パスワードを忘れた? アカウント作成

ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

13758366 story
ゲーム

ゲームパッド対応アーケードゲーム筐体は普及するのか 28

ストーリー by hylom
一長一短 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

新作アーケードゲーム「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2」は標準で筐体にゲームパッドやヘッドホン端子などが搭載されており、アーケードゲームで一般的なレバー+ボタンという操作だけでなくゲームパッドでのプレイに標準で対応しているとのこと(4gamer)。

ゲームパッドはPS4風、というか多分HORIのこれ。家庭用ゲーム機でも何作も出ているシリーズなので、家庭用版で楽しんでいた人がそのままの操作感でプレイできるようにという配慮だと思われる。

ゲームパッド対応のアーケードゲームはときどき登場するが、いまいち定着せずに消えている。ただゲームセンターで遊ぶ人口が減っているのは確かなので、今後こういう試みは増えるのだろうか。

ゲームパッド対応アーケードゲームとしては、コナミの「ウイニングイレブン アーケード」シリーズがPlayStation 2/3のコントローラ接続端子を備えており、持ち込んだコントローラを接続できる仕様になっていたほか、ポッ拳は標準でゲームパッドを備えた筐体を提供していた。また、それ以外にも一部の店舗でゲームパッドを使うロケテストが行われたこともあるようだ(格ゲーチェッカーインサイド)。

13748066 story
ゲーム

タニタ、ゲームコントローラ開発に再挑戦 47

ストーリー by hylom
5000台だと余り1000台だと足りず 部門より
take-ash曰く、

タニタは前回不成立となったゲームコントローラ開発プロジェクトに再挑戦することを発表した(プレスリリースCAMPFIREツインスティック・プロジェクト)。

前回は専用コントローラの目標台数5,000台、本体は射出成型による樹脂製であったため金型を新規作成する必要がありコストを押し上げていたが(目標金額2億7,700万円、支援総額8,254万円)、今回は目標台数を1,000台に絞りまたプレス加工による金属製に変更することでコストを下げることができたとしている(目標金額4,460万円)。

また、SEGAからはアーケード版バーチャロンシリーズ3作品をPS4に移植しツインスティックにも対応するとのアナウンスがあった。(セガ公式ファミ通.com4Gamer

今回は成立する可能性が高いと思われるが、製造台数は1,000台以上は難しいとのことなので、購入希望の方はお早めに。

すでにクラウドファンディング開始から1日が経った現時点で目標金額を達成し、1000台用意されたツインスティックは「完売」状態となった。また、50万円の「金メッキ仕様」も売り切れとなっている。今後生産台数が増やされるかどうかは不明。

13736864 story
入力デバイス

ドキュメントスキャナ「ScanSnap」新モデル登場 16

ストーリー by hylom
順当 部門より

ドキュメントスキャナ「ScanSnap」の新モデル「ScanSnap iX1500」が発表された。6年ぶりのフルモデルチェンジだという(PC Watch

筐体デザインの変更やスキャン速度の高速化、ソフトウェアの刷新、大画面タッチパネルの搭載などが特徴となる。PCを使用せずにスキャン結果を対応クラウドサービスに保存する機能も備える。

13727863 story
ハードウェア

米Amazon、「Echo」を使った商品やサービスを発表 37

ストーリー by hylom
考えるだけで操作できるデバイスが欲しい 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

米Amazonが20日、音声認識システム「Alexa」を搭載した新製品や新サービスを複数発表した(朝日新聞ITmedia)。

発表されたのはAlexa搭載電子レンジやスマートスピーカー「Echo」シリーズの新モデルなど。

電子レンジでは、例えば「コーヒーを1杯温めて」と呼びかけると、適切な温度と時間を設定して温める。また、普段食べる食品を登録すると、残量が少なくなると自動注文するそうだ。

皆様が、調理家電に限らず、AIやスマートスピーカー技術を使った家電に欲しい機能は何だろうか。

Echoシリーズでは「Echo Dot」および「Echo Plus」、ディスプレイ付きモデル「Echo Show」のそれぞれ新モデルが発表されたほか、車載用の「Echo Auto」、既存のスピーカーに接続して使用するスピーカー非内蔵モデル「Echo Input」が新たに発表された。

