パスワードを忘れた? アカウント作成

yasuokaさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 ログインするとコメント表示数や表示方法をカスタマイズできるのを知っていますか?

13205239 journal
日記

yasuokaの日記: #mayonez編集部の考える著作者人格権 3

日記 by yasuoka

一昨日昨日の日記に続いて、#mayonezをサーフィンしていたところ、「現役東大生の考えた、初心者からRuby on Railsをほぼ無料 で習得するための最強カリキュラム」(2016年12月19日)という不思議な記事に行き当たった。「現役東大生」を謳っていながら、その「現役東大生」が本文中に出てこない。著者は「#mayonez編集部」。それにも増して、私(安岡孝一)自身、この記事の内容に既視感があるのだ。

そう思って、ざっと調べてみたところ、同じタイトルのはてなブックマークを見つけたが、リンク先は#mayonezの記事↑に飛んでいってしまう。それならばとInternet Archiveを探してみたところ、2015年9月16日のTechStars Blogに渋谷幸人が書いた記事を見つけた。ただ、内容が全く同じではなく、少なくとも記事最初の

こんにちは、現役東大生の渋谷です。
近年サーバーサイドプログラミングの際に使われることの多くなった、Ruby on Rails。
今からプログラミングを始めるとしたらRuby on Railsから始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。
また、これまでPHPを触っていたがRuby をやってみたいな、と思っている方、そんな方にもおすすめです。
今回は、「ゼロからRuby on Rails をほぼ無料で学習する方法」をまとめました。

が削られている。ヒドイ話だ。

ブログの記事と言えど、著作権も著作者人格権も存在する。特に、著作者人格権は一身専属で、たとえ著作権を譲渡したとしても、著作者人格権は著作者本人に残る。著作者人格権は、いくつかの権利から構成されるが、この場合で特に問題となるのは、同一性保持権と氏名表示権だ。↑のような削除をおこなうことは、どう考えても、この記事の同一性保持権を侵害している。さらに、「こんにちは、現役東大生の渋谷です。」と、末尾の「この記事を書いた人 shibuya」を削除した上で、「#mayonez編集部」を追加することで、氏名表示権をも侵害している。かなり悪質だ。

TechStars Blogと「#mayonez編集部」は、どちらもBRANDING ENGINEERが運用しているので、まあ、軽い気持ちで、こういう著作権侵害をやってしまったのだろう。あるいは、現役東大生とはいえ、渋谷幸人は当時、教養学部の2回生だったので、著作者人格権にかかる訴えなど起こさない、とタカをくくっているのかもしれない。どちらにしろ、こういう著作権侵害を平気でやるような会社など、とっとと潰れてしまえばいいのに、と私個人は思うのだが。

13204397 journal
日記

yasuokaの日記: #mayonezの確定申告における収入と所得

日記 by yasuoka

昨日の日記に続いて、#mayonezをサーフィンしていたところ、「バイトを掛け持ちしている際の確定申告|掛け持ちがばれる原因は?」(2017年3月22日)というトンデモない記事に行き当たった。

アルバイトをかけ持ちするときに注意したいのは「稼ぎ過ぎ」です。時間に余裕ができた、人間関係を広げたい、収入を増やしたい、将来の為に学生のうちに多くの経験を積みたい、各々の理由により掛け持ちをする期間や数が変化してくるでしょう。中には短期で3、4個もしくはそれ以上のアルバイトを掛け持つ方もいますよね。そこで高校生や大学生の学生さんで掛け持ちバイトを考えている方のお耳に入れておきたいことがあります。

あ、タイトルの「バイト」って、byteじゃなくてアルバイトなのね。ふーん。

年収103万円という数字を見ると一見手が届かないように思えますが、時給1000円のアルバイトを週に4日、夕方5時から夜10時までの5時間働いたとして月収8万円、年収96万円です。

収入が96万円だとしても、その働き方だと給与あつかいになるから、給与所得控除65万円が差し引かれて、所得は31万円だよ。それに、1年は52週あるので、そもそも、年間収入は104万円になるはず。

所得税は年収103万円を越した分から税率を掛けて引かれます。つまり年収120万円を稼いだ場合103万円を越した17万円のうち所得税率を掛けた8万円が所得税となります。

違う。収入が120万円なら、給与所得控除が65万円差し引かれて、給与所得は55万円になる。ここから、勤労学生控除27万円と基礎控除38万円が差し引かれるので、課税所得金額は0円。したがって、高校生あるいは大学生なら、給与収入が120万円の場合、所得税は一切かからない。

ここまで所得税と確定申告の話をしてきましたが、こう見ると年収103万円以上を稼いでも問題ないように見えますよね。むしろ、たくさん稼いだ上に取られすぎたお金が戻ってくるなんていい話だと思う方もいるでしょう。ところが学生がアルバイトで年収103万円以上を稼ぐとその学生の親御さんの給料が大幅に減ってしまうのです!

