パスワードを忘れた? アカウント作成
11925208 story
お金

「外れ馬券購入費は経費か」を争っていた裁判、最高裁も経費と認める判断 104

ストーリー by hylom
決着 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ネット経由で馬券を大量購入していた人物が「外れ馬券購入費は経費である」と主張していた裁判で、最高裁が外れ馬券を「経費」と認める第一審・二審判決を維持する見通しだそうだ(朝日新聞)。

競馬は予想が当たることもあれば外れることもあるが、当たったのみが所得として扱われるため、約1億4千万円のもうけに対し税額がその4倍にもなったそうだ。そのため、外れ馬券の購入費(27億4千万円)について経費になると原告は主張していた。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 競馬のような公営ギャンブルで、負けが控除されず勝った時の利益だけ見て税金を持っていかれたら、ただでさえ目の少ない勝ちが全部吹っ飛んでしまう。

    日本の競馬って世界的に見ても高いてら銭抜かれる殿様商売で、かなり分の悪いギャンブル。
    そんな中、勝ったら勝ったで勝ちだけに絞ってさらに税金を持っていかれるとなれば、未来予知能力でもないと儲からないってことになってしまう。

    この話、公営ギャンブルの存在意義自体を全否定しかねないものだと思うわけだけど、ギャンブルやってる人たちにはそういう認識ないんだろうか……。

    • ギャンブルでない。事業だよ。
      この人は、独自の競馬予想ソフトを駆使してネットで馬券を大量購入して、1億4千万円儲けたんだよ。
      だから、ギャンブルではなく、事業として認めて欲しいと主張。
      ゆえに外れ馬券は損金として扱えるようにしてくれというのがそもそも裁判の内容なんだが。

      そのソフトを売れば、もっと儲かると思うのだが。
      親コメント
      • >そのソフトを売れば、もっと儲かると思うのだが。

        「養分」として、「行動を最適化しない」で「贔屓の馬に賭ける」「なんとなく評論家のお勧めに賭ける」って非最適化層があるから
        原告の彼のソフトがゲーム理論における最適解として儲けを引き出せるのではないでしょうか。

        胴元がかならず儲けるように設定されているゲームで、参加している大多数が「最適化された行動」をとったら、
        そこの参加者の収支は平均として負けになる=ソフトは売れない、もしくは詐欺扱いされる、ってのは想像に硬くありませんが。

        ###「宝くじ買わなきゃ当たらない」。それは真(確率40%くらいで:ただし当たったとしても収支がマイナスの場合を含む)だけど、
        ###より確からしいのは「宝くじ買わなきゃ損しない」(確率60%以上)。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          そこの参加者の収支は平均として負けになる=ソフトは売れない、もしくは詐欺扱いされる、ってのは想像に硬くありませんが。

          馬券の売り上げは2兆円。
          1億4千万儲かるソフトなら1千万くらいで売れるでしょう。
          100本売れば10億の売り上げ。
          この辺からビジネスモデルを考えてみればいいと思いますよ。

          • by Anonymous Coward on 2015年02月19日 18時45分 (#2764192)

            ははは、何言ってんの。
            そのソフト100本同時に動かして140億儲けた方がいいじゃん。

            親コメント
          • by Anonymous Coward

            >そこの参加者の収支は平均として負けになる=ソフトは売れない、もしくは詐欺扱いされる、ってのは想像に硬くありませんが。

            >馬券の売り上げは2兆円。
            >1億4千万儲かるソフトなら1千万くらいで売れるでしょう。
            >100本売れば10億の売り上げ。

            それは計算が違う。プログラムによって賭けの計算系が変わらないという線形の仮定に依存しすぎ。
            一番簡単な非線形でも「最適化されたプログラムをひとつだけ走らせたら、1‰の利潤を掬い取れる」と読むべき。
            「最適化されたプログラムを2つだけ走らせた」ら、1/2‰の利潤を掬い取れる。
            以下、100個のソフトを売ったら「1/100‰の利潤を掬い取れる」と歌うべき。
            これでも、100個ソフト売ったら期待値としての利潤は1%減る。
            非線形系なので、比率はもっと大きくなることが期待される。

            そのうち、「1億4千万儲かるソフト」っていって売り出したのに、「1億3千万儲かるソフト」にいつの間にかなっていたら、
            顧客が「詐欺だ」って言い出して訴えられるリスクは大きい。明らかに面倒くさい。

      • >そのソフトを売れば、もっと儲かると思うのだが。

        パッケージ売りみたいな形の場合、予測は難しいですね。
        ソフトによる予想結果を知る人が増えれば増えるほど同じ馬券を買う人が増え、配当が減ることが予測される。
        極端な話、1本だけ売れて何千人もが結果を知っている、ということになりかねない。
        非公開部分を作って守る手もあるかもしれないけど、ソフトを売らずに一人でやるのとどちらが儲かるのかを予想するのは難しそう。

