パスワードを忘れた? アカウント作成
13710 story

PCの利用記録から過労が証明される 212

ストーリー by yoosee
働きすぎると動かなくなるPCはどうだろう 部門より

sillywalk曰く、"日刊スポーツの記事によれば、昨年6月に通勤途中の電車内で倒れ死亡した大手事務機器メーカー課長(当時42)について、八王子労基署が会社でのPC操作記録をもとに労災認定したことが10月21日に明らかとなりました。
弁護士によると、労働時間を証明する資料を会社側が示さなかったため遺族側が証拠保全を申請し、課長による会社サーバへのアクセス時間、メールの送信時間、文書ファイルの更新時間が判明。死亡前3ヶ月間の平均時間外労働が一月あたり86時間だったことが証明され、労災と認定されたそうです。"

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by marute (13883) on 2006年10月22日 15時06分 (#1042375) 日記
    >労働時間を証明する資料を会社側が示さなかった
    • by Anonymous Coward on 2006年10月22日 15時11分 (#1042378)
      全く同意。結果的に労災の証拠を隠していたわけだけど、こういう場合に罰則はないのかな。
      親コメント
    • by fourbeat (16165) on 2006年10月22日 16時05分 (#1042421)
      「探したけれど見つからなかった。提出を拒否しているわけではない」と言い張られたら、
      即クロと判断するわけにもいかんわけで。
      それに対抗するための証拠保全です。
      親コメント
  • メーカーはどこ? (スコア:5, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2006年10月22日 15時11分 (#1042377)
    報道が会社名を伏せている時点で無言の圧力に負けている気がする
  • この結果を受けた動き (スコア:5, すばらしい洞察)

    by kubox (23429) on 2006年10月22日 15時15分 (#1042379)
    今後、ログをすぐ消すようにする企業が出てきそう。
    • by Anonymous Coward on 2006年10月22日 17時07分 (#1042465)
      一時期勤めていた、とあるネット広告関連ベンチャーですが、親会社(出資者)の意向で、PC+指紋センサー式の出退勤管理システムを使っていました。
      何でも、親会社で以前、タイムカードを持って労基に駆け込んだ社員がいたそうで、以来PCに記録するシステムに変えて、ログも定期的に消去するようになったとか。
      親コメント
    • by Saitamanist (24995) on 2006年10月22日 15時29分 (#1042387) ホームページ 日記
      最初からログを取らなきゃいいんじゃね?
      --
      まぐろたべたい
      親コメント
      • Re:この結果を受けた動き (スコア:3, おもしろおかしい)

        by nox_dot (11614) on 2006年10月22日 15時52分 (#1042404) 日記
        そんな御社に、
        「エビデンスバスター・エンタープライズ」
        労災の証拠となるログインログ、社内システムアクセスログ等の記録をシャットアウトします。
        また、プレミアムエディションでは、私的Webアクセスのログのみを残したり、遺書と思われるファイル(Word,一太郎等対応)のある領域を、セクタ異常に偽装して読み取り不可にできます。
        さらに、ゴールドエディションでは、御社が当製品を購入したログをも残しません。

        ・・・という商品が出たりして・・・。
        # 不謹慎ですみません。
        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2006年10月22日 15時27分 (#1042384)
    残業続きで命の危険を感じて自己都合退職した場合なら会社都合退職にできます [nifty.com]ので該当する方は死ぬ前にさっさと会社を辞めて失業保険申請時に申し出ましょう。
    Q23. 雇用保険の基本手当は、どのくらいの期間、受給できるのですか。 [hellowork.go.jp]のロ-(5)に注目。
    • 中の人より。 (スコア:3, 参考になる)

      by kupil (19588) on 2006年10月23日 1時49分 (#1042753)
      退職直前3ヶ月以上継続して月45時間超の残業がある場合は会社都合扱い(特定受給資格者)になり得ますが、基本的に挙証責任は労働者側にあるので、

      退社直前にタイムカードをコピーしておくか、タイムカードがそもそも無い場合またはタイムカード記録がデタラメな場合(上司の命令で午後8時にはタイムカードを形式的に押しておくように命令されている等)に、出退勤記録をこまめにメモしておくこと。業務内容等も細かくメモしておくとベター。

      メモ書きしか用意できない場合は、退職後に(会社へは一切匿名であることを条件で)証言をしてくれうる人の確保も忘れずに。

      #辞めた後に証拠を揃えるのは難しいです。退職準備は計画的に。
      親コメント
  • 86時間 (スコア:4, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2006年10月22日 15時40分 (#1042391)
    2桁か‥と思った人は多いことだろう。
    ストレスなどとの絡みもあるので多寡については微妙だが、
    上手く休むのも必要だぞ。鬼籍に入るのは論外としても
    /.Jを読んでいる生きている皆様は上手に休みを取りましょう。
    入院しても会社は何もしてくれないものです。

