パスワードを忘れた? アカウント作成

スラドのストーリを選ぶための補助をお願いします。

13387994 story
ソフトウェア

Winampはまだ開発が続いている? 22

ストーリー by hylom
どうしてこうなった 部門より
あるAnonymous Coward曰く、

かつては多くのユーザーに使われていたMP3再生ソフト「Winamp」の初版がリリースされたのは1997年4月で、今年で誕生から20年を迎えていたそうだ(SlashdotArsTechnica)。

WinampはMP3が一般に普及しはじめる前後に登場したWindows向けのMP3プレイヤーだが、2013年11月に「最後のバージョン」がリリースされ公開終了となっていた(窓の杜)。その後2014年にベルギーのRadionomyグループがAOLからWinampの権利を買収し、サービス継続すると発表。さらに2015年12月にはフランスのVivendi GroupがRadionomyの過半数の株式を取得、現在に至っている

WinampのWebサイトは現在でも存続しており、Forumも稼動している。WinampのTwitterアカウントのツイート(ただし2015年9月)によれば、新しい「シニアC++開発者」を探しているとしていた。また、Forumでは5回ほど開発情報が更新されており開発は続けられている模様。

Winampの開発者は昨年、Winamp 5.8パブリックベータリリースが近いと発言している(開発フォーラム)。

13387928 story
ソフトウェア

美少女イラスト、どれが手描き? どれが自動生成? 36

ストーリー by hylom
一理ある? 部門より
masakun 曰く、

自動生成された美少女イラストは手描きイラストと区別がつくのかという記事が話題になっている(プリキュアの数字ブログ)。

記事によると、4枚組のイラストのうち1枚だけ手描き(フリー素材使用)、残り3枚はMakeGirls.moeで自動生成されたものを Twitter で「どれが手描きか」アンケートをとってみたところ、41%の人しか正解が出なかったという。そして多くの正解者が細部の違和感を理由にしているそうだ。

しかし面白いことに筆者の中二の娘で同じ問題を試してみたところ、すぐに正解を導き出すので理由を聞いてみたら「自動生成されたキャラは「服」がおかしいのですぐに判る」という。コンピュータで自動生成された萌え絵に今必要なのは、ファッションセンスなのかもしれない。

13387908 story
日本

au、携帯電話向けに「au.com」ドメインのメールアドレス提供を開始へ 17

ストーリー by hylom
オーストラリアっぽい 部門より

auが来年4月から「au.com」ドメインでのメールアドレスを利用者に提供開始することを発表したITmedia)。

来年4月以降、新規にメールアドレスを取得する顧客に対してはau.comドメインのアドレスが提供されるほか、既存の「ezweb.ne.jp」ドメインのメールアドレス利用者についてはau.comドメインへの変更を受け付ける。ezweb.ne.jpドメインのメールアドレスを使い続けることも可能。また、法人向けには「biz.au.com」ドメインが提供されるとのこと。

13386987 story
Facebook

Facebook、Reactの「真のオープンソース化」を拒否 54

ストーリー by hylom
不自由なソフトウェア 部門より

多数のオープンソースソフトウェア開発プロジェクトを傘下に持つApache Software Foundation(ASF)が、Facebookの「オープンソースソフトウェアライセンス風のソフトウェア」は利用すべきではないという方針を定めた(Facebookの特許条項付きBSDライセンスが炎上している件について)。

Facebookが公開しているソフトウェアのライセンスはBSDライセンスをベースとしているが、それに加えてFacebookやその傘下の企業などとの間で特許紛争が発生している会社はそのソフトウェアを利用できないという条項が追加されている。これは「PATENTS」というファイルに記載されており、以前から話題にはなっていたのだが(参考:2016年にQiitaに投稿されたスライド)、今年7月にASFがこの条項を問題視し、この条項が付いたソフトウェアはASF傘下のオープンソースソフトウェア開発プロジェクトでは利用を認めないことが表明された(Register)。

これにより、特にFacebookが開発するJavaScriptフレームワーク「React.js」を使用しているプロジェクトが影響を受けるという。そのため、Reactを利用しているASF傘下プロジェクトに関わるソフトウェア開発者がFacebookにライセンスの変更を求めていたが、Facebookはこれを却下したという(Registerマイナビニュース)。

なお、オープンソースの定義では特定の個人やグループ、分野に対してのみ制限を加えることを禁止しており、これに則るとFacebookの「特許状況付きBSDライセンス」はオープンソースライセンスとは認められない。

