パスワードを忘れた? アカウント作成
13325190 journal
日記

maiaの日記: LCC奄美空港車イス事件 27

日記 by maia

銀座イタリアン事件に匹敵する(のか)

LCCは不便が色々あるから安いんだよ(`Δ´)
#それなりにLCCが対策費用をかけるのはLCCの判断として尊重しる。

介助が一人か二人いれば階段昇降できる車イスを開発すべきかな。設備のない階段でも行けていいんじゃないか。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 同じ航空会社使ったのに、行きはOK、帰りはNGだった点じゃにゃ〜かと

  • by Anonymous Coward on 2017年06月30日 13時22分 (#3236832)

    最初同行者が担いで行くって言っていたのを止めさせたのはバニラ・エアなんだよ。
    自分等で対処するのなら止める理由なんて何もないと思うんだがね。
    少なくとも、LCCに過度の要求しているってのは単なる嘘だ。

    • by Takahiro_Chou (21972) on 2017年06月30日 18時28分 (#3237011) 日記

      多分、少し視点を変えると、もっと単純な見方も出来て、バニラ・エアの奄美線って、出来たばっかりなんですよね(今年の3月末から)。
      なので、本土側のスタッフは、そこそこ優秀でも、奄美側のスタッフは、経験不足その他の理由で、色々と残念な状態だった可能性が高いんじゃないかと。
      だから、本土→奄美では車椅子でも問題無かったのに、奄美→本土の時に問題が起きた、と。
      つまる所、新しい路線で起きた「初期不良」じゃないかと。とは言え、初期不良は一定確率で起きるのは仕方ないとしても、責任の大半は、初期不良を出した側に有りますよね。

      親コメント
    • by hahahash (41409) on 2017年06月30日 14時07分 (#3236861) 日記

      今回の場合は、止めるべき絶対的な理由がある。

      航空事故などの緊急時には、航空会社は絶対に適切な対応をしなければならない。
      そのときに必要なのは、担いでくれる同行者などではなく、訓練された乗務員と適切な設備だ。
      それが備わっていなければ、当人だけではなく、全ての搭乗者の生命にも関わる。
      だからこそ、あらかじめ連絡しろ、とルールを定めているのだ。
      『誰かが担いでいって席に座らせればそれでいい』なんてレベルの話じゃない。

      LCCのルールが厳しいのは『コストが安いから』じゃなくて、
      『コストを下げつつ安全に運航しなければいけないから』だと理解すべきだろう。

      親コメント
      • 講釈してますけどあなたも国交省の役人じゃあないですよね?

        なんでプロの国交省の結論に反対するのですか?彼ら以上の知見があると言うのですか?

        • 『自分等で対処するのなら止める理由なんて何もない』に対して、

          『対処できる』かどうかを判断するのは航空会社であり、『航空会社には止める理由がある』と言っています。

          『車椅子搭乗に対応できるようにしておくべきを怠っていた』
          については、言われてすぐ対応できるなら、さっさとやっておけよ、と思いますし、
          『今回の車椅子客に対しての場当たり的な対応』
          については、かなりグダグダだなぁ、と思いますが、
          自分はその話をしているわけじゃありません。

          あと、

          『国土交通省は航空各社に対して障害者差別解消法に基づき、障害者に対して差別的な対応をしないよう改めて指示した』
          という報道は確認できましたが、バニラエアに対する公式な見解は見つけられませんでした。

          また、現時点で、バニラエア側も『お客様に不快な思いをさせたこと』に対してしか謝罪してません。

          『プロの国交省の結論』というのは何を指しているのでしょうか?

          親コメント
      • by Anonymous Coward

        では聞くが、非LCCの航空機には、緊急時に車イス使用者を安全に降ろす特別な仕掛けがあんの?
        あほじゃない?

    • by Anonymous Coward

      同行者や乗務員が担ぐのは航空法違反になりますよ?

    • あの階段で人一人を担いで登るのは危険だもの。
      「転倒して大怪我したけど、ヤツラが勝手にやったことだからオレらには関係無い」
      という弁明は、日本の裁判所は認めないんじゃないかな。
      そもそも「前もって連絡しとけ」って書いてあるのに連絡しなかったのはこの人の落ち度でしょ。

      それとこの人って、その事件の常習犯で確信犯みたいだし。
      「2017年にバニラ・エアのタラップを這い上がった車いす客、15年前にもANAに対して行った同様の行為を目撃されていた可能性」 https://togetter.com/li/1124519 [togetter.com]
      これが本当なら、たぶんやったのは一度や二度じゃないんじゃないかな。
      #「二度あることは三度ある」どころか、「一匹見たら三〇匹」の勢いだ。

      下手すると、階段でこけて大怪我したら、航空会社のせいだから慰謝料払えってマジで言ってくるかも。

  • すごいですね。

    君らがやってることは、IT技術者にこんなの簡単だよね、とかなんでこうしないのとか偉そうに講釈する文系クソ営業となんら変わらんよ。

    • 俺の場合、電車で移動中に、具合悪くなって(正確には、休日に出掛けた先で、具合悪くなり、慌てて帰ろうとしたら、電車の中で更に悪化、明らかにヤバそうに見えたみたいで、近くに居た人が乗務員さんを呼んでくれた)、駅員室に運ばれ、そこから救急車に乗せられた事が有ったんですが、そう云う経験をした身としては、「普通に動けない」人を飛行機に乗せる/降す為の備品が無い/人員が無い/訓練・マニュアルが無いのだとしたら、他のケース(車椅子の人が事前連絡なしで来るより発生確率が高そうなモノを含め)でも色々問題が起き得るし、逆に、そう云う場合の備品/人員の余裕/普段からの訓練が有れば、マニュアルに無い他の不測の事態にも応用が出来るんじゃないかと

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2017年07月01日 4時26分 (#3237222)

    漏らしたら、座席は航空会社が掃除するさ。
    事実かどうかは知らんが、そんな事を主張していたそうな。

typodupeerror

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

読み込み中...