パスワードを忘れた? アカウント作成

あなたのタレコミがスラドを支えます。さぁ、タレこめ!

15429398 story
入力デバイス

海洋プラスチックごみを原料に使用した Microsoft Ocean Plastic Mouse 41

ストーリー by headless
海鼠 部門より
Microsoft は先日の Surface デバイス発表会で新アクセサリーもいくつか発表したが、海洋プラスチックごみを原料とした「Microsoft Ocean Plastic Mouse」もその一つだ (Microsoft Accessories の記事BetaNews の記事Windows Central の記事動画)。

Ocean Plastic Mouse は海や水路で回収されたプラスチックごみを処理したリサイクル可能な樹脂ペレットを用い、シェル部分のプラスチック原料に 20 % 配合したBluetooth マウスだ。単 3 電池 1 本で最長 12 か月間の使用が可能だという。製品パッケージにはプラスチックを使用せず、リサイクル可能な木材とサトウキビ繊維が使われているとのこと。オーシャンビューの Windows テーマも提供される。

米国カナダでは既に予約を受け付けており、10 月 5 日発売予定だ。そのほかの市場の多くでは 10 月 10 日の発売が計画されている。米国での価格は 24.99 ドル。なお、Microsoft は 34 か国・地域で古い Microsoft 製品を回収するリサイクルプログラムを実施しているが、日本は含まれていない。
15391866 story
入力デバイス

Razer のマウスドライバー、インストーラーにローカルでの特権昇格の脆弱性 25

ストーリー by nagazou
脆弱性 部門より
headless 曰く、

Razerのゲーミングマウスやドングルで、ドライバーインストーラーに存在するローカルでの特権昇格の脆弱性が公表された(発見者のツイートNeowin の記事BetaNews の記事Windows Central の記事)。

この問題は、インストール先を選択するフォルダーピッカーから Windows PowerShell が起動できるというもの。インストーラーは SYSTEM の権限で実行されるため、ピッカーから起動した PowerShell も SYSTEM 権限となる。

つまり、標準ユーザーの権限でログインしている攻撃者が SYSTEM 権限を得るには、Razer のマウスやドングルを接続すればいい。Windows Update が自動でドライバーをダウンロードして SYSTEM 権限でインストーラーを実行してくれる。

また、「デスクトップ」などユーザーが自由に変更できるフォルダーをインストール先に指定すれば、サービスバイナリのハイジャックも可能だ。いずれも物理的なアクセスが必要となるが悪用は容易だ。

発見者の Jon Hat 氏は Razer に連絡したものの、反応がなかったため脆弱性を公表することにしたという。公表後に Razer から連絡があり、修正を進めていると伝えられたとのことだ。

15354494 story
入力デバイス

子供が使いやすい短くて太い「タッチペン」を発売、ナカバヤシ 14

ストーリー by nagazou
絵書くのとかにも使えるんだろうか 部門より
ナカバヤシは13日、やや太めのペン軸を採用したエンピツ型の「学習タッチペン」を発表した。98mmと通常のタッチペンより全長が短めになっているほか、直径に関しても10mmと子どもでも握りやすい太さに設定している。軸の形状も鉛筆のような六角形になっているという。ペン先に関しても画面に傷がつきにくいシリコン素材を採用しているという。カラーリングは「(DD)オレンジ」「(DGN)ダークグリーン」「(DR)ダークレッド」の3色が用意されている。対応機種は各種スマートフォン、タブレットとなっている(ナカバヤシリリース)。
15326397 story
入力デバイス

HappyHacking keyboardの配列が決まるまで 73

ストーリー by nagazou
歴史あり 部門より
PFUで初代HappyHacking keyboard(以下HHkeyboard)から同Lite2までの企画等を担当していたとされる八幡勇一氏が、note上で初期の開発経緯などについての裏話を紹介している。HHkeyboardは、国内初のハッカーとも言われる和田英一氏が発表した論文がきっかけになっていることは知られているが、この記事ではHHKeyboardの配列がどのように決まったかという経緯が分かる内容となっている(HappyHacking keyboardはじまりの話)。
15318645 story
入力デバイス

IntelliMouse Explorerの形状をインスパイアしたゲーミングマウス 60

ストーリー by nagazou
マウスはボタンの数と耐久性重視 部門より
中国Ninjutso製の無線ゲーミングマウス「Ninjutso Origin One X Wireless Ultralight Gaming Mouse」が国内で発売された。ゲーマーからの支持が高く、リメイク版も作られたこともあるMicrosoftのIntelliMouse Explorer 3.0をインスパイアしたデザインになっている。重量66gという軽量さが売りとなっており、独自の素材を使用したり、基板に0.8mmの超薄型PCBを採用するなどしている。またアンテナもセラミックアンテナを採用。一部の有線ゲーミングマウスに類似する高速かつ遅延の少ない無線接続を実現したとしている。解像度は400/800/1,600/3,200dpiから選択できるとしている(PC Watch)。
15261548 story
Google