    #無理をするべき時の為にエネルギーを確保してないと、空では必要な時に力を出せんぞ。
    • Re:86時間 (スコア:2, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2006年10月22日 16時25分 (#1042434)
      >/.Jを読んでいる生きている皆様は上手に休みを取りましょう。

      スラドに来るだけの余裕がある状況なら、まだ大丈夫かも。
      親コメント
  • 86時間 (スコア:4, 興味深い)

    by Anonymous Coward on 2006年10月22日 15時50分 (#1042401)
    こういうネタで不謹慎は百も承知だが、敢えて書く。

    一月あたり残業が86時間ってことは週六で一日ほぼ三時間半の残業。
    八時間プラスで大体一日11時間労働と出るわけだが
    十把一絡げの中小企業で、同等の労働時間でなく定時帰宅で
    きちんと回ってる会社って今どれだけあるのかね?

    リストラ景気だかなんだか知らないが
    好景気なんて中小企業(地方ならなおさら)にはまるで実感できない。
    労働法の改正だか改悪だかでタテマエ上の労働条件は厳しくチェックされているが
    実際それをキチンと守っていては仕事が終わらないのが自明だから
    残業手当も労災もねだれたもんじゃない。
    逆に安く使っていたバイト他の縛りが強くなったぶん
    人件費の抑え方にムリが出て社員の負担は増えている。
    労働基準法なんかのくくりで(守りようがない)労働条件を提示されても
    仕事は仕事。終わらせなければおまんまにありつけないわけだから。

    長引かせない工夫とか経験上のいい意味での適当さとかで
    稼いできた時間の空きが、もう全然ないわけよ。

    そりゃどこだって八時間で帰りたい。労働基準法守りたい。
    けど帰りようがなくなるような状況を生む別な法が
    このところどんどん出てきてる。
    労災どうこうで法をごまかした裏には
    何の得にもならない無駄な法を必死で守ってきた企業の別な顔がある。

    片方だけ見て騒いでも職場は楽にはならねーよ。
    • Re:86時間 (スコア:5, 興味深い)

      by Anonymous Coward on 2006年10月22日 16時21分 (#1042431)
      残酷な言い方だけど、典型的なワーカホリック(悪く言えば「奴隷根性」そのもの)の考え方だなあ。

      現状に不満を持っているだけでは何も変わらなくて、
      かと言って受け容れてみても死神が目の前で笑っていることに変わりはない。
      そういう立場の中、どうアクションを取るのか?って話だけかと。

      産業革命時の奴隷工達がどれだけの思いで資本家と戦ったか、
      ちょっとだけでも思いを馳せてみて良いと思うけどね。
      搾取される側に立ち続ける限り、
      Die or hell(死ぬか、地獄か)って話かと。
      親コメント
    • Re:86時間 (スコア:5, 興味深い)

      by Artane. (1042) on 2006年10月22日 16時43分 (#1042448) ホームページ 日記
      あの、何処の会社と具体的に挙げるとかなりの訴訟リスクが発生するんで何処とは挙げませんけど、

      いつも社長が「金がない、納期急げ、品質落とすな」と煽っていて、全社朝の八時の掃除にはじまり昼飯入れて中休み一時間ちょっとでの夜の十時すぎの残業終了や土曜出勤は当り前・設計チームにいたっては土日もノー残業デーも関係無しに何時間やっていたんだか記録を見直したら恐ろしくなる程働いていたけど残業代は60時間ポッキリしかでない。(生産チームなどはもっと残業カットされる時間数が短い)、
      しかも殆どの社員(それも大学新卒!)を一年で契約更新しないで首切っていたという「平凡な中小企業」に勤めていましたけど、体も心も壊れましたよ。今でもインパクトが残っているくらいの所まで。

      壊れてから地域労組に相談したら社長は団体交渉逃げ回って、結局会社まで押しかける羽目に。
      それでも、逃げ回って、何度か監督署から勧告や立入調査を受けて、やっと雀の涙の(だって、基本給15万ありませんでしたから、時給換算すると…)お金が振り込まれた。って会社にいましたが。

      まぁ、社員教育でその筋の(経営者団体など)が発行している漫画入りの本なんかも読まされたりとか、金が無いだ借金状態だなんだと社員の危機意識や一体感を煽って洗脳して安くこき使って使えなくなったら捨てて会社や社長にはうまい形で留保が残るようになっているのは日本の中小企業の悪癖ですよ。

      実際、最近その会社の概要みたら資本金二倍くらいになっているわ、中国に数億の出資して工場たてるわでイケイケドンドンですわ(´ー`)