        むろん、「たった一人にン億で売る」場合は上記の話は無視してください。それが成立するなら全く問題ない。

        親コメント
      • デバッグやユーザサポート面倒くさそう。
        自分だけで儲けたほうが楽でしょう……
        親コメント
      • by Anonymous Coward

        そんなことしたらオッズが変わって儲からなくなるだけだろう。

      • by Anonymous Coward

        そのソフトで儲けれるなら売らないだろう。売る時は、そのソフトでは儲けれない先が短いと感じたときだろう。
        そんなソフトでも過去の実績が良ければ、それなりに売れるだろう。
        よくアフィリエイト等で儲かる方法とか本が出てる時点でも、もうその書かれている方法では儲からない過去の話でも
        本買っちゃう人がいるくらいだから。少なくとも本書いた人は、儲かる方法より本書いた方が儲かると判断したのにね

    • そもそもギャンブルって元々必ず損をするものじゃなかったっけ?
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2015年02月19日 17時46分 (#2764153)

        わかった上で茶々入れなのかもしれないけども。
        「期待値がマイナス」というのと「当たってもマイナスになる」というのは違うんですよ。
        その理屈で言ったら「スポーツは必ず一位になれない」とか言えちゃう。

        ギャンブルは「全員が期待値どおりになるわけじゃない」からゲームとして成立するんで、そこは外しちゃダメ。ある程度の割合の人は”そのギャンブルの中”では儲けていても問題ない。
        またギャンブルは必ずしも運だけでできてるわけじゃないので、「腕が良い人は儲け、悪い人は損をする」というゲームでも成立する。
        この場合「腕が良い人はギャンブルにおける期待値はプラス」と言える。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        ギャンブルの種類によります。
        『プロ』の存在するものは技術により利益を得る方法があります。

    • 本来、賭博及び富くじに関する罪が成立するんだけど特別法で合法にしてるんで…
      制度上、一時所得になるから経費は無し控除が50万円固定。
      本件は投機的な運用だから事業所得として認めてくれ!だったんじゃないか?

      で、たとえ話は外すことが多いのは承知の上で、敢えて
      パチンコに365日通って毎週日曜日だけ1万円勝ち、他の月曜日~土曜日は1万円負け。
      これは課税の対象になります。負け分は経費にはならないから。
      意義を申し立てても、娯楽で消費した金は経費にはならないよね。で終わり。

      #そんなに儲かったら胴元が困るでしょ

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      公営ギャンブルの存在意義を全否定したのは、ギャンブルやってる人たちじゃなくて税務署および検察では?

    • by Anonymous Coward
      ・所詮、こんな高額事例は少数派。
      ・大多数はチマチマ勝ったり負けたりで満足しているから放っとけ。
      ・むしろ所得申告するのが面倒だろ。
      ・勝った金額だけ課税するで全然OK。
      ・ギャンブルで得た金からふんだくるだけふんだくるのは、むしろ健全な社会。
      ・ギャンブルを「事業」とは国家として絶対に認めないぞ。ちゃんと働け。

      ってのはダメなんですかね?
    • by Anonymous Coward

      株式投資でキャピタルロスは無視してゲインだけ課税しまくれば、多くの人が手を出さなくなるだろうなぁ。

    • by Anonymous Coward

      娯楽でしょ、ギャンブルは。
      賭けに勝って儲けたいって思うのは勝手だし、
      トータルで勝ってる人も中にはいるだろうけど、もともと大半はトータルで負けてるでしょうに。

      • by Anonymous Coward

        外れ馬券が経費として認められないなら、
        「馬券が当たっても収支がマイナスになる」。
        トータルで勝つも負けるもない。
        ただ一方的に、金を払うだけ。

        それをギャンブルとは言えないでしょ。
        紙切れを金で買っているだけ。

        もし原告の主張が認められなかったら、
        「競馬はギャンブルではない」という
        結論になる。

    • by Anonymous Coward

      日本の競馬って世界的に見ても高いてら銭抜かれる殿様商売で、かなり分の悪いギャンブル。
      そんな中、勝ったら勝ったで勝ちだけに絞ってさらに税金を持っていかれるとなれば、未来予知能力でもないと儲からないってことになってしまう。

      外人投資グループが、日本の競馬で同様な手法で荒稼ぎして、ガサ入れ前に海外にトンズラしたって話は、前に覧た覚えがある。
      今の競馬新聞は、最大期待値予想ではない。
      にこにこ窓口現金馬券取引なら、口座取引と違って、(記録を残さない限り)本人にも、JRAにも、税務署にも、取引・勝敗・所得は分かりません。

    • by Anonymous Coward

      やる人=養分扱いなんですよ。
      公益事業に使うならまだいいやと思うけど、役人に吸い尽くされる点だけ納得いかない。

    • by Anonymous Coward

      長い目でみて儲からなくても、短期的に勝つ日と負ける日があれば大半の客はそれで満足なんじゃないかな
      意義を失うのは、この裁判の人みたいに投資や資産運用として使おうとしている人たちだけなんだろう
      ただし、ハズレ馬券に課税されても利益を出せる驚異的な的中率を誇る人がいればまた別だろうけど。
      もちろん、公営ギャンブルが資産運用の目的で提供されているなどという事実もない