13387130 story
ビジネス

富士通が携帯電話事業を売却すると報じられる 122

ストーリー by hylom
今更感 部門より

富士通が携帯電話事業を手がける富士通コネクテッドテクノロジーズを売却すると朝日新聞が報じている

売却先はまだ決定していないようだが、欧米の投資ファンドや中国の事業会社などが候補という。また、ブランドは維持されるとのこと。

富士通の携帯電話製品の国内シェアはApple、ソニー、京セラ、シャープに続く5位(MM総研の2016年国内携帯電話端末出荷概況)。

なお、富士通はこの報道に対し決定しているものはありませんとの発表を行っている。

13386901 story
電力

リチウムイオン電池の充放電機構を解析する新たな手法が開発される 5

ストーリー by hylom
理由を探せ 部門より

産業技術総合研究所(産総研)が、リチウムイオン電池の充放電機構の解析を行う新たな手法を開発したと発表している(マイナビニュースPhysical Chemistry Chemical Physics誌掲載論文)。

今回開発された手法は「軟X線」(エネルギーが低く透過性の弱いX線)を用いたもので、これによる発光分光によって得られた発光スペクトルを用いる。状態によって変化する発光スペクトルを比較することで、化学結合の情報を推定するという。

本手法でリチウムイオン電池の正極材料の1つであるマンガン酸リチウム(LiMn2O4)と、その一部を+3価のアルミニウム(Al)で置き換えたもの(LiAl0.2Mn1.8O4)を分析・比較したところ、前者は初期状態と1サイクル目の充電が行われた状態とでスペクトルのピークが変化したのに対し、後者はほとんど変化しないことが確認された。この結果から、LiAl0.2Mn1.8O4は充放電前後で電子状態が可逆的に変化していることが分かったという。LiAl0.2Mn1.8O4はLiMn2O4と比較して充放電を繰り返しても容量の減少が少ないことが知られているが、今回の結果はこれを裏付ける(充放電サイクルを行っても化学結合の強さが維持される)ものだという。

13386848 story
マイクロソフト

日本マイクロソフトがSurfaceのマスコットキャラクターの名前を募集中 75

ストーリー by hylom
プロは何を使っても描けるような気も 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

Surfaceのマスコットキャラができたらしい。現在名付け親を募集中で、採用されるとSurface Pro本体とSurface Pen、Surface Dialがもらえる(PC Watch)。

キャンペーンではSurface Pro本体とSurface Pen、Surface Dialの組み合わせを「絵描きの三種の神器」だとして、漫画やイラスト制作に有用とアピールしている。また、漫画家・イラストレーターの濱元隆輔氏がこれらを使ってマスコットキャラクターを描いている様子を紹介した動画も公開されている。

13386841 story
暗号

iPhone 5sのセキュリティコプロセッサのファームウェア復号鍵が公開される 43

ストーリー by hylom
なかなか面白げ 部門より
headless曰く、

iPhone 5sのA7チップに搭載されているセキュリティコプロセッサー「Secure Enclave」のファームウェアを復号するという復号鍵がThe iPhone WikiTwitterで公開された(xerub氏のツイートThe RegisteriClarifiedSoftpedia)。

Secure EnclaveはL4マイクロカーネルベースのOSを実行し、ファイルシステムに保存するデータの暗号化やTouch IDから送られた指紋データの処理などをiOSから独立して実行する(AppleによるiOSのセキュリティ文書PDF)。今回公開された復号鍵は暗号化されたSecure EnclaveのOSを復号するもので、セキュリティ研究者などが脆弱性を調査するのに役立つとみられる。

なお、暗号化されたファイルシステムの復号が可能になるわけではなく、Secure Enclave自体のセキュリティを低下させるものではないという。復号鍵を公開したxerub氏によれば、同氏がGitHubで公開しているimg4libsepsplit.cを使用することで復号が可能になるとのことだ。

13385973 story
教育

東京大学でも「非常勤講師雇い止め問題」発生中 59

ストーリー by hylom
どの業界でも非正規問題は起きているのか 部門より

先日、早稲田大学と同大学の非常勤講師との間で発生していた「雇い止め問題」が和解したと報じられていたが、同様の問題は東京大学でも発生しているという(現代ビジネス)。

