パスワードを忘れた? アカウント作成
6594891 story
医療

脳スキャンを使い、12 年間植物状態だった男性との対話に成功 108

ストーリー by reo
本当に確からしいのかなーと思ってしまう 部門より

eggy 曰く、

Western Ontario 大学の Adrian Owen 教授が、12 年間植物状態と診断されてきた男性と、MRI を使って対話することができたとのこと。Owen 教授が男性に幾つか質問したところ、脳スキャンを通して脳が部分的に光ったため、「痛みを感じていない」など男性の考えを知ることができたのだそうだ (BBC News の記事thestar.com の記事本家 /. 記事より) 。

自動車事故により脳に重度の損傷を受けた Scott Routley 氏 (39 歳) は、目は見開かれたまま物理的な反応がないため植物状態と診断されてきた。これまで植物状態と診断された場合は、自分及び周囲環境を認識できていないとされてきたが、今回の実験により、Routley 氏には意識があり、自分が誰であり、何処にいるのを認識できていることが明らかとなった。

植物状態で対話不能と思われている患者でも脳をスキャンすることで対話が可能であることが分かったが、Owen 教授は、今後はそういった患者の 5 人に 1 人が日常的な対話を行えるようになることに繋がって欲しいと話している。また MRI 装置は高額であるが、最新の携帯用脳波測定器なら 75,000 ドル程で、患者のベッド脇に置いてコミュニケーションに使用することも可能性として考えられるとのこと。

ちなみに植物状態の患者と MRI を用いた対話は、2010 年に行われたケンブリッジ大での試み (Mail Online の記事) が最初らしい。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by redcat (41229) <nkokabe6NO@SPAMgmail.com> on 2012年11月19日 18時05分 (#2275110)
    つかられている機械は通常のMRIではなく、機能を測定できるfMRIですね。 元ネタでそうなってるのにどうして変えてしまったのですか?
  • どっかで聞いた話 (スコア:2, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2012年11月19日 13時07分 (#2274910)

    確か似たような話がブラック・ジャックにありましたね
    植物人間なった社長の前で、会社役員がボロクソ言ってたけど
    呼吸音がモールス信号(だったっけ?)であることに気がついて云々かんぬんみたいな

    思うんですけど、意識があり、状況の認識が可能な状態なのに、自己表現が出来ないままで
    いたら気が狂って正気を保てなそうなんですけど、実際どうなんですかねぇ…

  • by Anonymous Coward on 2012年11月19日 13時27分 (#2274931)

    植物状態の人と意思疎通、英研究チームが脳スキャンで [srad.jp]

    ちなみにやってるグループは同じ。やってることも同じ。BBCが伝えてるところも同じ。
    (ただし対象の患者が(多分)違う)

    まあ、定期的に発表しないと研究費付かないしな。

  • by Anonymous Coward on 2012年11月19日 15時13分 (#2275017)

    短編集「フリーランチの時代」収録。
    植物状態になった人が脳スキャンで対話して、外界との意思疎通を回復させていく様が描かれてます。
    SFなのでその先の世界も。(そこは読んでのお楽しみ。)

    まさしくSFな時代が到来しつつあるのかなー?
    この研究が、フェイクじゃなくて本当なら光明ですね。
    でも予算が止まって、外界との対話チャネルが閉じた時のことを考えると、絶望はより深そうに思えます…。

    人工網膜の初期実験の人(脳に電極をつけるタイプ)が、予算枯渇により研究停止して、故障によりどんどん見えなくなっていくという状況が報道されてました。
    一度研究開始したなら、いいかげんなことはしないで欲しいですね。

    • by Anonymous Coward on 2012年11月19日 16時31分 (#2275068)

      あの短編でキモなのは「脳スキャン」より「脳へのインプット」技術(と尋常じゃないマクロ)だけどね。

      親コメント
    • by Grace (23965) on 2012年11月19日 18時55分 (#2275139)

      >人工網膜の初期実験の人(脳に電極をつけるタイプ)が、予算枯渇により研究停止して、故障によりどんどん見えなくなっていくという状況が報道されてました。
      >一度研究開始したなら、いいかげんなことはしないで欲しいですね。

      何年か昔にテレビでやっていたもの?
      自分と見たものが同じなら、それは予算枯渇ではなく、研究者の死亡による研究の停止が原因だったと思いますよ。

      親コメント
  • by Anonymous Coward on 2012年11月19日 12時58分 (#2274898)