また、Echoシリーズと組み合わせて利用する周辺機器としてBluetooth通信機能を備えた壁掛け時計「Echo Wall Clock」、コンセントに接続して製品の電源オン/オフなどをコントロールできるスマートプラグ「Amazon Smart Plug」、サブウーハー「Echo Sub」、オーディオアンプ「Echo Link Amp」およびオーディオアンプ接続デバイス「Echo Link」も発表されている。

Echo DotおよびEcho Plusの新モデルとEcho Showについては日本国内でも予約受付が開始された。それ以外の製品については米国のみでの発売のようだ。

13719059 story
任天堂

Nintendo Switch向け「ファミリーコンピュータ コントローラー」が登場 24

ストーリー by hylom
おっさんホイホイ 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

任天堂がファミコン風のNintendo Switchコントローラ「ファミリーコンピュータ コントローラー」を9月19日よりオンラインサービス「Nintendo Switch Online」加入者限定で予約販売する(ファミ通.com4gamerGAME Watchギズモード・ジャパン)。

記事の画像を見てもらえれば分かるように、まさに昔懐かしいファミコンのコントローラーである。接続方法は今風にワイヤレスとなっており、充電時はSwitchの側面にドッキングするので不可思議な光景となる。「IIコン」にはマイクも搭載される模様。価格は5,980円(税別)。

ボタン数の関係か(?)、ファミコンソフトの復刻サービス「ファミリーコンピュータNintendo Switch Online」専用コントローラとなっているのでご注意を。

13696709 story
入力デバイス

ロジクール、同社初の「縦型マウス」を発表 58

ストーリー by hylom
気になるがいいお値段 部門より

ロジクールが、手首を立てた状態で持って使用するマウス「MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス」を発表した(プレスリリースPC Watch)。

人間工学に基づいたデザインで、ボタンやホイールが設置された天面が57度傾いているのが特徴。これによって手首を立てた状態で操作を行う形になり、筋肉への負担が小さくなるという。右クリック/左クリックとスクロールホイールに加えて、上面に1つ(デフォルトではDPI切り替え)、内側に2つのボタン(デフォルトでは戻る/進む)のボタンが搭載されており、これらの昨日はカスタマイズが可能。接続方式はBluetoothもしくはUSB、Unifyingレシーバー(ロジクール独自の無線USBドングル)で参考価格は1万2,880円。

13691714 story
入力デバイス

「英語キーボード」、根強い人気が続く理由は 207

ストーリー by hylom
変換/無変換/カナひらがなローマ時あたりのキーは整理して欲しい 部門より

英語キーボード(ASCIIキーボード)はEnterキーやBackSpaceキーなどのキーが押しやすく、またショートカットキーの多くが英語キーボード前提になっているため使いやすいのだという(ITmediaの『「英語キーボード」の根強い人気が続く理由』記事)。

そのほか、プログラマにとってはASCIIキーボードは各種記号が打ちやすいというメリットもある。いっぽうで英語キーボードの小さいEnterキーは打ちにくいという声もあるようだ。

13669054 story
アメリカ合衆国

サイバー攻撃でコンピューターが使用できなくなった米アラスカ州の郡、タイプライターを持ち出して対応 41

ストーリー by headless
回帰 部門より
米アラスカ州マタヌスカ-スシトナ郡政府がサイバー攻撃を受けてコンピューターが使用できなくなり、一時はタイプライターを持ち出して使ったり、手書きで伝票を切ったりといった対応に追われたそうだ(プレスリリース続報Mashableの記事The Registerの記事)。

リポートによると、攻撃の始まりはトロイの木馬が送り込まれたことだ。侵入経路は電子メールの添付ファイルやリンクとみられている。トロイの木馬が活動を始めると、ユーザーのOutlook連絡先から他の政府とみられるアドレスに電子メールの拡散を開始。また、Active Directoryの管理者権限を取得すると、ドメインコントローラーの所有権を取得し、セキュリティレベルを低下させる設定をすべてのサーバーとワークステーションに適用していったという。侵入は早ければ5月3日に発生しており、発見されないまま休眠状態になっていたとみられる。