問題の発端は労働契約法の改正によって有期労働契約による労働期間が5年を超えた場合、労働者に無期契約へと切り替える権利が与えられるようになった点。そのため東大では非常勤講師に対し雇用期間を最長5年とし、さらに雇用期間を「リセット」するため6か月の休業期間を設けた後であれば再び上限5年での雇用を認めるとしているのだが、これは脱法行為であると指摘されており、東大と非常勤講師の間で交渉が続けられているという。

なお、東大は新たに契約期間無しの非正規教職員を募集するそうだが、「専門的かつ高度な仕事をする教職員であり、予算の裏付けがある部署に限っての募集」という制限があるとのことで、現状の非正規職員がそのまま無期限で雇用される可能性は低いという。

13385947 story
インターネット

ビジネスメールで絵文字を使うと「こいつは能力が低い」と受け取られる可能性がある 130

ストーリー by hylom
将来どうなるかは不明 部門より

「笑顔の絵文字」をビジネスメールで使うと、「送信者の能力が低く見える」という調査結果が発表されたそうだ(ギズモード・ジャパンSocial Psychological and Personality Science誌掲載論文)。

この研究では、「第一印象」は笑顔などの感情表現に大きく影響されるとし、コンピュータを使ったコミュニケーションで使われる笑顔の絵文字(☺)などに同様の効果があるかどうかを調べたという。その結果、ビジネスでの電子的なコミュニケーションにおいては絵文字の利用は親しみなどを伝えることにはならず、逆に能力が劣るかのように受け取られてしまうという。

13385694 story
検閲

タイ国王の記事をFacebookで共有した活動家、不敬罪で実刑判決 41

ストーリー by hylom
そんな方向で中国に対抗しなくてもよいのに 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

タイのワチラロンコン国王に関する記事をFacebookで「シェア」したとして、タイの男性学生活動家に対し禁固2年6か月の実刑判決が下されたそうだ(EFF時事通信Slashdot)。

シェアした記事は英BBCによる同国王の経歴を報じた記事で、裁判所はこれが国王への中傷にあたると判断した。また、この記事は2000人以上がシェアしたが、男性学生活動家氏のみ摘発されたという。

Newsweekの記事によれば、タイでは王室批判とともに政府批判も封じ込めたいとする軍政がネット上での監視も強化しているとされ、「いいね」を押しただけでも罪に問われかねない状況だそうだ。

13384842 story
EFF

EFF曰く、ネオナチのWebサイトをインターネットから締め出す手法は表現の自由に対する脅威ともなる 182

ストーリー by headless
両刃 部門より
米国・バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者などの集会に抗議するグループと集会参加者の衝突が12日に発生して死傷者が出たことを受け、テクノロジー企業の間では白人至上主義者やネオナチ、極右支持者などを締め出す動きが広がっている。このような動きについて、将来的に表現の自由への脅威になるとの見解をEFFが示している(Deeplinks Blogの記事BetaNewsの記事)。

記事で主に取り上げられているのはネオナチのWebサイトDaily Stormerの問題だ。この問題は衝突で死亡した女性をあざけるような記事を掲載したDaily Stormerに対し、ドメイン登録やホスティングサービスを提供するGoDaddyが24時間以内に他のサービスを探すよう通告したことに始まる。Daily StormerはGoogle Domainsに登録を移動するが、Googleが登録をキャンセル。また、CloudflareはDaily Stormerが利用していたDDoS攻撃からの保護サービスをキャンセルしている。

企業は自社のプラットフォームに表示する言論を選ぶ権利が認められているが、ドメイン登録サービスなどは表示される言論との結びつきが薄い。また、寡占状態であることから今回のように不透明な決定を下すのは危険であるという。憎悪に満ちた暴力や攻撃には反対すべきであるが、現在インターネット上で行われているネオナチを黙らせる方法が他の人々に使われることがないと考えるなら、大きな間違いを犯すことになるとのことだ。
13384840 story
アメリカ合衆国

米AT&TのGalaxy Note 4整備済製品、危険な互換バッテリー使用が判明してリコール 16

ストーリー by headless
互換 部門より
米消費者製品安全委員会(CPSC)は16日、AT&Tが提供したGalaxy Note 4の整備済製品で過熱や発火のおそれがある互換バッテリーが使われていたとしてリコールの実施を発表した(CPSCの発表バッテリー交換特設サイトThe Vergeの記事BetaNewsの記事)。

このGalaxy Note 4はFedEx Supply Chainが販売したもので、2016年12月~2017年4月にAT&Tの保険プログラムを通じた交換品としてのみ提供された。しかし、製品ではSamsungの正規品ではなく、互換バッテリーが使われており、過熱や発火、火事の危険性が確認されたという。現在のところFedEx Supply Chainでは過熱の報告のみ受けており、負傷や物的被害の報告は受けていないとのこと。

