パスワードを忘れた? アカウント作成
335348 story
テクノロジー

東北大、電子の電荷とスピンを利用した待機電力ゼロのLSIを開発 44

ストーリー by hylom
待機電力ゼロのデバイス実現へ? 部門より

少しずつ節電 曰く、

東北大学省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンターの大野英男センター長のグループはNEC等と共同で、電子の電荷とスピンを利用したスピントロニクス技術によって待機電力がゼロのシステムLSI、垂直磁化不揮発素子等の開発に成功したそうだ。成果は13日から開催の2011 Symposia on VLSI Technology and Circutsにて発表するという(プレスリリース)。

時事通信の記事によれば、同じく待機電力なしで情報が残るフラッシュメモリーでは書き込み回数に制約があるため、演算処理回数が膨大なLSIには使用できなかった。一方で、今回開発したスピントロニクス素子は、システムLSIに必要とされる基本性能(動作速度・非破壊読み出し・書き換え回数・微細化・低電圧動作)を全て満たすことができるという。実用化は2015年度を目指すそうだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by ddc (14170) on 2011年06月13日 21時10分 (#1969666) 日記

    プレスリリースを読んでみたけど、今回は待機電力ゼロのシステムLSIを開発したのではなく、
    そのために必要な記録素子の改良に成功した(不揮発性を高めた)ってことじゃないの?

  • by Anonymous Coward on 2011年06月13日 22時09分 (#1969706)
    昔から、DRAM代替を目指した不揮発メモリが研究されていますが、どれも実用化には至っていません。
    なぜか。
    ○年後の実用化を目指す・・・その○年後にはDRAMの容量は増え・消費電力は低減されているから。
    つまり、今のDRAMの場所を目指しても、いつまでも追い付けないんです。
    • by Anonymous Coward

      シリコンディスク(SSD)と HDD の関係に似てますね。
      SSD は Intel という巨人、それに対抗する東芝等により
      大分値段が下がってきましたが、GB単価では30~40倍程度の差があります。

      今回の技術が、RAM に利用できるとして。
      DRAM ですが、帯域幅が増えるにつれレイテンシも増えていますので
      その辺が SRAM (常時読み出し可能)のように優越していれば、一気に普及できるかもしれません。
      (無論単価が最大3倍程度に安く出来る前提で)。
      今、如何にメモリアクセスを減らすかが肝な状態ですからねぇ…。
      CPU の価格も、L2/L3 cache の容量で決まっているような状態ですし。

    • by Anonymous Coward

      別に追いつく必要はないでしょう。
      SSDはHDDに追いついていませんけど実用化されましたよ。
      それまでずっと「シリコンディスクが大容量化するころにはHDDはさらに大容量化しているのでニッチな分野以外では決して実用化しない(ドヤァ」とか言われていましたよね。

    • by Anonymous Coward

      もともと"「SRAM並の高速性」と「FlashROM並の無電源下長期保存性」と「DRAM並みの書き換え耐性」を同時に獲得しうる"
      新世代メモリ、という話だったような気がしなくもないが。

  • by Anonymous Coward on 2011年06月13日 20時23分 (#1969645)

    と思ったら磁気バブルメモリと違って非破壊なんですね。

  • by NOBAX (21937) on 2011年06月13日 20時45分 (#1969653)
    誤解を生みやすいというか、わざと狙っている感じですね。
    不揮発性メモリじゃダメなのかな。
    待機電力って、普通に言えばリモコン入力等の操作に備えて待機するときの電力で、
    システムLSIの電力がゼロになったところで、どうにもならないでしょう。
    赤外線を受けて光電池で受光して給電する製品もあるのですが、リモコンでは動きません。
    • by Anonymous Coward on 2011年06月13日 21時17分 (#1969672)

      ”待機電力”="家電の待機電力"では無いですよ.とんでもない勘違いです.

      タイトルを良く読んでください."待機電力ゼロのLSIを開発"とあります."LSI"の待機電力をゼロにする技術です.リモコンとか全然関係ない.

      あと不揮発性メモリじゃダメです.LSIの中にはデータの記録領域としてはメモリとレジスタの2種類の領域があります.
      前者のメモリは昔から不揮発に出来ました.
      今回の技術は後者のレジスタを不揮発にするもので,それがやっと実用レベルの技術になった(なりそう?)という話です.