7月17日にWindows 7マシンで使用しているMcAfeeのアップデート後、このトロイの木馬が検出・削除対象となった。しかし、トロイの木馬以外のコンポーネントは検出できないままだったため、削除用のスクリプトを作成し、ユーザーパスワードの失効や管理者アカウントのパスワード変更などと合わせて実行したそうだ。ところが、この対策が攻撃者からの反撃を誘発し、500台のワークステーションほぼすべて、サーバー150台のうち120台がランサムウェアにより暗号化されてしまったとのこと。

ただし、このランサムウェアは身代金を目的としたものではなく、攻撃の隠ぺいを目的としたものとみられている。実際、身代金を支払っても解除キーが提供されることはなかったという。郡ではシステムの復旧を進めているが、バックアップサーバーやディザスターリカバリーサーバーも暗号化されてしまったため、利用できるのはオフラインの古いバックアップのようだ。そのため、FBIによる復号に望みをつないでいるとのことだ。
13648246 story
ノートPC

新MacBook Proのキーボードが静音化したのは埃侵入対策の副作用? 57

ストーリー by headless
対策 部門より
先日発表された新MacBook Proではキーボードの静音化が特徴の一つになっているが、この静音化は埃の侵入対策を行った副作用ではないかとiFixitが指摘している(iFixit.orgの記事The Vergeの記事Mac Rumorsの記事9to5Macの記事)。

iFixitは分解作業中、キートップの下にバタフライスイッチの機構を覆うような形で薄いシリコンゴムの膜が配されているのを発見。Appleが特許出願中のキーボードへの埃侵入防止に関する技術に似たようなものがあり、静音化が主であるようには見えないとのこと。

MacBook/MacBook Proのバタフライキーボードは埃の侵入が原因とみられる問題が発生し、無償修理プログラムも行われている。しかしAppleによれば、新MacBook Proのキーボードで対策は行っておらず、変更点は静音化のみだという。

この問題については複数のクラスアクション訴訟が提起されているが、Appleはごく一部のキーボードのみが影響を受けると主張する。そのため、iFixitはAppleが簡単に問題を解決したとは言えず、副作用の静音化を主に見せかけてカバーしているとの見方を示している。
13642399 story
iPhone

MFi認証付きのデバイスだからといって最新iOS端末で利用できるとは限らない 26

ストーリー by hylom
認証の意味は 部門より

AppleはiOSデバイス向けの周辺機器に対し、公式に動作を保証する「Made for iPod/iPhone/iPad(MFi)」という認証を行っている。しかし、MFi認証付きの製品でも古い製品だと新しいデバイスやiOSでは正しく動作しないことがあるようだ。AKIBA PC Hotline!によると、ロジテックのiOSデバイス対応USBメモリ「USB memory for Lightning」シリーズの旧モデル(LMF-LGUGWHシリーズ)は、MFi認証を受けているものの、iOS 11ではUSBメモリ内の動画・音声ファイルの再生などが行えず、またiPhone XやiPhone 8/8 Plusには「非対応」になっているそうだ。

ちなみに後継となるLMF-LGU2GWHシリーズLMF-LGU3AGBK シリーズではiOS 11やiPhone XやiPhone 8/8 Plusにも対応するとされている。

なお、LMF-LGU2GWHシリーズの製品ページにはMFi認証の説明として「iOSを最新版にアップデートしても引き続き使用できます」と記載されているが、LMF-LGUGWHシリーズの製品ページでは『Appleの正規ライセンス「Made for iPod/iPhone/iPad」を取得した安心して使用できる製品です。』としか書かれていない。

13626042 story
入力デバイス

キーボードがなぜQWERTYになったかの歴史的経緯 84

ストーリー by hylom
おなじみの話題 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

国立国語研究所のサイト「ことば研究館」の「ことばの疑問」コーナーに、パソコンのキーボードは、なぜABC順・五十音順ではないのですかと言う記事が上がっていたのでたれ込みたい。

著者の安岡孝一氏によれば、19世紀末、元々配列の元になった英文タイプライターで「1」(いち)が「I」(アイ)「0」(ゼロ)と「O」(オー)と一緒だったことから始まり、ある程度は最初はある程度ABC……の順番に並べられていたものを、モールス電信を受信して書き写すのに都合が良い様に改良、英語に頻出する英字を隣り合わせにして、最後は特許を回避する為に移動が行われて、現在の形になったのだそう。