Google、Web検索結果ページで検索ボックスに移動するキーボードショートカットを追加 28

ストーリー by headless
移動 部門より
GoogleのWeb検索結果ページで、「/」キーを押すとカーソルが検索ボックスに移動するようになっている(9to5Googleの記事The Next Webの記事)。

このキーボードショートカットが利用できるのはWeb検索結果で「すべて」が選択されている場合のみ。検索結果が表示された状態で「/」以外の文字キーを押すと「/ を押すと検索ボックスに移動できます」と一度だけ表示され、「/」キーを押せば検索ボックスにフォーカスが移動する。カーソル位置は入力済み検索語句の末尾になるため、そのまま追加の検索語句を入力できる。
15255265 story
政治

Windowsのキーコマンド人気投票、「Ctrl+C」が「Alt+Tab」を破って優勝 70

ストーリー by headless
優勝 部門より
Windows Insider公式Twitterアカウントが3月から実施していた人気キーコマンドトーナメントで7日、「Ctrl+C」が「Alt+Tab」を破って優勝した(Windows Insiderのツイート投票結果)。

ベスト4に残っていたのはCtrl+CAlt+Tabのほか、Ctrl+ZWin+Shift+SCtrl+CはCtrl+Zを破りAlt+TabはWin+Shift+Sを破ってそれぞれ決勝に進んでいた。残念ながらこのトーナメントが大きな盛り上がりを見せることはなく、準決勝は総投票数が1,000票を超えたものの、決勝は998票にとどまる。スラドの皆さんはお気に入りのキーコマンドがあるだろうか。
15238102 story
Twitter

Twitter、世界の政治的指導者のアカウントの取り扱いについてご意見募集へ 59

ストーリー by nagazou
まとまる気がしない 部門より
Twitterが18日、世界の指導者たちの公式アカウントの扱い方法について、意見を募集するアンケートを開始した(公式ブログITmedia)。

公式ブログによれば、政治家や政府関係者によるTwitterの使用方法は常に進化している。同社ではTwitter上での世界のトップ指導者たちの発言に対して、同社のポリシーを維持しつつも、世界中のリーダーの意見を一般の人々が聞き、交流できるようにしたいと考えている。私たちの目標は、最終的には基本的人権のバランスを適切に取りつつ、グローバルな状況に配慮した事業方針をTwitterが持つことだとしている。 このためユーザーから参考にできるような意見を求めたいとしている。

この意見募集は英語では3月19日から募集が行われている。日本語でも数日中に募集が開始されるとしている。調査は4月12日月曜日の午後5時(太平洋標準時)に終了する予定だとしている。意見募集はアンケート形式となっており、10分程度で終わるもののようだ。ITmediaの記事によれば、世界的指導者がルールに反した場合、どのような対応が適切であるかなどを問うものだという。
15229080 story
Windows

Windows 10 Insider Preview、クリーンインストール時にペイント3Dがプリインストールされなくなる 47

ストーリー by headless
逆転 部門より
Microsoftは10日、Windows 10 Insider Preview ビルド21332(RS_PRERELEASE)をDevチャネルでリリースした(Windows Insider Blogの記事Neowinの記事Softpediaの記事Ghacksの記事)。

本ビルドでは、「ペイント 3D」と「3D ビューアー」がクリーンインストール時にプリインストールされないようになっている。旧ビルドから本ビルドへのアップデートで削除されることはない。現在のところビルド21332のISOイメージは提供されていないが、回復オプションでWindows 10を再インストールするとこれら2本のアプリは削除されていた。これらのアプリを必要とする場合はMicrosoft Storeで入手できる(3D ビューアーペイント 3D) 。

ペイント 3Dは「ペイント」アプリの置き換えを意図してWindows 10 Creators Update (バージョン1703)で追加された。ペイントはWindows 10の標準アプリではなくWindowsストア(現Microsoft Store)で提供する計画が示され、間もなく削除されることを表示する機能も追加されていた。しかし、2019年にはペイントを当面Windows 10から削除しないことになり、Microsoft Storeでの提供計画は取りやめになったとみられている。本ビルドのペイントでは、「ペイント 3D で編集する」ボタンがツールバーから削除されている。