      親コメント
      • by haf2 (42495) on 2011年06月13日 21時55分 (#1969695) 日記
        CAMはメモリ素子とロジックを組み合わせて作るので、レジスタの不揮発化では無いです。
        NECのやつは一歩手前の話で、MRAMとロジックを混載して動くものを作りましたという研究だと思います。

        と書いてる途中で気づいたんだけど、この素子はライトとリードでビット線が共用できない構造ですね。
        普通にSRAMをつくると回路規模が大きくなるけど、CAMは小さく低消費電力に作れますって事なのかな。
        親コメント
      • 最初に見かけたのが日経のこの記事「家電の待機電力をゼロに 東北大・NECが半導体技術 」 [nikkei.com]だったので、すっかり騙され、この話題をスルーしてました(笑)。このストーリーを見てようやく何のことか把握できました。
        親コメント
      • by NOBAX (21937) on 2011年06月14日 7時23分 (#1969828)
        WBSによれば、会見で
        東北大学大野英男教授「待機電力ゼロの電子機器実現に向けて・・・」
        NECグリーンイノベーション研究所田原修一所長「簡単な機器であれば2015年とか16年に入れたい・・・」
        ということで、巧妙に「誘導」していますよ。
        WBSでは見事に騙されて、家電の待機電力がゼロになるかのごとく説明していました。
        親コメント
        • by Anonymous Coward
          一次情報を見ませんでしたと素直に言えばいいのに見苦しい。
          • by Anonymous Coward
            研究成果を事実通り素直にしゃべればいいんだよ。
        • by Anonymous Coward
          読売や産経の記者もこういうふうに相手のせいにして絶対自分の過ちを認めないんだろうなあ。
      • by Anonymous Coward

        それを「待機電力」と呼ぶかというと普通は呼ばないんじゃないか?
        駆動電力とかじゃないの?

        • by Anonymous Coward on 2011年06月14日 0時52分 (#1969775)

          同期回路で言うところのクロック停止の状態では状態を保持するための電圧もいらない、ということじゃないのかな?
          状態を保持するための電圧がなければ漏れ電流もないので、その状態では消費電力0、ということでしょう。

          親コメント
      • by Anonymous Coward

        まあ、不揮発プロセッサならロームが2007年に発表してますけどね。
        ロームのプレスリリースを探すのがめんどうなので@itの記事で。
        http://www.atmarkit.co.jp/news/200710/02/rohm.html [atmarkit.co.jp]

      • by Anonymous Coward
        昨日のNHKニュースを見た人なら全員勘違いしてもおかしくなかった。
        ソース読め云々じゃなくて完全に間違えていた。
    • by Anonymous Coward on 2011年06月13日 21時22分 (#1969676)

      > 不揮発性メモリじゃダメなのかな。

      いいと思うよ。
      つか、今回のが正に(MRAMの類の)新しい方式の「不揮発性メモリ」なわけで。

      既存の不揮発性メモリは書き込み回数制限や速度、電力などの観点で、常用RAMとしては使いにくかったけど、
      今回のは常用にも使えるってところがミソ。
      SoC稼動状態から休止~復帰させるとき主記憶に対してのケアが不要になるんだよね。

      > 誤解を生みやすいというか、わざと狙っている感じですね。

      時事通信の記事はタイトルは「*LSIの*待機電力」だし、
      文中のデータセンタなどでの適用例では「9割程度」などで、
      そんなに誤解生むような記載には見えなかったけどな...

      プレスリリースはもっときっちり書いてあるし、
      タイトルだけ斜め読みでもしない限り誤解はしないんじゃないかな。

      > 待機電力って、普通に言えばリモコン入力等の操作に備えて待機するときの電力で、
      > システムLSIの電力がゼロになったところで、どうにもならないでしょう。

      古典的な :-) Irの電源操作待ちくらいなら確かにサブマイコン+Irセンサで今回の技術の出番はあまり無いですが、
      携帯の待ち受け、デジタル家電の(DLNAなんかでの)LAN待機、BlueTooth受信待ちなんかのイマドキの用途では、
      今回の話はかなり大きいと思いますよ。

      SoC側はdormantに落としてクロック抜けば格段に維持電力下がるし、
      そこから周辺からの割り込みトリガで起こせるけど、DRAMの内容維持がかなり支配的な問題だったわけで。
      # バンク単位で電源切るとか、SRAM併用するとか各社涙ぐましい努力してると思うけど。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2011年06月13日 23時23分 (#1969742)

        誤解を生みやすいというか、わざと狙っている感じですね。

        時事通信の記事はタイトルは「*LSIの*待機電力」だし、
        文中のデータセンタなどでの適用例では「9割程度」などで、
        そんなに誤解生むような記載には見えなかったけどな...