    医者を抱き込んで遺言とか作れそうです。
    植物状態にすることが、とても素晴らしい(都合のいい)事になりそう。

    • by tol (19142) on 2012年11月19日 13時24分 (#2274928)
      本人しか知り得ない情報とかを確認できるようにしないといけないんじゃないでしょうか?
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2012年11月19日 13時48分 (#2274949)

        「本人しか知りえない情報」をどうやって担保するのか・・・・

        親コメント
        • Re:いい話ですね (スコア:3, おもしろおかしい)

          by Anonymous Coward on 2012年11月19日 19時36分 (#2275156)

          パスワードでいいなじゃい
          PCのログインIDとパスワードをがわかれば
          過去のやり取りもわかって
          今後のコミュニケーションの進展に
          大いに役立つはずです

          医者<このPCのログインIDとパスワードを

          患者<(黒歴史死守!)

          医者<聞こえているようですが対話は不能なようです

          親族<楽にしてあげてください

          親コメント
    • by Anonymous Coward

      法的にはどういう扱いになるんだろうね

    • by Anonymous Coward

      そう都合よく植物状態にするなんてできないだろう。
      そんな手間のかかることするより、法定相続人になっておいて事故に見せかけて殺害する方が簡単だよ。

  • by ken2 (27347) on 2012年11月19日 13時13分 (#2274918)

    どれくらいの率で対話できるんですかね
    率によっては移植の用件が変わるかも

    • by kanta1880 (42886) on 2012年11月19日 13時20分 (#2274921) 日記

      よく誤解される事ですが、植物状態と脳死は全く違います。
      そして現在において植物状態で臓器移植のドナーになるなんてことはありえないので心配には及ばないと思います。

      親コメント
      • 逆の意味で移植の要件が変わる可能性はあるかも?
        植物状態のうちMRIその他で反応を得られなかったケースを
        「事実上の脳死」とみなして安楽死&臓器供出させちゃうとか・・・
        今の常識ではまああり得ない、ブラックなSFの話だと思うけど。

        親コメント
    • by Anonymous Coward

      つ 脳死≠植物状態

      「脳死=植物状態」という誤解がまだ生き残ってるとは思わなんだ・・・

  • by PEEK (27419) on 2012年11月19日 13時36分 (#2274939) 日記

    植物人間(エルフ)も普通に行動して話してる。

    • 現代科学的な分類だと、植物的な特質と繁殖方法を持った動物。
      としか言いようがない気がするんですけどね……

      いや、まあ、植物の女神が生み出したんだから植物でいいのか……

      親コメント
  • by sunnydaysundey (32697) on 2012年11月19日 15時46分 (#2275044)
    書名はっきり覚えてないのですが、動植物の毒に関する本の中にこんな話がありました。
    フグ毒で意思不明重態と思われていた患者がじつはかすかに意識があって、
    自分のベッドの近くで家族が遺産分配の相談をしてるのが聞こえてて
    快復してからも覚えていたそうです...。
  • by chuukai (18189) on 2012年11月19日 20時56分 (#2275199) 日記

    手元にある「脳外傷リハビリテーションマニュアル」という本を見ると、「脳外傷後の植物状態から意識を回復する症例があり、その大部分は1年以内に起こる。(中略)ただし植物状態が1年続いた場合には、意識回復の可能性は少なくなる。」って書いてあるのですが、そういうのを読むと植物状態が1年以上続いても対話が出来る程度に意識が清明なままな場合があるということは、私にとってはたやすく信じられます。
    植物状態となっている期間が長くなればなるほど、対話が可能な意識があることがわかったり回復したりという例は少なくなるだろうけれど、皆無にはならないかもと、素人判断ですがそう想像しています。
    そういう意味では、今回の話には特段驚きません。

    それよりも一般人として関心があるのは、こういう研究結果で家族が報われるのかということです。
    植物状態の人の保護者としてずっと見守って行かなければならない家族にとって、「fMRIで測定しても自発的な反応がありませんでした。」と言われれば、一定の理解ができて(場合によっては諦めがついて)いいのじゃないか。もちろんその結果を認めない家族がいてもいいんだけど、判断材料が増えるのはいいよね。

  • by Anonymous Coward on 2012年11月19日 13時12分 (#2274916)

    一言どうぞ!

  • by Anonymous Coward on 2012年11月19日 13時42分 (#2274944)

    電子移民財団ができるのも近い

typodupeerror

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

読み込み中...