はあ? 何の話? いくらなんでも、親の「給料」が減るわけないだろ?

これは扶養家族制度という制度の問題です。実は扶養家族制度により、親は学生を育てるためのお金が必要と見なされて一般に払わなければいけない税金を免除してもらえるのです。この免除のことを社会保険制度といいます。

それは「社会保険」じゃない。「給料」でもない。税法上の扶養控除の話だ。

しかしアルバイトをして年収103万円以上を稼いでしまうとその免除から外れて税金を払わなくてはいけなくなります。この時支払わなければいけない税金は大きな額になります。

「大きな額」っていくら? たとえば、高校生の子の給与収入が103万円を超えた場合、親の扶養控除は38万円ほど減っちゃうので、税率が10%なら親の税額は3万8千円ほど増えるけど、子が103万円も無税で稼いでるんだから、その家庭の税率は全体として下がってるだろ? 「大きな額」って、どういうケースの場合に、具体的にいくらなの?

具体的に掛け持ちバイトをしやすい職種を挙げてみると一日バイトがあります。丸一日朝から夜までノルマ制で働くキャンペーンガールなどの一日バイトですが、給料は一回で一万円近く出る、自由なタイミングで出来るなど利点が多いです。

えっと、それ、各自治体の青少年保護条例に違反してるし、労働基準法にも違反してる可能性があるんだけど、その「ノルマ制」とやらの具体的な内容は?

また、ライターなどの自由な時間、自由な場所でできる仕事も掛け持ちバイトとしてお勧めです。

それ、ちゃんと給与所得になるの? 実は、雑所得だったりしない? 雑所得だとすると、所得控除のやり方が全く違ってくるよ。

ざっと読んでみたところだと、タイトルに「確定申告」を謳っていながら、現在の税法を全く理解していないガセネタ記事に見える。しかしながら#mayonezは、私(安岡孝一)が過去に指摘した記事も含め、「裏取り」も「訂正」も全くおこなう気が無いらしい。そこまで無責任な運営しかできないなら、さっさと潰れてしまえばいいのに。

13203193 journal
日記

yasuokaの日記: #mayonezにおけるiPhoneメールの文字コード 4

日記 by yasuoka

ネットサーフィンしていたところ、#mayonezで「iphoneメールの文字化け対処法|解読方法・送信する際の防止方法は?」(2017年3月21日)という記事に行き当たった。ざっと読んでみたが、文字コードのことを全く理解せずに書かれた記事らしい。特に以下の部分。

なぜiPhoneメールが文字化けしてしまうと言うと、メールの文の文字はもともとサーバー側が英文だけを処理するようにできていて、日本語を送信する際には特殊な文字変換などを用いて送信されています。

「特殊な文字変換」って何? RFC 6532とか、RFC 2045の「Content-Transfer-Encoding: 8bit」の意味とか、ちゃんと調べた上で書いてる?

・「文字コードを変更し再度送信」
こちらは上にも書いたものですが「文字コード」を指定のものに設定することで文字化けを防ぐことができます。変換方法はご自身で調べて行ってくださると助かります。変換コードの種類は次の項目で紹介しますね。

「変換方法はご自身で調べて行ってくださると助かります」って、誰が助かるの?