一方日本語配列は、20世紀前半に基礎が作られ、そこからカナ・英文両方打てるようにするあたりからカオス化が始まり、最終的にIBMがコンピュータ用に変更、最後にNTTが現在の形を作ったのだそうだ。

それぞれのキーを移動させた理由はあっても、キー配列全体が1つの理由で説明できるわけではない

タレコミ子は「タイプライターのアームが絡まないように敢えて打ちづらく作った」という俗説を信じてしまっていたが、違ったみたい。

13625954 story
テクノロジー

Dellから世界初の磁気浮遊式キーボード採用のノートPC 67

ストーリー by hylom
鉄がくっついたりするのだろうか 部門より
maia 曰く、

DELLが世界初の磁気浮遊式キーボードを採用したノートPCを発売する(PC WatchASCII)。

このキーボードはMaglev Keyboardと呼ばれ、おそらくComputex 2014で台湾のDarfonから発表されたシステム(SOFTANTENNA BLOGGEEK.COM)でキーボードの薄型化に貢献する。

一般的なキーボードはラバーやバネとパンタグラフ構造などを使ってキーを浮かせているが、磁気浮遊式キーボードは磁石の反発力を使うのが特徴。キーを押下した時の反発力を保ちながらキーボードを薄くできるのが特徴のようだ。

13619977 story
ゲーム

タニタ、ゲームコントローラ開発の資金調達をクラウドファンディングで 42

ストーリー by hylom
会社が作れる金額 部門より
take-ash曰く、

タニタゲームコントローラ開発プロジェクトについて、その資金調達をクラウドファンディングで行うと発表した。(プレスリリースCAMPFIREツインスティック・プロジェクト

商品自体がリターンとなる購入型のクラウドファンディングで、支援金額1口5万5,400円(税込)、合計5000口、目標金額2億7,700万円の応募を目指す。クラウドファンディングが成立した場合、リターンとなる商品の発送は2019年5月を予定している。

目標金額を達成できなかった場合には、集まった支援金は支援者(パトロン)に全額返金する「All-or-Nothing」方式。

クラウドファンディングを採用した理由として、本プロジェクトはこれまでの事業領域とは異なる分野であり資金調達や人材確保、販路開拓が課題となるため、会社組織の枠組みだけによらず、社外の人材や企業との提携が必要と判断したとしている。

13615251 story
入力デバイス

REALFORCEの東プレとHappy Hacking KeyboardのPFUが協業 74

ストーリー by hylom
両雄が協力へ 部門より

キーボード製品「Happy Hacking Keyboard」シリーズで知られるPFUと、同じくキーボード製品の「REALFORCE」シリーズで知られる東プレが協業、PFUの通販サイトで東プレのREALFORCE R2シリーズ「PFU Limited Edition」4モデルを発売する(PFUの発表)。

また、PFUの中国販売拠点でのREAL FORCE R2シリーズの販売なども行うとのこと。REALFORCE R2 PFU Limited Editionはすべてテンキーレスのモデルで、日本語配列及び英語配列が用意される。カラーはアイボリーとブラックの2色で、価格はそれぞれ2万8,500円(税抜)。

13596384 story
Google

Android版Gboard、ベータ版で英文のモールス符号入力が可能に 13

ストーリー by headless
入力 部門より
Googleのキーボードアプリ「Gboard」はさまざまな言語と入力方法に対応しているが、Android用のベータ版で英文のモールス符号入力が可能になった(Experiments with Googleの記事Android Accessibility Help - Morse code on GboardAndroid Policeの記事)。

モールス符号入力を使用するには、Gboardの設定で言語に「英語 (米国)」を追加し、レイアウトに「モールス符号」を指定する。入力時にこのモードを選択するとソフトウェアキーボード上に短点(・)と長点(-)のボタンが大きく表示され、モールス符号による文字入力が可能となる。入力候補の選択や、Back Space、Enterなども短点と長点の組み合わせで指定できる。ユーザー補助で「スイッチアクセス」を有効にすれば、外付けのスイッチデバイスや端末搭載のボタンを使用した入力も可能だ。スイッチデバイスにドット(.)とダッシュ(-)のキーが割り当てられている場合はそのまま入力できるようだ。

Gboardのベータ版を入手するには、PlayストアアプリでGboardのページを開き、ベータ版に参加登録すればいい。数分して登録が完了するとベータ版をダウンロードできるようになる。
typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...