      つぶれる前にあなたの方が潰されますよ。会社の言うことに忠実やってる人間が、最初に体や心にガタがくるって感じでしたし<色々な現場や会社を見ていると感じますけど。
      --
      --暮らしの中に修行あり。
      新しいblogはじめました。 [hateblo.jp]
      親コメント
    • Re:86時間 (スコア:5, 参考になる)

      by IZUMI162i6 (27633) <izumi@member.fsf.org> on 2006年10月22日 17時54分 (#1042488) ホームページ
      別に終らせなくても給料は貰える気がします。自分が管理職でないなら。

      定時に帰るのは労働者の権利です。それで回るようにマネジメントするのが管理職の仕事で、結果時間内に終らせられるマネジメントができないなら協議の上残業をお願いするものです。管理職が全員有能で最良のマネジメントをしてるにも関わらず死ぬほどサービス残業を必要としてる会社ならその会社は既に破綻しています。
      頼まれても無いのにサービスで残業してたら、そりゃあんたが勝手に残って勝手に仕事してたんでしょって話にもされかねません。

      個人事業主で工程単価で会社から仕事を請けてるなら別ですが、ノルマなんていう会社のオナニーに付き合う必要はありませんよ。会社が色んな法律で云々なんて話も同情はしますが、会社の都合であって労働者には本来関係ありません。
      イタリア人とかみたいになれとは言いませんが、日本の労働者はもう少し無責任になって良いと思います。
      会社が楽になるのは難しいですが、個人が楽になるのは人間関係とか切り捨てればそんなに難しいことじゃないと思います。別にその仕事をしないと死ぬわけじゃないでしょうし、世の中にはその仕事しかないわけでもないと思います。

      しかし、そういう意味では日本には淘汰されるべき破綻した会社しか存在しないのかもしれませんが・・・。
      --
      ◆IZUMI162i6 [mailto]
      親コメント
    • Re:86時間 (スコア:4, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2006年10月22日 15時59分 (#1042415)
      5年で8日だけ出社して満額もらえる職場もあるのにね!
      親コメント
  •  今勤めている会社で、勤怠の申告とログオン記録の違いから、業務が終了したらパソコン終了させてさっさと帰れというお達しが出た事があります。
     休止状態にした時のログオン状態がどうなってるのかちょっぴり心配だったりします(苦笑
    --
    凛々しく、あほらしく。
  • by quililila (23086) on 2006年10月22日 15時40分 (#1042392) 日記
    過去3ヶ月の平均残業時間が86時間でも、人間って過労死しちゃうんだと思った。

    毎日4時間残業を20日で80時間。休日出勤を+1日で86時間を超過。
    どこぞの業界はこれぐらいだと少ない方でもあることだし、皆さん注意しましょうね。
    • by tada (5086) on 2006年10月22日 15時47分 (#1042396)
      自分も最初そう思いましたが、
      今回「証明」された分だけで86時間だってことじゃないですか?
      親コメント
      • えっと、正社員の人は分かるかと思いますが、月45時間以上の残業に対して会社が、あれこれ言うかもしれません。 これは45時間以上残業する人は心疾患を生ずる率がバーンとあがるからだそうです。 簡単にいうと45時間以上残業してるとしんじゃうよ、ってとこですか。
        親コメント
        • by Technobose (6861) on 2006年10月22日 17時02分 (#1042461) 日記
          4人いたらのべ180時間となり、法定労働時間が週40時間から考えると、既に一人分の仕事が有るわけですよね。労働基準法が守られていて、足りない分の人員が雇われていたら、雇用も創出できるし、社員の健康と士気も維持できる、と考える文化が有ればと思いますね。
          今、ホワイトカラーエグゼンプションというアメリカの制度(労働基準法を実質的に形骸化させる制度)を日本に導入しようと財界と厚生労働省が考えているらしいですが、NHKの番組でアメリカの制度と日本が導入しようとしている制度を比較しているのを見る限り、全然異質のものでした。
          導入する人たちは国際競争力の維持という建前ですが、普通の人が普通の生活すらできなくなるような社会(単純に人件費の安さだけで競争したら先進国の労働市場は破壊されてしまう)になったら、日本国内の市場すら荒廃してしまって取り返しのつかないことになります。先日、朝日新聞にソローのインタビューが掲載されていましたが、彼は今の経済効率のみの「国際化」には問題があると言ってました。
          現在のように経済効率のみを尺度にした「国際化」では、先進国、発展途上国、いずれの市民社会にとっても不幸が増していくように思いますね。
          親コメント
          • by Anonymous Coward on 2006年10月22日 21時58分 (#1042592)
            > 社員の健康と士気も維持できる、と考える文化

            明治の昔から、兵卒の使い捨ては連綿と続く「美しい国」の文化です。

            > 導入する人たちは国際競争力の維持という建前ですが、
            > 普通の人が普通の生活すらできなくなるような社会(単純に人件費の安さだけで競争したら先進国の労働市場は破壊されてしまう)になったら、
            > 日本国内の市場すら荒廃してしまって取り返しのつかないことになります。