・プチ裏技を試す
iPhoneメールにはちょっとした裏技が存在しています。それはメール本文を作成するときに本文の中に、「「◉(まる)」「⌘(こまんど)」「♡(はーと)」または絵文字など、iOS独自の記号を入れることで、受信した機種が自動的に「iPhoneを使っています」と解釈してくれる裏技です。

それは「iOS独自の記号」じゃない。ISO-2022-JP (RFC 1468)に含まれていない記号、というだけのことだ。

・UTF-8
文字コードは上で紹介したように言語ごとに文字コードがあり、非常に複雑になっていた背景があり、世界中の文字を全て含んだ新しい文字コードを作ることを目的に、Unicodeと呼ばれる文字コードが作成されました。このうちの一つがUTF-8であり、現在は文字コードをUTF-8に設定しておくことで、大体の問題を解決することができます。
・JISコード
日本語をメールで送信する際の事実上の標準の文字コードとして広まり、UTF-8などと並んでよく使用される文字コードです。多くの場合はこの文字コードを使用していることでの文字化けは起こることは少ないと考えられます。
・シフトJISコード
Microsoftによって提唱された、日本語の漢字の判定に特徴を持つ文字コードです。メールを送信する際にはシフトJISコードからJISコードに変換をする必要があり、これは通常メールアプリケーションで自動変換されます。しかし、場合によっては何かの影響で変換されない場合があり、これが一つの文字化けの原因となることもあります。
・EUC
EUCはExtendedUnixCodeの略であり、主にUNIX環境の下に使用されることの多い文字コードです。UNIX環境下で、アジア地域の文字を表示するための文字コードであり、Unicodeが普及するまでは主流の文字コードになっていました。メインのウェブブラウザもEUCに対応しており、また、日本語だけでなく、中国語や韓国語にも対応しています。

この文章、どこからコピペしてきたの? メールの話をしてるのなら「JISコード」じゃなくて「ISO-2022-JP」でしょ? それにiPhoneメールは、EUC-JPやEUC-CNやEUC-KRをフルサポートしてたっけ? 文字化け対処法の話をしてるはずなのに、あえて文字化けの原因になるような文字コードを持ちだしてきて、いったいどうするつもり?

outlookとはMicrosoft製のメール送受信コンテンツです。こちらも文字化けを起こしてしまう原因は基本的にはiPhoneと同じ原因となります。

ふーん。で、その「同じ原因」って、具体的に何なの? MicrosoftのKB2416400で何が起こったか、ちゃんと調べてみた?

ざっと読んでみたが、文字コードに関してここまでヒドイ記事を読むのは、かなり久しぶりだ。しかしながら#mayonezは、私(安岡孝一)が以前指摘した記事(これとかこれとかこれとかこれとか)も含め、「裏取り」も「訂正」も全くおこなう気が無いらしい。そこまで無責任な運営しかできないなら、さっさと潰れてしまえばいいのに。

13197280 journal
日記

yasuokaの日記: 「General Railway Map of Japan」における秋葉原

日記 by yasuoka

3月11日の日記に関して、国会図書館に遞信省鐵道局の『Annual Report』をチェックしにきた。「General Railway Map of Japan」の東京近郊地図における「秋葉原」の記述は、だいたい以下の通り。

1891 (明治24年12月) 記述なし
1894 (明治27年6月増補) 「秋葉原 AKIHANOHARA」
March, 1898 (Annual Report 1897-1898付録) 「AKIHANOHARA」
1899 (明治32年1月増補) 「秋葉原 AKIHANOHARA」
March, 1899 (Annual Report 1898-1899付録) 「AKIHANOHARA」
March, 1901 (Annual Report 1900-1901付録) 「AKIHANOHARA」
March, 1902 (Annual Report 1901-1902付録) 「AKIHANOHARA」
March, 1903 (Annual Report 1902-1903付録) 「AKIHANOHARA」
March, 1904 (Annual Report 1903-1904付録) 「AKIHAHARA」
1904 (明治37年12月31日増補) 「秋葉原」
March, 1905 (Annual Report 1904-1905付録) 「AKIHAHARA」
March, 1906 (Annual Report 1905-1906付録) 「AKIHAHARA」
March, 1907 (Annual Report 1906-1907付録) 「AKIHAHARA」
(Annual Report for Year Ended March 31, 1908付録) 「AKIHAHARA」
March 31, 1909 (Annual Report for Year Ended March 31, 1909付録) 「AKIHANOHARA」
March 31, 1910 (Annual Report for Year Ended March 31, 1910付録) 「AKIHANOHARA」

うーむ、アキハノハラから一旦アキハハラになった後、またアキハノハラに戻ってる。何がどうなってるんだろう?