    • by Anonymous Coward

      知り合いに、パチスロですけど一回行って3000円までと決めてやってる人がいます。
      3000円で一日遊べるならまあ安いのではないでしょうか。

  • これが許されるなら (スコア:1, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2015年02月19日 17時18分 (#2764117)

    ハズレ馬券を売る商売が捗るね

    • by Anonymous Coward on 2015年02月19日 18時54分 (#2764195)

      購入額を口座取引で証明できるから経費として主張できるんだよ
      口座取引でなければ窓口で買うたびに名前入りの領収書切ってもらうんだな

      親コメント
    • 本場・場外で紙の馬券買うと、そもそも所得補足されない(身分証明書の提示がいらない)って話だ
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2015年02月19日 17時28分 (#2764131)

        そこで、外れ馬券だけを大量に持って確定申告にいって
        経費ということにして所得をゼロにするのが今後流行る

        と言いたいんじゃないの?

        親コメント
        • by 03jc536 (35209) on 2015年02月19日 17時42分 (#2764147) 日記
          「利益は電話・インターネット投票で、損失は紙馬券で」は流石に通らないと思うし、
          紙馬券も「いつ(秒単位)、何処(発売機単位)で買ったか」って履歴は取れるのでその前後に的中票がないとそもそも証拠能力が疑われそう

          何よりも紙だとこの人みたいな締め切り間際のオッズ見てという投資的運用が難しいし
          親コメント
      • by Anonymous Coward
        それってJRAが脱税の幇助してるってことだよね。
        宝くじは法律で税金かからないって決まってるけど、競馬法にはそんな規程ないから、窓口で源泉徴収してから渡すのが正しいんじゃないの?
    • by lamvision (16580) on 2015年02月19日 17時23分 (#2764126)

      >ネット経由で馬券を大量購入していた人物が

      なぜ最初の一行も読めないんだろうか

      それとも、購入履歴を改変する技を持っているんだろうか?

      親コメント
      • by GameKeeper (777) on 2015年02月19日 17時49分 (#2764159)
        例えば1,000万円の利益があった個人事業主が競馬を全くしていなくても、
        誰かが拾ったハズレ馬券1,000万円分を1万円くらいで買えばみんな喜ぶ(税務署以外)って
        話だと思います。

        まぁ、ハズレ馬券だけ大量に経費処理したら怪しすぎますけどね。
        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2015年02月19日 18時10分 (#2764179)

          今回の件は、

          ・馬券を買い、勝つことによって利益を得る「業務(営利目的の資産運用)」を営んでいることが前提で、
          ・その業務で利益を得るための経費として「購入費用全て(=ハズレを含む)」を認める

          という話でしょう。
          自分が営んでいない業務に費やした費用は含んじゃダメなのは他と変わらないでしょう。

          ついでに言えば、業として競馬をやってない(ギャンブルとして遊んでる)人も対象外。
          ギャンブルの一時所得の経費は、その当たり馬券の購入費用のみってのは今後も変わらない。
          なので元コメの言う「ハズレ馬券を売る商売」は捗らないでしょうね。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          その解釈なら、話が読めてないにも程がありますよね。
          詳しい説明は引用元を読めばすぐにわかります。
          ちなみに、そんな経費処理は認められないどころか、脱税の認定を受けますからね。

    • by Anonymous Coward on 2015年02月20日 2時33分 (#2764355)

      紙の馬券は競馬場でいくらでも拾えるので無効ってのは、
      ずいぶん前に通達で示されてるんですよ。

      電子的に売買記録があって、業と認定されるほどの購入量がないとダメという
      一定の基準が確立しただけ。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      ただ、今回争われたのは「資産運用の一種」と認められるほど大量に買い続けたケースの外れ馬券の扱いで、楽しむ程度の一般の競馬ファンにはあてはまらない。

  • by Anonymous Coward on 2015年02月19日 23時15分 (#2764311)

    昔、競馬四季報や、JRA-VANを利用してプログラム書いてたけど
    もちろん、大量買いで小利益でひたすら回す方式で。

    ただ、どう考えても税金は払えないんであきらめてたけど
    これで、どうどうとできるわけだ。
    ありがたやありがたや。

    競馬は、当てるんじゃなくて損しないようにすればいいだけなんだよね。

  • by Anonymous Coward on 2015年02月19日 17時15分 (#2764115)

    まだ早すぎたと思った。(最高裁が第一審・二審判決を維持する見通し)

    馬券が、国税庁=財務省管轄の株券・債券・外貨等のマネーゲームの損金処理と同じ扱いになるのは、当然・自然・必然とは思う。

typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...