            残念ですが、もうそうなっています。
            もっとも顕著なのは、派遣労働者のジャンルを広げたことで横行している偽装派遣でしょう。
            経団連のトップ キヤノンの御手洗は、法が悪いと居直る始末です。

            彼らが目指すのは、北朝鮮のような日本なんです。
            一部の限られたエリートだけが、人並みの生活をし、一般庶民は飢餓にされされても、デモ一つ無い社会。

            発展途上国なみの工賃で使い捨てできる人間を量産するため、
            新規に労働市場に参加する人間については、ゆとり教育という形で低学力を量産する教育改革を行い、
            権利を一切主張させず、雇用責任を負わない偽装派遣に誘導。

            次の段階で、すでに雇用市場にある人間について、ホワイトカラーエグゼンプションを行うことで、
            死のうが、倒れようが 一切の責任を負わない奴隷を作る。

            国際競争力がどうこうなんてのは ただ経営能力がないことを誤魔化すデマにすぎない。

            ホワイトカラー エグゼンプションも 年収制限が600万円くらいへの引き上げあたりで、労使が「痛み分け」という形で 導入され、偽装インフレで名目賃金を600万円に引き上げる。

            あとは 使い捨て放題、殺し放題。

            働かないと飢え死にして、働いても過労死する。
            北朝鮮とドコが違うのか?

            親コメント
        • by Anonymous Coward on 2006年10月22日 16時20分 (#1042430)
          確かに、週45時間はかなりキツいです。
          親コメント
        • by Anonymous Coward on 2006年10月23日 3時47分 (#1042773)
          ワタクシ裁量労働制で強制的に残業させられてるクチですが、上司を牽制したいので
          「45時間以上残業する人は心疾患を生ずる率がバーンとあがる」のソースがあったら
          激しくきぼんぬ。
          親コメント
          • > 「45時間以上残業する人は心疾患を生ずる率がバーンとあがる」のソース

            monaka氏の#1043136 [srad.jp]への補足ですが、それを明文化しているものとして、平成16年版の厚生労働白書 [mhlw.go.jp]があります。
            第1部>第2章>第2節の3「過重労働対策 [mhlw.go.jp]」という項目の(2)〜(3)あたりに、
            • 月45時間を超える時間外労働を行わせた場合
            • 月100時間を超える時間外労働を行わせた場合
            • 2か月間ないし6か月間に時間外労働を月平均80時間を超えて行わせた場合
            のそれぞれについて、「事業者が講ずべき措置」についての記載があります。

            もっとも、医学的な根拠というよりも、労災認定状況から統計的に導かれた様相の強い基準のようです。
            親コメント
    • by PuckWing (31909) on 2006年10月22日 16時01分 (#1042417) 日記

      訴訟や判決文を追っていないので推測ですが,「86時間」という数字は裁判で証明され事実認定された最低限の数字と思われます.証明できなかった残業もあるでしょうから,実際はもっと長時間の残業たっかもしれません.

      親コメント
  • ゲーム機 (スコア:2, 興味深い)

    by zjavier (22364) on 2006年10月22日 16時31分 (#1042439)
    > 働きすぎると動かなくなるPCはどうだろう部門

    使いすぎると動かなくなるゲーム機が欲しい、と思いました。
    我が子が将来、同じ過ちを繰り返さないように...
    • Re:ゲーム機 (スコア:3, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2006年10月22日 16時33分 (#1042440)
      つ「Made By SONY」
      親コメント
    • Re:ゲーム機 (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2006年10月22日 16時42分 (#1042444)
      > 使いすぎると動かなくなるゲーム機が欲しい、と思いました。
      > 我が子が将来、同じ過ちを繰り返さないように...

      教育としては、強制的やなにかしらの原因でやめさせるのではなく、子供本人が自分でゲームをやめることができるようにしたほうが良いと思います。
      親コメント
  • by piper (15067) on 2006年10月22日 17時11分 (#1042467) 日記
    内部統制の監査ではメールというのは重要なエビデンスに有るそうなので弊社では5年分のメールを保存する仕組みを導入中で、そのために7月以降土日休み無しで働いています。もちろん帰りは日にちが変わってからですが、こんな状態じゃシステムが動く前においらのほうが持たないような気がします(涙)
    システムが動いたらメールは深夜や休日に纏めて処理すれば労災が認められるのかな?
  • もうええやん (スコア:2, おもしろおかしい)

    by clema (20979) on 2006年10月22日 23時49分 (#1042685) 日記
    働いたら負け [google.com]の真意はこういう意味なんでですよ。
  • by ncube2 (2864) on 2006年10月23日 8時02分 (#1042790)
    メール残業 [asahi.com]での過労はどうやって証明すればいいんだ?
typodupeerror

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

読み込み中...