13189278 journal
日記

yasuokaの日記: アキバノハラかアキハノハラか

日記 by yasuoka

2017年3月9日の日記で、私(安岡孝一)は以下のように書いた。

(三)明治二十五年二月調鐵道廳發行「日本鐵道」一覽表には全然秋葉原の名稱が、のつてゐない。

この文は、秋葉原驛長の齋藤良治による『鐵道時報』昭和8年11月25日号p.11の記述を、そのまま引用したものだ。ところが、裏を取るべく『日本鐵道一覽表』(鐵道廳、明治25年2月調)をチェックしてみたところ、裏面の日本鐵道會社のところに「上野 秋葉原間(貨物線)」の記載を見つけた。対応する英語は「UYENO TO AKIBANOHARA(GOODS LINE)」だ。『日本鐵道一覽表』(遞信省鐵道局、明治27年2月調)もほぼ同様である。「のつてゐない」ことは無く、ちゃんと「アキバノハラ」という読みで載っている。

ただし、2008年1月28日の日記にも書いたとおり、Francis Henry Trevithickの『The History and Development of the Railway System in Japan』(Transactions of the Asiatic Society of Japan, Vol.XXII, pp.115-252 (1894年4月11日))においては「Akihanohara」だし、『大日本鐵道線路全圖 General Railway Map of Japan 1894』(鐵道局、明治24年12月印行/明治27年6月増補)も「AKIHANOHARA」だ。うーん、この2~4ヶ月の間に「アキバノハラ」から「アキハノハラ」に変わったのかしら?

13187076 journal
日記

yasuokaの日記: アキハノハラかアキハハラか

日記 by yasuoka

一昨日昨日の日記に続いて、京都大学附属図書館の地下書庫に『Annual Report of the Imperial Railway Bureau for the Year 1905-1906』(遞信省鐵道局、明治40年3月)と『Annual Report of the Imperial Railway Bureau for the Year 1906-1907』(遞信省鐵道局、明治41年8月)を読みに来た。「秋葉原」に関して、何か記述が無いかと考えたのだ。

ざっとチェックしてみたところ、これらの年報には、それぞれ「General Railway Map of Japan. March, 1906.」と「General Railway Map of Japan. March, 1907.」という鉄道地図が付録としてついており、地図中の「Environs of Tōkyō」には、UYENOのすぐ下にAKIHAHARAと記述されているのが見つかった。つまり、少なくとも1906年3月と1907年3月の時点では、「秋葉原」駅は「アキハハラ」だったことになる。他の「General Railway Map of Japan」の東京近郊地図も並べてみると

1891 (明治24年12月) 記述なし
1894 (明治27年6月増補) 「秋葉原 AKIHANOHARA」
1899 (明治32年1月増補) 「秋葉原 AKIHANOHARA」
1904 (明治37年12月31日増補) 「秋葉原」
March, 1906 (Annual Report 1905-1906付録) 「AKIHAHARA」
March, 1907 (Annual Report 1906-1907付録) 「AKIHAHARA」

ということだ。うーん、これ以外の年報もチェックしないとダメかな…。

13186121 journal
日記

yasuokaの日記: アキハバラかアキハノハラか

日記 by yasuoka

昨日の日記の読者から、谷川彰英「谷川教授の地名学【第21講】秋葉原」(コミックアルファ, 第2巻, 第3号 (1999年2月7日), p.361)という記事を御教示いただいた。

当時はこの地域はこの秋葉神社にちなんで、「あきばっぱら」と呼ばれていた。だから、「秋葉原」は「あきはばら」ではなく「あきばはら」と読むのが正しいのだ。それが「あきはばら」に変わったのは明治21年のこと。この地に鉄道が通ることになり、秋葉神社は現在の台東区松が谷に引っ越すことになった。そして、当時の大日本鉄道(現JR)が駅名を「秋葉原」(あきはばら)と名づけたのだという。

秋葉原駅の開業は明治23年11月1日で、開業したのは日本鉄道だ。大日本鉄道じゃない。また、開業当時の秋葉原駅は、アキハノハラだったと私(安岡孝一)個人は睨んでる。というのも、『大日本鐵道線路全圖 General Railway Map of Japan 1894』(鐵道局、明治24年12月印行/明治27年6月増補)には、ハッキリ「AKIHANOHARA」と書かれているからだ。もし、開業当時からアキハバラだったと言うなら、是非その証拠を、私にも見せてほしい。

