パスワードを忘れた? アカウント作成

h-fujitaさんのトモダチの日記。 最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

14997876 journal
日記

okkyの日記: COMPILER EXPLORER 1

日記 by okky

なんか10回位アドレスを調べなおしているので、もうここに書いておこう。

https://godbolt.org/

このページ、今時のコンパイラがどういうコードを吐くか知りたいときに便利です。
例えばこれ:
https://godbolt.org/z/6q5fhj

from, to を整数で与えると、from .. to の間の数字の話を求めて printf() で出してくれるという、要するに有名なガウスの等差級数の和を求める話を一般化した奴なのだが。

見ての通り、アセンブラ側にループが無い。

今時のコンパイラ、等差級数の和ごときは自動検出して、いきなり公式に当てはめてしまうのだ。

こうなると、何をどう書いた時に「コンパイラがそのアルゴリズムを知らなくて」素直に書かれた通りのコードを出すのか、どう書いた時は
「ふふん、そんなの私はお見通しですよ」
と全然違うコードを出してくるのか、正直判らない。で、コンパイラが見抜けるものについては「わかりやすい」「コンパイラが最適化のためのパターンを見つけやすい」書き方の方が、凝ったアルゴリズムを直接書くよりも良い、と言う事になりかねない。

そしてそういう議論をするときには、
「こういうコードが出ているんだからこう書いた方が良い」
的な内容を皆で共有するには、こういうページを使った方が便利なのだ(少し変更したらどうなるか、とか気になるポイントを各々実験できるから)。

14997245 journal
日記

darknightの日記: SIer業界(日本の)は衰退する(かもね) 4

日記 by darknight

日経コンピュータの編集委員の木村氏のツイートで、
「人月商売のIT業界がアカン45の理由」がツイートされていたので、これはと思ってリツイートして保存しておく。

曰く

1)労働集約型産業のままで知識集約型産業に脱皮できない
2)どのITベンダーも特徴や強みを持たず金太郎飴
3)SIerを頂点とした明確な“格差社会”が存在する
4)格差社会の底辺のITベンダーや技術者が雇用の調整弁に
5)ブラック企業を温存し新たに生み出す
6)いつまでも手工業、システム開発が近代化されず
7)優れた技術を持つベンチャー企業などがスポイル
8)先端のITトレンドから取り残されガラパゴス化
9)膨大な数の技術者を付加価値が低い領域に固定
10)新興国のITベンダーとのコスト競争に勝てない
11)「言われた通り何でも作る」御用聞き営業が蔓延
12)全てを人月工数に還元するので価値の提案は無理
13)上位のプロマネが丸投げ体質となる
14)コードを書くプログラマーの価値が軽視される
15)同じチームで同じ仕事なのに所属企業で報酬が異なる
16)偽装請負やその類似行為が横行する
17)ガバナンスがおざなりになり不正の温床に
18)定期的に発生する失敗プロジェクトでデスマーチに
19)不況時に多くの技術者が失業の危機に直面
20)枯れた技術ばかりで技術者として成長する機会なし
21)自分の価値が見えず技術者のモチベーション低下
22)コネ営業が横行し優れた営業が育たない
23)IT産業の悪い印象が広がり情報工学を志す若者が減る
24)優秀な学生が流入せずネット企業や米国に流出
25)余計な機能を作り、客の無駄なプロセスを温存
26)客のアドオン要求に喜んで対応しERPを出来損ないに
27)客の言いなりなって割高なシステムを売りつける
28)客のIT部門の丸投げ体質を助長
29)契約以上の要求をするといった客の増長を促進
30)特注システムのため著作権など知財は全て客のものに
31)短期開発、工期短縮という付加価値を提供できない
32)客のデジタル事業関連の案件ではお呼びでない
33)客の事業部門からは相手にされない
34)技術者の頭数で売上が決まるので企業として成長なし
35)不況期には必ず安値受注に走り大炎上案件を生む
36)好況になっても人月単価を十分に上げられない
37)人材教育にカネと時間をかけないので技術力がペケ
38)ガラパゴス化しているためグローバル展開できない
39)経営者がリスクを取ることに不慣れ
40)いつまで経っても「マーケティングって何?」
41)大きな案件にならないため最新のITに無関心
42)自らのビジネスでイノベーションが生まれない
43)ゆでガエル状態で存亡危機が迫るのに危機感なし
44)業界の格が低く国の産業政策に影響力なし
45)産業政策ではなく失業・雇用対策の対象

なんだそうだ。
自分もこの方の発言を見るにつけ、必要なものは残すようにしているんだが、
次回の暴論のネタはこれをブチ込んだものになるのかな。
これを見れば見る程、前職における弊害がそのままになっているのがよくわかる。
だから自分は脱出したようなもんだ。
今度は自社内でセコセコやっていくことになるんだろうけど、こうなる会社をよく見極めて選択していこう。