        テレビもパソコンも待機電力ゼロ、世界初LSI [yomiuri.co.jp]とか
        待機電力ゼロにする技術開発、超節電に道 東北大など [asahi.com]とか
        家電の待機電力ゼロに NECが東北大と半導体技術開発 [msn.com]とか言った記事が出るのはなんで?w

        msn産経に至っては、

        家電の待機電力は、1台1台ではごくわずかでも、合計すると家庭で消費される電力の2%にも達する。NECによると、今回の技術が実用化されれば、理論的にはそれらをゼロにできるという。

        いつのまにか、家電の待機電力に摩り替えちゃってるしorz

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          > とか言った記事が出るのはなんで?w

          そりゃ読売とか産経の記者がバカなせいでしょ。

          時事通信の記事や(何故かあなたが挙げている)朝日の記事なんかは特に大きな誤解をしてるようには見えないし、
          プレスリリースでも必要充分な記載をしており「誤解を生むような記載」というよりは、記者の理解力の問題かと。

          たぶん、読売とか産経の記者はプレスリリース(または記者発表)の中から自分のわかる言葉だけ拾ってつなぎ合わせたんでしょ。
          で、本題の技術に関する情報はすっかり欠落して、(個別の発表内容ではなく)プロジェクト全体としての大きな方向性あたりの

    • by Anonymous Coward on 2011年06月13日 21時03分 (#1969663)
      そうそう、マスコミ報道では、テレビやサーバーなどの待機電力がゼロになると言ってるね。
      この「待機電力」はパソコンで言えば、suspend to ram 状態のことを指していて、power off じゃないんだな。
      でも、記事を読んだ人はpower offだと思ってしまうだろう。

      なお、power off時の待機電力については、すでに通常のDRAMとフラッシュメモリを積んだ液晶テレビで1W未満になっています。
      その実現方法は内部的に「コンセントからプラグを抜く」という方法でして、電源ユニットの一次側の電力消費をカットしてます。
      親コメント
    • by Anonymous Coward
      とりあえずタレコミ本文だけでも読んでみたらどうかな
    • by Anonymous Coward
      マスコミが「待機電力」という言葉で表現したのがそもそもの間違いの元では?
      東北大のプレスリリースでは「記録保持に電力を必要としない」という表現になっています
      (製品レベルのチップ全体の消費電力の話をする時は別として)デバイス屋はこのような場合は一般的に「リーク電流」、(レジスタの)「保持電流/保持電力」という言葉を使うはずです
      • by Anonymous Coward on 2011年06月14日 9時44分 (#1969871)
        LSIにおける待機電力とは普通スタンバイ電流を指します。
        すなわち、原発振器を止めシステムクロックをはじめすべての信号を止めたときの漏れ電流です。

        もっとも現実的には時計用タイマを搭載して32768Hzの時計用クロックで内部時計を動かすLSIが多々ありますので、スタンバイ電流を完全にゼロにすることは不可能だと思います。
        親コメント
        • by Anonymous Coward
          それなら素直に「スタンバイ電流」と言えばよい。
          学者が一般人に向けて、いい加減な言葉を使ってはいけない。
          待機電力とは俺の村ではこういう意味だ、などと注釈なしで使うのは誤解を生む。
      • by Anonymous Coward
        東北大の教授が会見でハッキリと「待機電力ゼロ」と発言している。
        マスコミの誤解じゃないよ。
  • 空気読まずに (スコア:1, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2011年06月13日 22時00分 (#1969698)

    ここまで「超電磁スピン」禁止。
    …あれ?

    • by Anonymous Coward
      超電磁竜巻ならOKですか?
      • by Anonymous Coward

        やっぱり順序としては先に超電磁ヨーヨーを出してもらわないとねぇ

  • by USH (8040) on 2011年06月14日 13時59分 (#1970098) 日記

    文科省の軛からいつの間に脱出したのかと空目。

  • 新聞ではNECとの共同研究になっている。 新聞屋さん、どうなってるの。
  • by Anonymous Coward on 2011年06月13日 20時56分 (#1969659)

    とは違うんですか

    • by ddc (14170) on 2011年06月13日 21時23分 (#1969677) 日記

      資料にMTJ素子とあるからMRAM(で使用している素子)のことだと思います。
      今回はこのMTJ素子の記録保持時間を10年以上まで伸ばすことに成功したって
      ことのようですが、これまでの値がどれくらいだったのかは分からず…

      親コメント
typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...