飛行機のZunum、100機受注 1

日記 by maia

Zunum Aeroの12人乗り電気飛行機(電動旅客機)だが、JetSuiteがローンチカスタマーとなり、100機を受注、2022年に納入開始とのこと(ビジネスインサイダー)。Jet云々はZunumのパートナーなので、内輪受注とも言えるが、カタール航空も出資している。詳細はよく分からないが、航続距離は1600キロ、最大速度は時速550キロ、必要滑走路長670メートルのようだ。なお電気といっても、当初はハイブリッドとなる。純バッテリー化はバッテリー技術の進歩を待つスタンス。

13605128 journal
映画

hixの日記: 映画「ラブレス」

日記 by hix
原題は「Nelyubov」。

ロシアの映画。

予告編にも出てきた巨大なパラボラアンテナが謎。

奥さんの彼氏は親日家なのか?浮世絵の本とか日本刀とか。

これ、男の子が行方不明になったのは、(頼れる同志を誹謗中傷したなどの行いにより)プラウダの隊長の機嫌を損ねてノン(ry

.
13605120 journal
映画

hixの日記: 映画「のみとり侍」

日記 by hix
内容が内容だけにR15+。

予告編で随分と説明してしまっていて本編は大丈夫か?と思ったが、ワリと中身は有る。

キャストが良い。
大竹しのぶとか前田敦子とか。
冒頭に登場する田沼意次の桂文枝も良い。

.
13605112 journal
映画

hixの日記: 映画「ランペイジ」

日記 by hix
ドウェイン・ジョンソン的に、「ジュマンジ」とどっちがどっちだ?とか思っていたら、随分と違う。

怪物が暴れるのは解るんだけど、そういえばストーリーの落しどころはどうなるのだろ?とか思ったら、冒頭でその方向性が示される。ある意味親切設計。

飛行機に乗せちゃいけない人や動物を、眠らせて乗せれば大丈夫だという考え方は、災いしかもたらさないという事は「Aチーム」シリーズで前例があるだろう?

猛獣の食事の時間がグロい。

.
13605110 journal
映画

hixの日記: 映画「港町」

日記 by hix
公式サイト
観察映画。

人だけ見れば戦後間もなくと言って騙せるかも知れない。
モノクロ作品なんだけど、撮影は最近。

野良猫の餌付けしてるご夫婦。
魚屋さんの廃棄物をもらって粗煮を作ってる。しかし実は一番旨いところじゃない?
さばとら(だと思うモノクロだから多分)の猫が火に掛けている鍋に寄ってくる。気が強い。

いつの間にかやってきた墓石。
増えても嬉しくない。

ワイちゃん。恐ろしく耳が遠い。

.
13605108 journal
映画

hixの日記: 映画「GODZILLA 決戦機動増殖都市」

日記 by hix
第2作/3部作という位置づけの作品は、地味だったり中だるみだったりする事がままあるけれど、この映画はそんな事は無かったな。

ありゃ「小美人」かね?ザ・ピーナッツ?

「あれはまがまがしいものだ」。
嫌な予感しかしない。

映画終わった後に、第3作のポスターが映画館に飾ってあるのを見つけた。「アベンジャーズ」のサノスぐらい強かったり、第3作が映画2本だったりしたらどうしよう?

.
typodupeerror

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

読み込み中...