13183877 journal
日記

yasuokaの日記: アキハノハラ→アキハハラ→アキハバラ? 1

日記 by yasuoka

「アキハバラかアキバハラか」の読者から、齋藤良治「秋葉原驛の驛名稱呼に就て」(鐵道時報, 第1781號(昭和8年11月25日) p.11,14; 第1782號(12月2日) p.11; 第1783號(12月9日) p.12,14; 第1784號(12月16日) p.13; 第1785號(12月23日) p.11)という論文を御教示いただいたので、鉄道博物館ライブラリーに読みに行ってきた。長い論文なのだが、重要な部分を引用しておこう。

(一)雜誌「大日本鐵道雜誌」中(明治二十二年十月第一號より、明治二十三年第九號迄)上野秋葉原間の文字は所々に見受けるも、振假名がない。
(二)雜誌「交通」第二號明治二十三年十二月十日發行四十七頁交通日誌の部(自十一月一日至十一月三十日)に、「十一月二日東京市内上の秋葉ヶ原間鐵道汽車を通ずとあるも、振假名がない。
(三)明治二十五年二月調鐵道廳發行「日本鐵道」一覽表には全然秋葉原の名稱が、のつてゐない。
(四)明治二十八年八月六日發行横井佐太郎氏著「鐵道々中記」(繪圖式)にも、秋葉原の名稱がない。
(五)明治三十五年八月二十一日發行日本鐵道株式會社々員櫻井純一氏著「日本鐵道線路案内記」にも、秋葉原貨物取扱所なる文字を見出すも、振假名がない。

明治四十年二月現在 鐵道局發行「全編鐵道停車場一覽」 「アキハハラ」
明治四十年十一月現在 帝國鐵道廳運輸部發行「いろは別停車場一覽」 「アキハハラ」
明治四十四年二月十五日 米原驛事務研究會發行「以呂波別驛名鑑」 「アキハハラ」(Akihahara)
明治四十四年六月一日現在 鐵道院總裁官房文書課發行「停車場一覽」 「アキハバラ」
明治四十五年五月一日現在 鐵道院總裁官房文書課發行「停車場一覽」 「アキハバラ」
大正二年十一月現在 鐵道院總裁官房文書課發行「停車場一覽」 「アキハバラ」
大正三年三月三十一日現在 鐵道院總裁官房文書課發行「停車場一覽」 「アキハバラ」
大正四年三月三十一日現在 鐵道院總裁官房文書課發行「停車場一覽」 「アキハバラ」
大正五年三月三十一日現在 鐵道院總裁官房文書課發行「停車場一覽」 「アキハバラ」
大正六年三月三十一日現在 鐵道院發行「鐵道停車場一覽」 「アキハバラ」(Akihabara)
大正八年三月三十一日現在 鐵道院發行「鐵道停車場一覽」 「アキハバラ」(Akihabara)
大正十年三月三十一日現在 鐵道省發行「鐵道停車場一覽」 「アキハバラ」(Akihabara)
大正十三年三月三十一日現在 鐵道省發行「鐵道停車場一覽」 「アキハバラ」(Akihabara)
昭和二年十一月一日現在 鐵道教育會發行「鐵道停車場一覽」 「アキハバラ」(Akihabara)
昭和五年七月一日現在 鐵道省發行「鐵道停車場一覽」 「アキハバラ」(Akihabara)
昭和七年十一月改正版 鐵道旅行社發行「全國驛名の讀方」 「アキハバラ」

上記文献によると、明治四十年十一月現在の鐵道廳運輸部發行の「いろは別停車場一覽」には「アキハハラ」となつて居るが、明治四十四年六月一日現在鐵道院總裁官房文書課發行「停車場一覽」には「アキハバラ」と濁音になつてゐる。尚明治四十四年二月十五日米原驛事務研究會發行の「以呂波別驛名鑑」に於ては、「アキハハラ」となつてゐる。

ただし、この論文には、私(安岡孝一)が「アキハノハラかアキワノハラか」に書いた

明治三十二年一月増補 鐵道局發行「大日本鐵道線路全圖 General Railway Map of Japan 1899」 「秋葉原 AKIHANOHARA」

については言及が無い。もし、齋藤良治がこの地図の存在に気づいていたなら、きっとこの論文に含めた上で、さらに詳細に考察できたはずなのに、残念な限りである。

13182230 journal
政府

yasuokaの日記: 「地方公共団体情報システム機構法等の一部を改正する法律案」が閣議決定

日記 by yasuoka

昨日3月7日に閣議決定された(時事通信)「地方公共団体情報システム機構法等の一部を改正する法律案」が、総務省のWWWページで公開された、との御連絡をいただいた。早速、法律案を読みに行ったのだが、かなりオソマツだ。特に、新設される「機構処理事務特定個人情報等保護委員会」が、オソマツ極まりない。