このほか、本ビルドでは「Math Input Panel」が削除されている。また、タスクバーのフライアウトでニュースを表示する「ニュースと関心事項」のロールアウトがリセットされたため、既にロールアウトしていた環境でも一時的に利用できなくなる可能性がある。一方、クリップボード履歴(Windows+V)から書式なしテキストを貼り付ける「テキストとして貼り付け」オプションは、Devチャネルの全ユーザーにロールアウト開始したとのこと。

なお、今回は上述のとおり回復オプションからWindows 10の再インストールを実行したのだが、ビルド21313以降でプリインストールされていた新Mirosoft Edgeが復元されず、起動できないレガシーEdgeのリンクがスタートメニューに表示されるようになった。
15221728 story
Windows

Microsoft、D3DXのNuGetパッケージを提供開始 20

ストーリー by nagazou
公開 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Microsoftは米国時間3月1日、レガシーDirectX SDKに含まれていたD3DXをNuGetパッケージにして公開した(Games for Windows and the DirectX SDK blog)。
現時点で「DirectX 9.0cが必要なのでDirectXエンドユーザーランタイムをインストールする必要がある」と言ったとき、実際に必要なのはほとんどの場合D3DX、XInput 1.3、XAudio 2.7である。このうちXInputとXAudioについてはOSに後継バージョンのランタイムが含まれており移行は比較的容易だが、D3DXは後継ライブラリに直接の代替が存在しない機能も多く、DirectXエンドユーザーランタイムへの依存解消の妨げになっていた。

D3DXはレジストリへの登録を必要とせず、実のところDLLをアプリの実行ファイルと同じフォルダーに置くだけで技術的には使えたのだが、DirectX SDKのEULAではインストーラーの構成ファイルとしてCABファイルでの配布しか許諾されていなかった。今後はこのNuGetパッケージから取り出したDLLを直接アプリに含めての配布も可能となる。パッケージ内のDLLはSHA-256で署名し直されているが、それ以外は2010年リリースのものと変わりない(署名が含まれるファイル末尾の.rsrcセクションを除いてバイナリ完全一致である)。

なお、このパッケージは自作アプリのDirectXエンドユーザーランタイム依存を解消したい(がD3DX使用部分を全面的に書き換えるだけの工数は取れない)開発者が使用するものであり、開発者が対応してくれなかったり、失踪していたり、メーカーが倒産していたりする場合にエンドユーザーが取る対応はこれまでと変わりない(DirectXエンドユーザーランタイムをインストールする)。

情報元へのリンク

15178005 story
Windows

Microsoftダウンロードセンター、SHA-1署名のダウンロードを「本当に」提供中止 46

ストーリー by nagazou
本当と書いてマジ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

既報では2020年8月3日から提供中止とされていたが、実はCOVID-19のために2021年1月まで延期されていたことが、DirectX SDKおよびDirectXエンドユーザーランタイムの提供中止の告知で明らかになった(Games for Windows and the DirectX SDK blog)。

なお、Windows XP SP 2以降DirectX 9はOSに含まれておりWindows Updateによって更新されるため、DirectXエンドユーザーランタイムは(その名に反して)DirectXをインストールしない。インストールするのはD3DX(名前が紛らわしいがD3Dとは別物)やXInput 1.3などの追加ランタイムである。一部の古いゲームなどは追加ランタイムを同梱せず、ダウンロードセンターからDirectXエンドユーザーランタイムをインストールすることを前提としていたが、提供中止によりWindowsの新規インストール後にそれらのゲームなどが動作不能となってちょっとした騒ぎになっているようだ。

情報元へのリンク

15076325 story
Firefox

Firefox 86、Backspaceキーによるナビゲーションがデフォルト無効に 47

ストーリー by headless
無効 部門より
Mozillaが2月のリリースを予定しているFirefox 86では、WindowsとMacでBackspaceキーによるナビゲーションがデフォルト無効になるようだ(Bug 1041377Ghacksの記事Techdowsの記事Softpediaの記事)。

Backspaceの動作を規定するフラグはFirefox 1.xの時代から存在し、Linux版ではFirefox 2からデフォルトでBackspaceによるナビゲーションが無効になっているが、Windows版とMac版では有効のままだった。一方、Google Chromeではフォームに入力したデータが失われることを避けるため、2016年にBackspaceのナビゲーション機能が削除されており、現行のメジャーブラウザーでBackspace/Shift+Backspaceにブラウズ履歴の「戻る」/「進む」が割り当てられているのはInternet Explorer 11とWindows版/Mac版のFirefoxのみとなっている。

Backspaceによるナビゲーション操作はInternet Explorerの動作に追従したものだといい、キー本来の動作をオーバーライドしてショートカットキーに使用すべきではないという意見が7年前にバグ(Bug 1041377)として投稿されていた。このバグは長らく放置されていたが最近になって議論が再び活発化し、Firefox 86のデフォルトで無効化されることになった。Firefox Nightlyでは既に無効化されている。