14997234 journal
日記

darknightの日記: 今更ではありますが

日記 by darknight

職場を退職しました。
入社前から患ってた病気が悪化して、障害者認定も受けて、これ以上はもうどうにもならんねと思って仕事をしてたら、
上位会社からの業務改善命令が発令され、日々格闘していたんだが、この9月で終わりってことになって、
今のまま続けていくのは難しいから、契約社員になってやり直しとか会社が言ってきたもんだから、
自分的には精神面の不調もあるし、社員として会社の草創期からやってきた矜持もあったし、
これ以上この会社に日銭を入れていくのは良くないとも薄々ながら感じてて、じゃあこのタイミングでってな感じだった。

古いメンバーはもう数えるほどしかいない、はず。
今となっては、このコロナ禍の情勢下、辞めて正解だったかなとも考えている。
はいはい、この話はここまで。

14993854 journal
日記

KuroButaの日記: キーボード誤動作

日記 by KuroButa

最近、右シフトキーがプロパティを出すキーに割り当てられてしまい、近くにFnキーがあるので、なんか配線がいかれたかな?と思って、最悪、買い換えを考えてたんですが、エルゴノミクスのキーボードって最近種類少ないし、高いしで、ちょっと悩んでました。
ふとWin10のキーボード設定を見てみると、AI支援である「入力インサイト」機能がONになっていたので、これをOFFにしたところ治りました。もう一度ONに戻してもシフトキーは正常動作する模様。
余計なことをしてくれましたねぇ。
日本語入力には全く意味の無い機能なので、OFFにしてそっと閉じました。

14993377 journal
日記

KuroButaの日記: 弾幕薄いよ!

日記 by KuroButa

夜中2時頃までちょっと勉強してて寝るのが遅くなったんですが、寝る前にiPadのゲームアプリ一覧を見てしまって、そこにあったのが「弾幕月曜日」(^▽^)
気付けば朝の5時すぎてんじゃん・・・。久しぶりに昔のシューティングゲーマーの血がうずきましたわ。寝よう。

14991755 journal
書籍

ribbonの日記: 読書:音楽の感動を科学する

日記 by ribbon

著者は 福井一さん。
生化学的な観点や心理学的な観点からの音楽論というべきかなあ。
色々なことが紹介されていて面白い。
面白かったことをいくつか。
3章では「音楽や音の感じ方が日本人と外国人では違う」という通説が科学的には根拠がないということ。角田忠信氏が1972年頃に「日本人の脳」諸説で展開した話なのだそうだが、再現性はなく、PETやfMRI等での測定でも差はないという結果が出ている。ただ、例えば吉田秀和氏や小泉文夫氏などが勉強不足のため広めちゃったとか。
また、フロイトの精神分析も、「似非科学」と一蹴。
そして、「音楽の定義」がないということ。Wikipediaでも種々の定義がある、としているし。
5章では音楽による情動や感情が起きる仕組み、すなわち脳の各部署の動作について説明がある。大脳周辺にある扁桃体というところが源であると。耳から来た信号は、ここと大脳と両方に行くようだ。で、恐怖とかの緊急を要する場合はここで反応すると。大脳の法は音楽の理解かな。
また、モーツァルト効果がないことも1999年に否定の結果が出ていると(Wikipedia記載あり)。
6章では音楽とホルモンについての言及。特にテストステロンというステロイドホルモンが重要であるとしている。
7章では音楽によるの上の影響について。乳児でも協和音と不協和音の違いは分かるので、これは普遍的なこと、音楽家の脳は音楽に関する部分が肥大化していること、そしてその副作用の一つとしてジストニーになる事が書かれている。体性感覚皮質の、それぞれの指などを制御する領域が大きくなりすぎ、重なってしまってコントロールがうまく出来なくなるとか。もちろん全員なるわけではなく、演奏家の100人に1人とか。結構多いなあ。
8章では才能と遺伝について触れている。確実にあると。また、失音楽症(要するに音痴)はピッチの認識が出来にくいということだとか。
9章では音楽が病気に効くかについて。
一般的に人間は短期間のストレスについては、破壊的な物でない対応できるが、長期間のストレスについては対応しきれない場合があると。そして、短期的ストレス抑制や、痛みの低減、アルツハイマー症への適用についても触れている。
そして11章。音楽はなぜ必要か。ピンカーは、「心の仕組み」で、音楽はチーズケーキ、あってもなくとも良く、生物的、進化的には不要なものであると言っているが、音楽は社会を作るために生まれてきたのだと言っている。

14988278 journal
日記

KuroButaの日記: EATMAN 2

日記 by KuroButa

Go To Eatのチケットを購入しました。
福岡県は結構使えるところが多いので、2セット16,000円を7個購入。
3月末までなので、まぁ使い切れるんじゃないかと。
トータルで28,000円分お得なのは嬉しい限り。肉でも食いに行こう。

14987315 journal
日記

90の日記: マスク越しのFace ID

日記 by 90

使い古した布マスクを着けている時と額が出ている時はマスクのままで認証できる。認証成功時に学習して少しずつ適応しているというよりはマスクが薄くなっている予感。

typodupeerror

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

読み込み中...