第二十七条 機構に、機構処理事務特定個人情報等保護委員会を置く。
 機構処理事務特定個人情報等保護委員会は、理事長の諮問に応じ、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律第四十一条の三第一項に規定する機構処理事務特定個人情報等の保護に定する本人確認情報の保護に関する事項を調査審議し、及びこれに関し必要と認める意見を理事長に述べることができる。
 機構処理事務特定個人情報等保護委員会の委員は、学識経験を有する者のうちから、理事長が任命する。
 前二項に定めるもののほか、機構処理事務特定個人情報等保護委員会の委員の定数その他の機構処理事務特定個人情報等保護委員会に関する事項は、機構が定める。

理事長の配下に「機構処理事務特定個人情報等保護委員会」置いてどうするんだよ。2013年12月15日の日記にも書いたが、マイナンバーに関する特定個人情報の保護委員会なのだから、当然、個人情報保護委員会の管轄下に置くべきだろ。総務省自治行政局、何かんがえてるんだ。しかも、そこを勘違いしてるがために、マイナンバー法に以下の条文を付け足すハメになってしまってる。

第四十一条の六 総務大臣は、機構処理事務の適正な実施を確保するため必要があると認めるときは、機構に対し、機構処理事務の実施に関し監督上必要な命令をすることができる。

違うだろ。マイナンバーを含む特定個人情報に関して監督権限を持つのは、個人情報保護委員会だ。そこに総務省がしゃしゃり出てきたところで、現実的には何もできないし何の力もない。そもそも、地方自治情報センターをマトモに監督できなかった総務省に(cf.安岡孝一: 住民基本台帳ネットワーク統一文字とその問題点, 情報管理, Vol.55, No.11 (2013年2月), pp.826-832)、今さら地方公共団体情報システム機構を監督できるとは思えない。地方公共団体情報システム機構を監督するのは、個人情報保護委員会がやるべき仕事だろう。

それと同時に、地方公共団体情報システム機構の理事長を、代表者会議が解任できるようにすべきだろう(cf.板倉陽一郎: 地方公共団体情報システム機構のガバナンスの問題点, 自治研究, 第93巻, 第1号 (2017年1月), pp.64-85)。実際に解任するかどうかは別として、解任権限を代表者会議が持たなければ、各地方公共団体で起こっている問題を、機構がうまく処理する動機づけが無い。そのあたりをちゃんと議論せずに、いくら総務省の監督権限を増やしたところで、結局どうにもならないと私(安岡孝一)個人は思うのだが。

13173675 journal
日記

yasuokaの日記: 『日本・中国・台湾・香港・韓国の常用漢字と漢字コード』と『文字コードの世界』 3

日記 by yasuoka

本日付で、私たち(安岡孝一・安岡素子)の『日本・中国・台湾・香港・韓国の常用漢字と漢字コード』(京都大学未踏科学研究ユニット・学知創生ユニット・人文科学研究所、2017年3月)が、無事に発行された。まずは、めでたい。

実は、この本は、私たちの『文字コードの世界』(東京電機大学出版局、1999年9月)の第5章「常用漢字と漢字コード」を、最新のものにアップデートしたい、という意図のもとに書かれた。なので、元々は「日本・中国・台湾・韓国」を予定していた。その後、執筆中に、香港を入れる必要性を感じたことから、いったんは「日本・中国・台湾・韓国・香港」としたのだが、どうも坐りが悪く、最終的に「日本・中国・台湾・香港・韓国」としたものである。表組も、最初は日中台韓だったものを、いったん日中台韓香にして、最後は日中台香韓に組み直した。

はずだったのだが、まだp.81日中台韓香が残っている、との御指摘をいただいた。表組そのものは直したのだが、表題に残ってしまっていたのだ。痛恨のミスである。ただ、もう冊子版も印刷が出来上がってしまっているので、とりあえずはデジタル版を訂正する方向で「ただいま作業中」だったりする。他にも誤植を発見された方は、是非お知らせいただきたい。

typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...