該当のフラグは「browser.backspace_action」で、about:configで設定できる。設定値は「0」がナビゲーション有効、「2」がナビゲーション無効。「1」に設定するとBackspace/Shift+BackspaceにPageUp/PageDownの動作が割り当てられる。なお、Backspaceキーのナビゲーション操作を無効化しても、WindowsではAlt+←/Alt+→、MacではCommand+←/Command+→で「戻る」/「進む」操作が可能とのことだ。
15008750 story
入力デバイス

HPがノートPCのキーボードレイアウトを変更、ユーザーの声を反映 101

ストーリー by nagazou
誤爆しやすかった 部門より
日本HPは8日にモバイルノートの新製品を複数発表しているが、その中で国内モデル向け製品に関してはキーボード・レイアウトを変更したとの話が出たそうだ。今回3種類の製品が発表されているが、新しいキーボードに対応しているのはSpectre x360 14のみとなっている(PC Watch価格.comマガジン)。

これまではHomeやPageUpキーなどを右端に縦一列に配置したレイアウトを採用していたが、Enterキーを押すときに誤爆しやすいなどの指摘が以前からあった。今回はHomeやPg up・dn、Endキーの位置などを移動させてキーレイアウトを最適化、それによりEnterやBackspace、deleteキー、左側のTabやcaps lock、Shiftキーなどを大型化して使いやすくしたとしている。なお英語キーボード版に関しては従来と同じレイアウトが維持されるそうだ。反応を見てほかのモデルへの導入も検討される模様。
14993613 story
iOS

iOS 14.2.1リリース、iPhone 12 miniのロック画面でタッチ操作への反応が鈍くなる問題を修正 28

ストーリー by headless
修正 部門より
Appleは19日、iOS 14.2.1をリリースした(HT211808Mac Rumorsの記事The Vergeの記事SlashGearの記事)。

本リリースではiPhone 12 miniのロック画面でタッチ操作への反応が鈍くなる問題が修正されている。この問題はiPhone 12 miniをケースに入れ、かつスクリーンプロテクターを貼った状態での発生が数多く報告されていた。問題は画面ロック解除後に解消するほか、本体やカメラの金属部分に触れている場合は充電器を接続している場合は発生しないという報告もみられ、ソフトウェア的な問題なのか、接地の問題なのかはっきりしていなかった。Appleは問題が発生した理由を説明していないが、少なくとも対処はソフトウェア的に可能だったようだ。

本リリースではこのほか、一部のMMSメッセージを受信できないことがある問題と、Made for iPhone補聴器でiPhoneからのオーディオを聞くと音質が悪くなる問題が修正されている。なお、本リリースにCVEエントリーが公開された脆弱性の修正は含まれない(HT201222 米国・英語版)。
14987850 story
Windows

Windows 10 バージョン 2004の新IMEで発生している互換性問題、11月下旬に解決予定 109

ストーリー by nagazou
IME周りの不具合はつらい 部門より
Windows 10 May 2020 Update(バージョン 2004)以降では、Microsoft IMEの仕様が大きく変更されているが、この影響で日本語および中国語でのMicrosoft IMEの利用にいくつかの問題が生じている。KB4564002の内容がそれに当たるが、そのうちの3件はすでに解決済みとなっている。

現在残されている不具合は以下の4点であるという。Microsoftは11月11日にリリースを出し、11月下旬に解決策を提供する予定だとしている(Microsoft窓の杜)。

問題 3
日本語版の現在の Microsoft IME を使用しているときに ImmGetCompositionString () 関数が予期せず全角ひらがなを返します。[半角カタカナ] は、以前のバージョンの Microsoft 日本語用IMEで返される文字セットで、予想通りの文字セットです。

問題 5
力オプションが制限されているフォームや、input control に WM_CHAR メッセージを処理するフォームなど、特定の状況では、アプリは日本語または中国語用の Microsoft IME のユーザーからのキーボード入力を受信できない場合があります。

問題 6
SetInputScope () API を使用してアプリの変換モードを変更または設定した場合、日本語用Microsoft IMEが期待どおりに動作しない可能性があります。

問題 7
テキストボックスを選択し、ImeMode プロパティが [無効] に設定されている場合は、日本語用 Microsoft IME を使用すると、Windows タスクバーの右側にあるImeModeインジケーターに、不適切なモードが表示されることがあります。

なおMicrosoftからは暫定的な回避策として、以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う方法が提示されている。

typodupeerror

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

読み込み中...