Galaxy Note 4のバッテリーはユーザーが取り外し可能であり、FedEx Supply Chainではユーザーに交換用バッテリーの送付を行っている。対象のバッテリーはおよそ10,200個で、製造業者は不明。CPSCのWebサイトに掲載された写真をみると、ラベルに何も印刷されていないバッテリーのようだ。なお、交換用のバッテリーが正規品であるとは記載されていない。
13384070 story
プライバシ

米連邦地裁、一般公開されているLinkedInプロフィールへのスクレイピングをブロックしないよう命ずる 28

ストーリー by headless
命令 部門より
米国・カリフォルニア北部地区連邦地裁は14日、一般公開されているLinkedInプロフィールにサードパーティーのアクセスを禁ずるのは不当だとする米hiQ Labsの訴えに関連し、LinkedInにブロックの中止などを命ずる事前差止命令を出した(Ars Technicaの記事Consumeristの記事BetaNewsの記事裁判所文書)。

2012年に創業したhiQ Labsは、LinkedInユーザーが一般公開しているデータをスクレイピングし、クライアント企業の従業員が転職する可能性などを分析して通知するサービスを行っている。これに対しLinkedInは5月、無許可でデータをスクレイピングする行為はユーザー規約に違反するなどとして、hiQ Labsにスクレイピングを即時中止するよう通知する。通知ではhiQ Labsの行為がカリフォルニア州法や米連邦法のコンピューター詐欺と濫用に関する法律(CFAA)やデジタルミレニアム著作権法(DMCA)にも違反するとし、hiQ Labsがデータにアクセスできないよう対策したとも述べていたとのこと。

しかしhiQ Labsは通知の内容に合意せず、同社の行為がカリフォルニア州法や連邦法に違反しないことの確認などを求めた訴訟を提起する。訴状(PDF)では一般公開されているLinkedInのユーザープロフィールへのアクセスを禁ずるのはカリフォルニア州法に違反すると主張。LinkedInによるアクセスブロックを中止する事前差止要求(PDF)も提出していた。

連邦地裁では差止要求について、アクセスのブロックによりhiQ Labsが受ける損害が大きいのに対し、データスクレイピングによるLinkedInの被害は小さいと判断した。ユーザー規約に細かな字で記載されたプライバシーポリシーを読んでいるユーザーが少ないように、ユーザーは高いプライバシーレベルをLinkedInに期待していない点や、プロフィールの変更が追跡されたという苦情も3件にとどまり、苦情がhiQ Labsとは無関係な点、hiQ Labsが5年にわたってサービスを提供しているにもかかわらず、LinkedInは具体的な損害を示していない点などを挙げ、アクセスブロックの即時中止およびスクレイピング中止を求めた通告の即時取り下げをLinkedInに命じている。
13384068 story
Android

Essential Phone販売開始、Androidバージョンアップデートは2年間提供 34

ストーリー by headless
発送 部門より
「Androidの父」ことアンディ・ルービン氏が16日、Essential Phone(Essential PH-1)の販売開始を発表した(Essentialのブログ記事9to5Googleの記事The Vergeの記事VentureBeatの記事)。

Essential Phoneは現在のところ、公式サイトの注文ページのほか、パートナーキャリア(米国ではSprint、カナダではTELUS)やAmazon.com(SIMフリー)、Best Buy(Sprint版)のWebサイトで注文できる。公式サイトの購入先選択画面では米国とカナダのみ発送となっているが、注文ページでは米国のみ発送との記載がみられ、発送時期も準備が整い次第通知すると説明されている。ただし、事前予約した人に対しては、決済情報を入力すれば7日以内に発送するとの通知が送付されているという。他社のWebサイトから注文した場合は9月1日までに入手可能となるようだ。Amazon.comでは日本への発送も可能となっている。カラーバリエーションはBlack Moonのみだが、今後Pure Whiteが追加されるとのこと。

なお、ルービン氏によれば、Essential Phoneにはバージョンアップデートが2年間、セキュリティアップデートが3年間提供されるという。アップデート提供期間としてはGoogleのNexus/Pixelデバイスと同様のものになる。発売時点でのAndroidバージョンは公式サイトに記載されていないが、Best BuyのWebサイトではAndroid 7.1 Nougatとなっている。
typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...